バルトレックス(バラシクロビル)500mg

11800 円!! ヘルペスウイルスの増殖を抑制!特に単純疱疹、帯状疱疹に対して、強力な抗ウイルス作用を発揮します!アシクロビルのプロドラッグ!

Valtrex (Valacyclovir) - 500mg (42 Tablets)

■ 42錠

価格:11800 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

塩酸バラシクロビル(Valacyclovir)

 

製造国

スペイン(トルコ市場向け)

 

製造元

GlaxoSmithKline

 

使用量

下記使用量はあくまでも目安です。
実際の使用に当たっては、医師或いは薬剤師の指示に基づいた適切な量を使用するようにしてください。

●単純疱疹
通常、成人は1回500mgを1日2回経口服用します。

●帯状疱疹
通常、成人は1日1回1000mgを1日3回経口服用します。

●性器ヘルペスの再発抑制
通常、成人は1日500mgを1日1回経口服用します。
HIV感染症の成人(CD4リンパ球数100/mm3以上)は、1回500mgを1日2回経口服用します。

●水痘
通常、成人および体重40kg以上の小児は1回1000mgを1日3回経口服用します。

 

商品詳細

バルトレックス500mgは、単純疱疹、帯状疱疹、性器ヘルペスの再発抑制、水疱などの治療薬です。

ウイルスは、遺伝子情報を持っているDNA(デオキシリボ核酸)またはRNA(リボ核酸)とそれを包むたんぱく質からできています。ウイルスと細菌のいちばんの違いは、ウイルスはそれ自身では増殖ができないため、常に細胞に寄生することで増殖をしているという点です。宿主とする細胞の種類によって動物ウイルス、植物ウイルス、細菌ウイルスに分けることができます。

単純ヘルペスウイルスはHSV-1とHSV-2に分類されます。HSV-1は主に口唇ヘルペスを生じさせ、ヘルペス口内炎、ヘルペス角膜炎、単純ヘルペス脳炎の原因となり、三叉神経節に潜伏感染します。一方HSV-2は主に性器ヘルペス、新生児ヘルペス、ヘルペス髄膜炎の原因となり、脊髄神経節に潜伏感染しますが、いずれも絶対的なものではありません。
単純ヘルペスウイルスに感染すると、皮膚や粘膜などに小さな水疱がまとまって出現し、痛みや発熱などの症状を伴うこともあります。いったんウイルスに感染すると、例え症状が治まったとしてもウイルス自体は神経節の中に潜伏し続け、免疫機能の低下が引き金となって再活性化します。

水痘・帯状疱疹ウイルスはヘルペスウイルス科に属し、水痘と帯状疱疹を引き起こすウイルスで、HSV-3とも呼ばれています。水痘とは俗に言う「水ぼうそう」のことです。主に空気感染、飛沫感染により水痘にかかり、強力な感染力を持っています。2週間程度の潜伏期間の後に発症し、3日目ごろにピークを迎え、1週間程度で治ります。しかし治癒した後もウイルスは神経根に潜伏し、ストレスや心労、老化、日光などの刺激によって免疫力が低下すると水痘ウイルスが再び活性化され、帯状疱疹として現われることがあります。

単純ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスを根絶する抗ウイルス剤は現在のところ存在しませんが、治療をすることで不快感を和らげ、症状の発生期間を短縮することができます。バルトレックス500mgはヘルペスウイルス感染細胞内でリン酸化されて活性体となり、DNAの複製や修復に必要なDNAポリメラーゼという酵素の働きを阻害することにより、これらのウイルスの増殖を抑制し、症状を抑えます。
バルトレックス500mgの有効成分であるバラシクロビルは、1987年にアメリカのグラクソ・スミスクライン社において開発された抗ウイルス剤で、経口服用後速やかに消化管から吸収された後、活性代謝物であるバラシクロビル塩酸塩に加水分解されるプロドラッグです。単純ヘルペスウイルスおよび水痘・帯状疱疹ウイルスに対して強力な抗ウイルス作用を示し、また性器ヘルペスの再発抑制にも使用されています。単純疱疹については海外65ヵ国以上で、また帯状疱疹においては85ヵ国以上で承認されています。

なお、治療の開始は早いほど効果を発揮するので、症状が出始めたと感じたらすぐに治療を開始することが大切です。

 

