パントガール(ケラチン/シスチン/パントテン酸カルシウム/薬用酵母/硝酸チアミン)(90カプセル)

15190 円!! 女性向けの飲む脱毛症治療薬!1カプセル中に髪の毛の重要な構成要素を含み、1本1本まで必要な栄養素を補給することで抜け毛を改善します!「パントスチン」との併用でさらに効果アップ!

Pantogar(Keratin/ Cyctin/ Calcium Pantotenat/ Medicinal yeast/ Tiamine nitrate)(90 capsules)

■ 90カプセル

価格:15190 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ケラチン(Keratin)

シスチン(Cyctin )

パントテン酸カルシウム(Calcium Pantotenat)

薬用酵母(Medicinal yeast)

硝酸チアミン(Tiamine nitrate)

 

製造国

ドイツ

 

製造元

MERZ Pharmaceuticals

 

使用量

1回1カプセルを1日3回食後に経口服用します。


効果の発現には、最低でも3-6ヵ月継続服用してください。


 

商品詳細

パントガールは、毎日服用することでビタミンBやアミノ酸など髪の成長に必要な栄養素が摂取できる、主に女性のびまん性脱毛症の症状を改善するための薬です。


髪は1ヵ月で約1.2センチ伸びると言われていますが、正常な状態でも一定の期間が過ぎると自然に抜け落ち、その抜け落ちたところからまた新しい髪が生えてきます。この1本の毛髪が成長し始めてから抜けるまでの周期をヘアサイクルと呼び、一般にその期間は4-6年です。毛髪1本ごとのヘアサイクルはそれぞれ異なり、脱毛の時期がずれているために通常は一度にまとめて抜けることはなく、また1日あたり100本程度の抜け毛は自然の現象です。ところが、抜けた毛の毛根にゆがみや委縮、皮脂や汚れの付着、発育不全などのほか、細くて短い抜け毛が多く認められるようになった場合、それは毛髪への栄養が行きわたっていない、もしくは頭皮環境が悪化しているために起こる抜け毛だと考えられます。


脱毛が遺伝性である場合、それは男性ホルモンが原因です。男性ホルモンであるテストステロンは男性のみならず女性においてもわずかながら分泌されており、骨や筋肉の成長、性衝動の亢進などに関係しています。その量は男性の約5-10パーセント程度とわずかで、このテストステロンが卵巣でアロマターゼ酵素によって女性ホルモンのエストロゲンに変換されます。

女性の体内で分泌される男性ホルモンの量は一生を通じてほとんど変化はなく、また若い頃は女性ホルモンの生産が活発であるためテストステロンの影響を受けることはほとんどありません。ところが出産、更年期、閉経などにより女性ホルモンの分泌が激減すると、今度は男性ホルモンの影響を強く受けるようになってきます。髪の毛が細くなったり、抜けたりするのはこのホルモンバランスの乱れが原因です。


びまん性脱毛症も脱毛の症状のひとつです。圧倒的に女性に多くみられ、次第に髪の密度が減って地肌が見えるようになっていきますが、その原因は、遺伝、女性ホルモンのバランスの変化、ストレス、ダイエットなどによる栄養不足、過度なシャンプーやヘアケアなどさまざまで、「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれることもあります。このような広範囲の脱毛症の場合、ヘアサイクルが妨げられて、新しい髪の毛が形成される前に抜け落ちてしまうのがその理由です。


パントガールは、びまん性脱毛症をはじめとする女性の脱毛症の治療薬です。1カプセル中に髪の毛の重要な構成要素を含んでおり、これを継続して服用することで抜け毛を減らすだけでなく健康な髪の成長を促進し、髪の毛の質を向上させる効果が期待できます。

例えばケラチンは、髪の毛をはじめ、爪や皮膚などの角質を形成しているたんぱく質ですが、パントガールにはこのケラチンの形成に重要な材料となるシスチンをはじめ、新しい有毛細胞の形成における高代謝活性に不可欠なビタミンB群である硝酸チアミン(ビタミンB1)とパントテン酸カルシウム(ビタミンB5)、さら髪の毛や皮膚の細胞再生のために多数の微量元素を提供する薬用酵母などが含まれています。


これらの成分の相互作用により、パントガールは成長しきらない髪の毛の細胞を刺激して新しい細胞を形成し、休止期や退行期にある毛髪を成長期に戻すことで、びまん性脱毛症などの症状を改善するように働きかけます。また髪の毛以外にも、ケラチンを主要成分とする爪や皮膚を丈夫にする効果も期待できます。


なお、パントガールは比較的作用が軽いことから、より高い治療効果を期待するため、遺伝性脱毛症の治療の場合は男女共に使用できるアルファトラジオールを有効成分とする「 パントスチン 」と併用することが推奨されています。


パントガールの別市場向け商品「 パントビガール 」もご利用いただけます。

パントスチンについては こちら をご覧ください。


 

他の商品との比較

女性向けの脱毛症治療薬です。


びまん性脱毛症や爪の強化などに有用です。


脱毛症状を軽減します。


健康な髪の成長を促進します。


毛質を改善します。


パントスチン との併用で、さらなる効果アップが期待できます。


 

特別な注意

【禁忌】

・パントガールの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【使用上の注意】

・定められた用法を守ってください。

・効果出現には3-6ヵ月以上継続して服用してください。


 

他の薬との併用

パントガールとほかの薬剤との併用に関する注意は報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

パントガールの服用による副作用は報告されていませんが、服用後に異常を感じた場合はただちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。