マドパー(レボドパ/ベンセラジド)200mg/50mg

5350 円!! 脳内中枢に到達するドパミン量を増やし、脳からの指令を効率よく運動神経に伝達!パーキンソン病に伴うさまざまな動作症状を改善します!成分量が多いため、既に低用量レボドパ/ベンセラジド配合剤による治療を開始している人のための、維持療法用向け!

Madopar (Levodopa/Benserazide) - 200mg/50mg (100 Capsules)

■ 100カプセル

価格:5350 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

レボドパ(Lavodopa)

ベンセラジド(Benserazide)

 

製造国

イタリア(ニュージーランド・オーストラリア市場向け)

 

製造元

Roche Products

 

使用量

服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

 

商品詳細

マドパー200mg/50mgは、パーキンソン病およびパーキンソン症候群の治療薬です。既に低用量の同成分配合薬での治療を開始しており、なおかつ維持療法のための適用量が決まっている人のための薬です。

パーキンソン病は、脳の黒質という部分で作られる神経伝達物質であるドパミン(ドーパミン)が減少することによって、脳から全身に出される運動の指令がうまく伝わらなくなるために起こると考えられている難病です。
ふるえ、固縮(こわばり)、無動(動作のにぶり)、姿勢反射障害(体のバランス障害)などを主症状とし、日本では約14万人、特に50-60歳代に多く見られるとの統計もあります。

パーキンソン病の治療は、一般的にドパミン補充療法によって不足したドパミンを補う方法が中心となります。 ところが、ドパミンはそのまま服用しても血液脳関門を通過することができず、脳の中枢まで到達しづらい性質を持っているため、脳中枢到達後にドパミンとして働くプロドラッグ(前駆物質)であるレボドパを主に使用します。レボドパは血液脳関門を通過して脳内に入ると、脱炭酸酵素によってドパミンに変わり、その結果として脳内のドパミン量が増えて、パーキンソン病症状の改善に効果を発揮する成分です。

しかし、レボドパに対する脱炭酸酵素は脳内だけでなく末梢にも存在しています。そのため服用したレボドパの多くが、脳に到達する前にドパミンへと変換されてしまい、脳内へ移行する割合はわずかに1%程度と考えられています。つまりドパミンの単剤服用によりパーキンソン病の症状を改善しようとした場合、その効果を期待するためには服用量の増加や長期間服用が必要となり、結果的に悪心、嘔吐、食欲不振、便秘、腹痛をはじめ、次の服用時間前に運動障害などの症状が強く現われるwearing-off現象など、さまざまな副作用が現われることになります。

この問題を解決するのが、マドパー200mg/50mgのもうひとつの有効成分であるベンセラジドです。末梢における脱炭酸酵素の作用を阻害することで、レボドパが末梢でドパミンに変換される働きを抑制し、レボドパを単剤服用するよりも4分の1の量で同等の効果を得ることができるとされています。それにより、従来よりもレボドパの服用量を減らすことができ、その結果として副作用も低減することができます。

 

他の商品との比較

レボドパの単剤服用と比べ、少量のレボドパ服用で済み、なおかつ同等またはそれ以上の効果を発揮します。

2つの成分の相乗作用により、効果的にパーキンソン病の症状を改善します。

レボドパとベンセラジドの合剤は、日本ではイーシー・ドパール(協和発酵キリン、F・ホフマン・ラ・ロシュ)、ネオドバゾール(第一三共)、マドパー(中外製薬)の名前で発売されています。

海外では、Prolopaなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、マドパー200mg/50mgを絶対に服用しないでください。
・マドパー200mg/50mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・閉塞隅角緑内障の人: 眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがあります。
・非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤服用中の人

【慎重服用】
・肝障害または腎障害のある人
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍のある人、またはその既往歴のある人: 症状が悪化するおそれがあります。
・糖尿病の人: 血糖値の上昇を誘発し、インスリン必要量を増大させるとの報告があります。
・重篤な心・肺疾患、気管支喘息または内分泌系疾患のある人: 症状が悪化するおそれがあります。
・慢性開放隅角緑内障の人: 眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがあります。
・骨軟化症の人
・25歳以下の人

【重要な基本的注意】
・閉塞隅角緑内障のおそれのある場合は、隅角検査あるいは眼圧検査を行なうことが望ましいとされています。
・既にレボドパ単味製剤の服用を受けていない人がマドパー200mg/50mgを服用する場合には少量から開始し、観察を充分に行ない慎重に維持量まで増量してください。
・長期服用時: レボドパ製剤の長期服用により、以下のような減少が現われることがあるので、適切な処置を行なってください。
1.Wearing-offが現われた場合には、1日量の範囲内で服用回数を増すなどの処置を行なってください。
2.On and off減少が現れた場合には、維持量の漸減または休薬を行なってください。症状悪化に際しては、そのほかの抗パーキンソン剤の併用などの処置を行なってください。
・前兆のない突発的睡眠、傾眠、調節障害および注意力・集中力・反射機能などの低下が起こることがあるので、マドパー200mg/50mg服用中の人は自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事しないように注意してください。
・セレギリン塩酸塩(B型モノアミン酸化酵素阻害剤)との併用に際しては、使用前に必ずセレギリン塩酸塩の添付文書を参照してください。
・レボドパまたはドパミン受容体作動薬を服用しているパーキンソン病の人において、病的賭博(個人的生活の崩壊などの社会的に不利な結果を招くにもかかわらず、持続的にギャンブルを繰り返す状態)、病的性欲亢進などの衝動制御障害が報告されているので、このような症状が発現した場合には、減量または服用を中止するなど適切な処置を行なってください。