他の商品との比較

バラシクロビルはアシクロビルのプロドラッグで、アシクロビルと同様に単純ヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスに高い選択制を示します。

バラシクロビルはアシクロビルよりも効率的に作用するため、アシクロビルよりも少ない服用で効果発揮するのが特長です。

単純疱疹―アシクロビル:1日5回、バラシクロビル:1日2回
帯状疱疹―アシクロビル:1日5回、バラシクロビル:1日3回
水痘―アシクロビル(顆粒):1日4回、バラシクロビル:1日3回

口唇・顔面ヘルペスおよびカポジ水痘様発疹症を対象とした国内二重盲検比較試験における有効率は95.9%であったとの報告もあります。

帯状疱疹の治療において、アシクロビルは経口剤に比べ皮疹の新生を抑制します。

性器ヘルペスの再発抑制療法において、バラシクロビルは再発のリスクを有意に減少させ、パートナーの初感染症シルクを75%減少させたとの報告があります。

バラシクロビルを有効成分とする薬剤は、日本ではバルトレックス(グラクソ・スミスクライン)、海外ではValcyte、Zelitrexなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

以下の場合、バルトレックス500mgを絶対に服用しないください。
・バルトレックス500mgの成分あるいはアシクロビルに対して過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・腎障害のある人: 精神神経系の副作用が現れやすくなります。また血液透析を受けている人は、腎機能、体重、臨床症状に応じてクレアチニンクリアランス10ml/min未満の目安よりさらに減少することを考慮してください。血液透析日には透析後に服用してください。
・高齢者: バルトレックス500mgは、活性代謝物のアシクロビルに変換された後、主として腎臓から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため高いアシクロビルの血中濃度が持続するおそれがあります。

【重要な基本的注意】
・バラシクロビルの生物学的利用率はアシクロビル経口製剤よりも高く、またバルトレックス500mg(25mg/kg、1日3回)服用時のアシクロビル曝露量は、アシクロビル静注製剤(10mg/kg、1日3回)使用時と同程度となることから、副作用発現に留意してください。
・バルトレックス500mgの服用は、発病初期に近いほど効果が期待できます。目安としては、帯状疱疹の治療においては皮疹出現後5日以内に、また水痘の治療においては皮疹出現後2日以内に服用開始するのが望ましいとされます。
・単純疱疹の治療においては、バルトレックス500mgを5日間服用しても改善の兆しがみられないか、あるいは悪化する場合は、ほかの治療に切り替えてください。ただし初発型性器ヘルペスは重症化する場合があるため、バルトレックス500mgを10日間まで使用可能とします。
・成人の水痘の治療においては、バルトレックス500mgを5-7日間、小児の水痘の治療においては5日間使用し、改善の兆しがみられないか、あるいは悪化する場合は、ほかの治療に切り替えてください。
・帯状疱疹の治療においては、バルトレックス500mgを7日間使用し、改善の兆しがみられないか、あるいは悪化する場合は、ほかの治療に切り替えてください。
・バルトレックス500mgによる性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す人(免疫正常者においては、おおむね年6回以上の頻度で再発する場合)に対して行なってください。またバルトレックス500mgを1年間投与後、投与継続の必要性について検討することが推奨されます。
・バルトレックス500mgの活性代謝物であるアシクロビルの曝露量増加した場合には、精神神経症状や腎機能障害が発現する危険性が高くなります。腎障害のある人または腎機能が低下している人、高齢者においては、バルトレックス500mgの服用間隔および服用量を調節し、状況を観察しながら慎重に服用してください。なお、一般に精神神経症状はバルトレックス500mg服用中止により回復します。
・腎障害のある人または腎機能が低下している人、高齢者、水痘の人などで脱水症状を起こしやすいと考えられる人は、バルトレックス500mgの服用中は適切な水分補給を行なってください。
・水痘の治療において、悪性腫瘍、自己免疫性疾患などの免疫機能の低下した人に対する有効性および安全性は確立していません。
・水痘治療におけるバルトレックス500mgの使用経験は少ないため、バルトレックス500mgを水痘の治療に使用する場合は、治療性の有益性と安全性を考慮して服用してください。

