がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-11-15

ソース(記事原文):フォーブス

バイアグラで皮膚癌が治癒できる?

フォーブス(2011年11月15日)― デービッド・ディサルヴォ(David DiSalvo)著

世界の高齢男性を救う医薬品バイアグラRは、同剤の根強い愛好者でも知らない価値を有する可能性がある。最新研究の結果が裏付けられれば、バイアグラは最終的に悪性黒色腫に対する一次治療となるかもしれない。

商品名バイアグラとして販売されている薬剤シルデナフィルは、これまでの動物試験で、癌性の腫瘍に対する有効性が示されている。これらの試験や今回の試験における問題点は、癌性腫瘍が発現した際、体内の免疫系が2通りの方法で反応することにある。具体的には、腫瘍自体が慢性炎症性免疫応答を引き起こすことと、免疫系のT細胞が腫瘍を攻撃し始めることである。

この2つの反応は相反する働きをする。腫瘍によって生じる炎症は、体の免疫応答を抑制する。T細胞は腫瘍を探して破壊する代わりに、腫瘍環境に入り込み、増殖を止め、本来の能力を失う。次なる課題は、腫瘍の慢性炎症反応を抑える薬剤治療の開発であり、これによりT細胞の能力を完全なままにとどめ機能させることが可能となる。

そこでバイアグラの登場である。同剤は腫瘍の免疫応答を中和するように思われる……少なくとも動物試験ではそうであった。ドイツのマンハイム医科大学(University Medical Center Mannheim)のビクトル・ウマンスキー(Viktor Umansky)博士らのチームが実施した本試験は、黒色腫を発症させた1つのマウス群に対し飲料水中に同剤を含めたものを投与し、別のマウス群は未治療のままとするものであった。

7週間の試験期間終了時、治療マウス群の方が、未治療群と比較し、生存マウス数が2倍多かった。治療したマウスでは、T細胞数が正常に戻っており、このことから腫瘍の炎症反応による抑制はないことが示されたとともに、腫瘍の免疫応答によって一般に不活性化されるT細胞内の分子もまた正常に戻っていた。

癌発症マウスを対象とした試験が、それほど興味深い理由とは何か? マウスにおける黒色腫の進行は、ヒトでの進行と極めて類似していることが判明していることから、マウスの試験の方が他の大半の動物試験よりもヒトへの適用の可能性との関連が強いといえる。これらの考えに沿ったヒトでの試験が数年以内にありそうなのは勿論のことだが、小さな青い錠剤(バイアグラ)は最終的に黒色腫の家系に新たな驚くべき有益性をもたらすかもしれない。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- カベルタ (クエン酸シルデナフィル) 100mg  (8錠) 1690 円

- カマグラ(クエン酸シルデナフィル)100mg (4錠) 650 円

- シラグラ 100 mg (4錠) 680 円

- カマグラ ゼリー (7袋) 1740 円

- カマグラ かめるタイプ 100 mg (4錠) 1240 円

- スーパーピーフォース(ダボキセチン/シルデナフィル) (4錠) 1100 円

- ベガ H クリーム(シルデナフィルクエン酸/リグノカイン[リドカイン])2% (15gチューブ) 1640 円

- ベガ (シルデナフィル) 100mg (4錠) 680 円

- マンフォース (シルデナフィル) 50mg  (9錠) 560 円

- マンフォース (シルデナフィル) 100mg  (4錠) 530 円

- シルディグラ・スーパーパワー (シルデナフィル/ダボキセチン) 100mg/60mg  (4錠) 1300 円

- カベルタ (クエン酸シルデナフィル) 100mg  (4錠) 1200 円

- ペネグラ(クエン酸シルデナフィル)100mg (4錠) 590 円

- スーパー・カマグラ(クエン酸シルデナフィル/塩酸ダポキセチン)100mg/60mg  (4錠) 2490 円

- カマグラ(クエン酸シルデナフィル)50mg  (4錠) 380 円

- マレグラ-50(クエン酸シルデナフィル)50mg (10錠)【次回入荷未定】 (10錠) 1200 円

- マレグラ-100(クエン酸シルデナフィル)100mg (10錠)【次回入荷未定】 (10錠) 1800 円

- マレグラ-200(クエン酸シルデナフィル)200mg (10錠)【次回入荷未定】 (10錠) 2500 円