パントスチン(アルファトラジオール)3本セット(100mL×3本)

11360 円!!

女性でも安心して使用できる脱毛症抑制薬!特に軽度のびまん性脱毛症や遺伝性脱毛性 に適しており、 パントビガール などの発毛育毛剤と併用することで効果がアップします! 性欲減退などの副作用もなし!

Pantostin solution (Alfatradiol) (100ml bottle x 3)

■ 100mL x 3本

価格:11360 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アルファトラジオール(Alfatradiol)

 

製造国

ドイツ

 

製造元

MERZ Pharmaceuticals

 

使用量

通常、1日1回頭皮の気になる部分に塗布し、円を描くようにマッサージしながら頭皮に擦り込みます。推奨用量は3mLです。


1.白いねじ込みキャップをボトルから外します。

2.ボトルを安定した平らな台に置き、頭皮アプリケータを上からまっすぐ差し込み、カチッと音がするまで押し付けます。

3.置いた状態でボトルの腹を軽く押し、計量線(3ml)のところまで薬液を満たします。線まで達したら押すのをやめてください。

4.塗布する際には、ボトルを逆さに持ち、頭皮アプリケータをできるだけ垂直にして脱毛箇所に塗布します。

5.使用後は、ねじ込みキャップを再び頭皮アプリケータに取り付け、ボトルをしっかり密封します。


症状が改善した場合、使用回数を減らすことも可能です。


 

商品詳細

パントスチンは、男性型脱毛症やびまん性脱毛症など、主に遺伝による抜け毛を抑制するための外用薬です。男性型脱毛症の中でも特に初期症状に向いていますが、作用がマイルドなため、男性だけでなく女性でも安心して使用できるのが特徴です。また副作用がほとんどなく、ほかの発毛・育毛剤との併用も可能です。


髪の毛が細くなったり、量が少なくなるのにはさまざまな理由がありますが、そのひとつが男性ホルモンです。男性ホルモンのテストステロンは、5α-リダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくと、さらに強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変換されます。このDHTが、前頭部や頭頂部において細胞増殖阻害作用のあるTGF-β(ベータ)などを誘導し、毛母細胞の増殖を抑制するように働きかけることで毛髪の成長期が短縮し、長く太い毛に成長する前に抜けてしまいます。


男性特有のホルモンだと思われがちなテストステロンは、女性においてもわずかながら分泌されており、骨や筋肉の成長や性衝動の亢進などに作用しています。その量は男性の約5-10パーセント程度で、このテストステロンが卵巣でアロマターゼ酵素によって女性ホルモンのエストロゲンに変換されます。

女性の体内で分泌される男性ホルモンの量は一生を通じてほとんど変化はなく、若い頃は女性ホルモンの生産が活発であるためテストステロンの影響を受けることはほとんどありません。ところが出産、更年期、閉経などにより女性ホルモンの分泌が激減すると、今度は次第に男性ホルモンの影響を強く受けるようになってきます。髪の毛が細くなったり、抜けたりするのはこのホルモンバランスの乱れが原因で、また髪の毛全体が知らずのうちに薄くなっていくびまん性脱毛には遺伝が大きく関与していると考えられています。


パントスチンは遺伝性脱毛症を含む脱毛症状を抑制するための外用薬です。有効成分のアルファトラジオールは、男性型脱毛症の原因となるDHTの産生を阻害することで、毛根をダメージから守り、抜け毛を減らすように働きます。

同様の効果を示す成分としてフィナステリドなどが有名ですが、その効果に定評がある一方で、女性には適用がありません。ところがアルファトラジオールは、フィナステリドと比較してその効果はマイルドであるため、男性型脱毛症の中でも初期症状の改善にしか適していませんが、副作用がほとんどないことから早期の段階から長期間にわたって使用できるだけでなく、女性でも使用できるのが特徴です。


なおパントスチンは、脱毛を抑制する効果が主であるために育毛の促進は期待できません。そのため、パントスチンで脱毛を抑制し、 それに加えて「パントビガール」などを併用することで、より高い育毛の相乗効果が期待できます。


パントビガール 」についてはこちらをご覧ください。


 

他の商品との比較

女性でも使用できる5α-リダクターゼ阻害作用を持つ外用薬です。


毛根を傷めず、発毛機能を回復させるように働きます。


副作用が少なく、長期にわたる使用ができます。


パントビガール などの発毛育毛剤との併用が可能です。


遺伝性脱毛症の初期症状が出た時点から、早期使用できます。


 

特別な注意

【禁忌】

・パントスチンの成分に対して過敏症の既往歴のある人


【使用上の注意】

・パントスチンは成分の浸透を高めるためアルコールを含んでいます。

・頭皮に傷やはれもの、炎症などがある場合は使用しないでください。

・使用中は頭皮の脂分が多くなります。

・妊婦、授乳婦の使用に対する安全性は確立していません。

・乾いた髪に使用してください。濡れている場合は成分の浸透率が弱まることがあります。


 

他の薬との併用

ほかの薬剤との併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

過剰に塗布した分は拭き取る、または洗い流してください。その後、異常を感じた場合は医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときに使用してください。

 

副作用

パントスチンを使用した場合、以下の副作用があらわれることがあります。


●主な副作用

頭皮の炎症、発疹、発赤、かゆみ


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。