【効能・効果に関連する使用上の注意】
・性器ヘルペスの再発抑制に対するバルトレックス500mgの使用により、セックスパートナーへの感染を抑制することが認められています。ただし、バルトレックス500mgの服用中もセックスパートナーへの感染リスクがあるため、コンドームの使用などが推奨されています。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・免疫正常者において、性器ヘルペスの再発抑制にバルトレックス500mgを使用している際に再発が認められた場合には、1回500mg1日1回服用から1回500mg1日2回服用に変更してください。治癒後は必要に応じて1回500mg1日1回服用を再考してください。また、再発抑制に対してバルトレックス500mgを服用しているにもかかわらず、頻繁に再発を繰り返す場合は、症状に応じて1回250mg1日2回または1回1000mg1日1回服用に変更することを考慮してください。
・腎障害のある人または腎機能の低下している人、高齢者では、精神神経系の副作用が現れやすいので、服用感覚を延長するなど注意してください。なお、バルトレックス500mgの服用量および服用感覚の目安は以下のとおりです。また血液透析を受けている人に対しては、腎機能、体重または臨床症状に応じ、クレアチニンクリアランス10mL/分未満の目安よりさらに減量(250mgを24時間ごとなど)することを考慮してください。また血液透析日には透析後に服用してください。なお腎障害を有する小児におけるバルトレックス500mgの服用量、服用間隔調節の目安は確立していません。

 

クレアチニンクリアランス(mL/分)

≧50

30-49

10-29

<10

単純疱疹

500mgを12時間毎

500mgを12時間毎

500mgを24時間毎

500mgを24時間毎

帯状疱疹
水痘(成人)

1000mgを8時間毎

1000mgを12時間毎

1000mgを24時間毎

500mgを24時間毎

性器ヘルペスの再発抑制

500mgを24時間毎
なお、HIV感染症の成人(CD4リンパ球数100/m㎥以上)には、500mgを12時間毎

500mgを24時間毎
なお、HIV感染症の成人(CD4リンパ球数100/m㎥以上)には、500mgを12時間毎

250mgを24時間毎
なお、HIV感染症の成人(CD4リンパ球数100/m㎥以上)には、500mgを24時間毎

250mgを24時間毎
なお、HIV感染症の成人(CD4リンパ球数100/m㎥以上)には、500mgを24時間毎

【その他の注意】
・海外において、バラシクロビルの高用量(8g/日)を用い、重度の免疫不全症の人(特に進行性HIV感染症)におけるCMV感染予防に対する臨床試験が実施されています。この試験において、バラシクロビルを長期間にわたり服用した人で、腎不全、微小血管溶血性貧血および血小板減少(ときに併発)の発現が認められています。またこれらの症状はバラシクロビルを服用していない同じ基礎疾患、合併症などを有する人においても発現が認められています。

バルトレックス500mgは、活性代謝物のアシクロビルに変換された後、主として腎臓から排泄されますが、高齢者では腎機能が低下していることが多いため高いアシクロビルの血中濃度が持続するおそれがあるので、使用間隔を調節し、状態を観察しながら、慎重に使用してください。またバルトレックス500mgの服用中は適切な水分補給を行なってください。

妊婦または妊娠している可能性がある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

バルトレックス500mgによる性器ヘルペス再発抑制療法中に妊娠し、その後も本療法を続けた場合の安全性は確立していません。

バルトレックス500mgの服用後、活性代謝物のアシクロビルが乳汁中へ移行することが報告されているため、授乳婦の服用は慎重に行なってください。

体出生体重児、新生児または乳児に対する安全性は確立していません。

 

他の薬との併用

バルトレックス500mgと以下の薬剤を併用する場合、充分に注意してください。
・プロベネシド: バラシクロビルの活性代謝物のアシクロビルの平均血漿中濃度曲線下面積(AUC)が48%増加するとの報告があります。
・シメチジン: バラシクロビルの活性代謝物のアシクロビルの排泄が抑制され、アシクロビルのAUCが27%増加するとの報告があります。
・ミコフェノール酸、モフェチル: バラシクロビルの活性代謝物のアシクロビルとの併用により、アシクロビルおよびモフェチル代謝物の排泄が抑制され、両方のAUCが増加するとの報告があります。
・テオフィリン: バラシクロビルの活性代謝物のアシクロビルとの併用により、テオフィリンの中毒症状が現われることがあります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いた時にすぐに服用してください。ただし次回の服用が近い場合、忘れた分は飛ばして次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