【その他の注意】
・抗パーキンソン剤は、フェノチアジン系化合物、レセルピン誘導体などによる口周部などの不随意運動(遅発性ジスキネジア)を通常軽減しません。場合によってはこのような症状を増悪顕性化させることがあります。
・悪性黒色腫が発現したとの報告があります。
・高たんぱく食によりレボドパの吸収が低下するとの報告があります。

一般に高齢者では生理機能が低下しており、不安、不眠、幻覚、血圧低下などの副作用が現れるおそれがあるので注意してください。

妊婦または妊娠している可能性のある人は、服用しないことが望ましいとされています。

授乳婦が服用する場合には、授乳を避けてください。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とマドパー200mg/50mgは絶対に併用しないでください。
・非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤: 血圧上昇、頭痛、ほてりなどの高血圧症状が現われるおそれがあります。非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤の服用中および中止後少なくとも2週間はマドパー200mg/50mgの服用を避けてください。

以下の薬剤とマドパー200mg/50mgを併用する場合、注意してください。
・レセルピン製剤: マドパー200mg/50mgの作用が減弱するおそれがあります。
・抗精神病薬(フェノチアジン系薬剤、ブチロフェノン系薬剤、ペロスピロンなど): マドパー200mg/50mgの作用が減弱することがあります。
・パパベリン塩酸塩: マドパー200mg/50mgの作用が減弱するおそれがあります。
・鉄剤: マドパー200mg/50mgの作用が減弱するおそれがあります。
・イソニアジド: マドパー200mg/50mgの作用が減弱するおそれがあります。
・血圧降下剤(メチルドパ水和物、レセルピン、節遮断剤など): 血圧降下剤の作用を増強することがあります。
・ほかの抗パーキンソン剤(抗コリン剤、アマンタジン、ブロモクリプチン、タリペキソール、ドロキシドパなど): 精神神経系および循環器系の副作用が増強することがあります。
・NMDA受容体拮抗剤(メマンチン塩酸塩など): マドパー200mg/50mgの作用を増強するおそれがあります。
・全身麻酔剤(ハロタンなど): 不整脈を起こすおそれがあります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

マドパー200mg/50mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
不随意運動(顔面、頚部、口、四肢など)、傾眠、病的賭博、病的性欲亢進、焦燥感、精神高揚、せん妄、不安、不眠、頭痛、頭重、めまい、眠気、筋緊張低下、突発性硬直、構音障害、吐き気、食欲不振、口渇、嘔吐、便秘、腹痛、胃部不快感、下痢、胸やけ、口内炎、腹部膨満感、唾液分泌過多、排尿異常、血小板減少、白血球減少、発疹、じんましん様湿疹、四肢色素沈着、口唇の水ぶくれ、脱毛、動悸、立ちくらみ、血圧低下、不整脈、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、視覚異常、唾液・痰・口腔内粘膜・汗・尿・排便などの変色(黒色など)、発汗、胸痛、脱力、倦怠感、むくみ、のぼせ感

●極稀に起こる重篤な副作用
悪性症候群、幻覚、抑うつ、錯乱、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化、溶血性貧血、突発的睡眠

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-01-08
パーキンソン病治療の徐放カプセル『RYTARY』(カルビドパ、レボドパ)がFDAに承認されたとインパックス製薬が発表(【PRニュースワイヤー】より) -インパックス研究所の一部門であるインパックス製薬は、同社が開発した経口徐放カプセルRYTARYが、本日、米国食品医薬品局(FDA)に承認されたことを発表した。これはカルビドパとレボドパを調合し、パーキンソ.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-05-22
パーキンソン病と「関連する」細菌(BBCニュース・ヘルスより) -米国の研究者らによると、胃潰瘍の原因菌がパーキンソン病に関係しているそうだ。マウスをヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)に感染させたところ、パーキンソン病様症状が.... 続きを読む

2011-04-12
パーキンソン病患者に希望を与える薬剤(英テレグラフ紙より) - 重いパーキンソン病に苦しむ数千人の人々が、ふるえを軽減する新薬の恩恵を受けられる可能性がある、と研究が示している。脳神経変性疾患であるパーキンソン病の患者440名を対象にした2年間にわたる試験により.... 続きを読む

2003-07-14
期待のパーキンソン病治療薬(BBCニュースより) - ある薬には、パーキンソン病の進行を大幅に遅らせる作用があることが判明した。ロピニロールと呼ばれる医薬品の効能とパーキンソン病治療に広く使われているレボドパの効能を、科学者は比較した。その結果、レボドパと比べパーキンソン病初期にみられる.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。