【要薬監証明】プレキサロン500 (シチコリン) 500mg

1780 円!! 優れた脳の活性作用で、高齢者の記憶力、注意力、行動力、反射の低下を改善!さらに中年の人にも脳機能改善の効果が!ほかの薬との弊害や副作用もほとんどないことから、サプリメントとしての使用も!

【注意】この商品は「個人輸入規制対象成分」を含んでいます。 個人輸入には処方箋または医師の指示書が必要になります。 詳細については厚生労働省(電話:03-5253-1111)に直接お問い合わせください。

Prexaron 500 (Citicoline) - 500mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:1780 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

シチコリン(Citicoline)

 

製造国

インド

 

製造元

--------------------- (---------------------)

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日500-1000mgを経口服用してください。

なお1日の最大服用量は2000mgとします。

 

商品詳細

プレキサロン500は、脳機能を改善し、認知機能低下抑制、集中力・記憶力、注意力をサポートする薬です。

一般に、神経細胞であるニューロンは22歳頃から秒単位で減少し始め、1年では3100万個も減少すると言われており、さらに加齢とともにエネルギー生産や神経伝達物質の生産においても減少の一途をたどっていきます。
これが年齢による物忘れ、反射時間の遅れ、視覚・味覚・嗅覚の低下などを引き起こす原因です。

プレキサロン500の有効成分であるシチコリンは安定化CDPコリンとも呼ばれ、あらゆる生体細胞内や自然界に存在している物質です。
食べ物では肝臓や脳など臓器系の食べ物に比較的多く含まれており、また牛肉や卵に含まれているシチコリンは、ビタミンB群のコリンから形成されています。

シチコリンは前頭葉の生体エネルギーを高め、リン酸塩代謝を促進することが確認されているだけでなく、エネルギーの貯蔵や細胞膜の合成と維持に必要なリン脂質膜の成分を増やす働きがあります。
実際、1日500-2000mgのシチコリンを6週間服用した人において、ATP(アデノシン三リン酸)が14%増加するなど、前頭葉の生体エネルギーが亢進したという試験結果が出ています。
そのほか、シチコリンはホスファチジルコリンの主要成分でもありますが、このホスファチジルコリンは脳神経細胞のシナプスに働きかけて、神経刺激伝達物質であるアセチルコリンを作り出す物質です。
アセチルコリンには老人性痴呆の加齢に伴う脳の老化を遅らせたり、脳や神経の病気を妨げる効果があるため、その物質生産に関係しているシチコリンは、結果的に脳の老化予防を助ける働きをしていることになります。
さらに、コレステロール値を正常に保つ働きやコレステロールの血管への付着を防ぐ働きを持つレシチンの原料となることから、シチコリンは動脈硬化の予防を助けるとも言われています。

プレキサロン500は高齢者だけなく、中年の人を対象とした臨床試験においてもその効果を発揮しています。
前頭葉の電気的活性を高めたり、エネルギー生産や決断・集中力を亢進するなど、中年の人に対しても脳機能を改善することが証明されています。

なお、プレキサロン500には副作用がほとんど認められていません。
1日500-2000mgのシチコリンを服用した2800人の成人のうち、副作用が現われたのは約5%で、そのほとんどが胃痛や下痢といった軽度なものでした。
したがってプレキサロン500は、副作用の出現がきわめて少ない薬として、安心して服用することができます。

 

他の商品との比較

シチコリンの服用による副作用は軽微なものが多く、出現もごく稀とされています。

日本では、頭部外傷または脳手術に伴う意識障害、脳卒中後の片まひ、すい炎、脳梗塞急性機意識障害に適応の医薬品として、シチコリン(小林化工、ニプロファーマ、わかもと製薬、日医工、日医工ファーマ、杏林製薬、キョーリンメリディオ、大洋薬品)、レコグナンS(旭化成ファーマ)、シスコリン(東和薬品)、ニコリン(武田製薬)などの注射液のみが発売されています。
錠剤としては認知機能低下抑制、集中力・記憶力、注意力をサポートするサプリメントとして認識されています。

海外では、サプリメントとしての他、Cognizine、Prevanor、Strolinなどの名前で医療品としても発売されています。

 

特別な注意

プレキサロン500の服用に対する特別な注意は報告されていませんが、服用前に医師または薬剤師に相談するのがよいとされています。

 

他の薬との併用

ほかの薬剤とプレキサロン500の併用による注意は特に報告されていませんが、服用前に医師または薬剤師に相談するのがよいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

プレキサロン500を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
胃痛、下痢

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-07-29
認知機能を強化するシチコリンが青年における運動動作速度および注意力を向上(PRニュースワイヤより)― フロリダ州ハリウッドで先日開催された米国臨床精神薬理学会(American Society of Clinical Psychopharmacology)年次総会の発表において、ユタ大学(University of Utah)ブレイン研究所(The Brain Institute)の実施した新規ランダム化二重盲検プラセボ対照ヒト臨床試験で、青年男性がシチコ.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
シチコリンは、細胞外シグナル制御キナーゼ(細胞外シグナル制御キナーゼ)1・2およびインスリン受容体基質1に関与する経路を介して、血管/ヒト脳微小血管の内皮細胞の生存を改善し、これにより血管新生を誘発する(7thスペースより) - シチコリンとは、脳卒中患者の治療薬として使われている神経保護薬の1つである。同剤の作用機序を明らかにしている公表データはわずかしかない。方法: 管腔様構造への遊走・増殖・分化を3次元培養(マトリゲルという.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。