バルトレックス500mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
発疹、じんましん、かゆみ、光線過敏症、肝機能検査値の上昇、肝炎、吐き気、嘔吐、腹部不快感、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下、腎障害

●極稀に起こる重篤な副作用
アナフィラキシーショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、血管浮腫など)、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、播腫性血管内凝固症候群(DIC)、血小板減少性紫斑病、急性腎不全、精神神経症状(意識障害、昏睡、せん妄、妄想、幻覚、錯乱、けいれん、てんかん発作、まひなど)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、肝機能障害、黄だん、急性すい炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-03-02
ヘルペス治療薬バラシクロビルがエイズ患者のHIV量を減少(ミラー・デイリーより)― バラシクロビルを性器ヘルペスウイルス(HSV-2)の治療に使用した際に、HIV量の減少が認められた。新たな研究においてHSV-2ウイルスを保有しない患者でも本剤の影響は大きいことが明らかにされた。ヘルペスウイルスが検出されな.... 続きを読む

2014-01-27
青年期の慢性疲労に対するバラシクロビル治療(NCBIより) - 慢性疲労症候群とは、疲労感、意欲減退、意気消沈、身体活動低下を呈する疾患であり、全ての症状がうつ病の診断基準と広範囲にわたって重なっている。複数の研究で、慢性ウイルス感染症と慢性疲労症候群が結び付けら.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-05
バラシクロビルが双極性障害患者の認知を改善(精神科ニュースより) - 双極性障害で認知障害もみられ、さらに単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)血清陽性の患者を対象とした無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験において、4カ月間の経口抗ウイルス薬バラシクロビルは患者の認知機能を高め.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-02-12
帯状疱疹は水痘ウイルスの再発です(サウスコースト・トゥデイより) ― ドノヒュー先生、こんにちは。ストレスで帯状疱疹になっていると2人の医師から言われました。確かにそうです。私は北部から南部に移って永住することなどしたくなかったのです。でも、86歳の夫に嘆願されました。.... 続きを読む

2011-09-21
健康管理と帯状疱疹(サイプレス・タイムズより) - 帯状疱疹を発症すると痛みが伴う。この疾患の発生頻度は高く、一時的な内科疾患を引き起こすことがある。命にかかわるものではないが、こうした健康上の問題は医師または病院での診察を要する。 続きを読む

2011-09-06
脳腫瘍患者に対する標準治療を免疫遺伝子治療と併用するのは安全であることが研究から示唆(サイエンスデイリーより) - 遺伝子療法の一種が、致命的な脳腫瘍の治療に安全であることが臨床試験で示されるとともに、放射線療法との併用でも同様であった。オハイオ州立大学総合がんセンターのアーサーGジェイムスがん病院&リチャード・J.... 続きを読む

2010-08-31
妊娠中に特定の抗ウイルス薬を使用することは、主要な先天性欠損症のリスク上昇に関連しないことが研究で示唆されている(サイエンスデイリーより) - 単純ヘルペスは発症率が高く、疾患の素因がある女性の1%超が妊娠第1三半期に単純ヘルペスを発症しており、かなりの数の妊婦に抗ウイルス薬の治療が適応されている。「アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビルの安全性は、概ね十分に確立されているが、これらの抗ウイルス薬の妊娠初期における使用に関するデータは乏しい」と著者らは記している。 デンマークの首都コペンハーゲンの国立血清研究所(Statens Serum Institut)のビョルン・パステルナーク(Bjorn Pasternak, M.D., Ph.D.)博士と、アンダース・ヴィード(Anders Hviid, M.Sc., Dr.Med.Sci.)博士は、.... 続きを読む

2008-01-02
帯状疱疹に付随する痛みを防ぐためにできることがあるか?(ABCニュース・ヘルスより) - 帯状疱疹は厄介である。発疹が出て痛みを感じる人は多い。しかし人によっては、大きな悩みの種として、発疹が癒えた後もかなり長く痛みが続くことがある。このため、帯状疱疹は応急処置が必要な疾患と考えられている。発疹が出た最初の日の処置が、帯状疱疹の発症後、慢性の痛みに見舞われるリスクを大きく左右する。帯状疱疹の発疹の可能性がある小さな.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。