ミノマイシン(ミノサイクリン)100mg

9500 円!! ニキビ治療から淋病や梅毒まで!皮膚科、呼吸器、耳鼻科、泌尿生殖器、歯科領域など幅広い範囲の感染症の治療に使用される強力なテトラサイクリン系抗生物質!神経変性疾患に対する治療効果も期待!

Minomycin (Minocycline) - 100mg (100 Capsules)

■ 100カプセル

価格:9500 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ミノサイクリン(Minocycline)

 

製造国

オーストラリア

 

製造元

Sigma Pharmaceuticals

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

通常、成人は初回服用量として200mgを経口服用し、以降12時間ごとに100mgを服用します。
24時間以内の服用量が400mgを超えないようにしてください。

●ニキビ治療
推奨服用量として1日100mgを2回に分けて経口服用します。

●尿道感染および肛門感染以外の単純淋菌性感染
初回服用量として200mgを経口服用し、以降12時間ごとに100mgを最低4日間以上服用します。

●単純淋菌性尿道炎
推奨服用量として12時間ごとに100mgを最低5日間以上経口服用します。

●梅毒
通常服用量を10-15日間以上経口服用します。

●髄膜炎菌性保菌者
推奨服用量として12時間ごとに100mgを最低5日間以上経口服用します。

●マイコバクテリウム-マリヌム感染症(ミコバクテリウムマリーヌム感染症)
一般に、12時間ごとに100mgを6-8週間経口服用することで治療効果が期待されています。

●クラミジア・トラコマチス、ウレアプラズマ-ウレアリチカム
推奨服用量として12時間ごとに100mgを最低7日間以上経口服用します。

 

商品詳細

ミノマイシン100は、ニキビや皮膚の感染症をはじめ、肺炎やマイコプラズマ肺炎を含む異型肺炎などの呼吸器感染症、腎盂腎炎、膀胱炎などの尿路感染症にも有用性が認められているテトラサイクリン系の抗生物質です。
またオウム病、尿道炎、精巣上体炎、子宮内感染などの原因菌として注目されているクラミジア属による感染症など、主に以下の菌種、症状に効果が期待できます。

・適応菌種
ミノサイクリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭そ菌、大腸菌、赤痢菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌、梅毒トレポネーマ、リケッチア属(オリエンチア・ツツガムシ)、クラミジア属、肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニエ)

・適応症
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷および手術創などの二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、ぼうこう炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、淋菌感染症、梅毒、腹膜炎、感染性腸炎、外陰炎、細菌性膣炎、子宮内感染、涙嚢炎、麦粒腫、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、炭そ、つつが虫病、オウム病

抗生物質とは、「微生物が産生する物質のうち、ほかの微生物の発育を阻害する化学物質」のことで、本来は微生物が進化の過程で獲得した産物ですが、現在では人為的に合成された化合物も含めて抗生物質と呼ばれています。
1929年に最初の抗生物質であるペニシリンが発見されて以来、多種多様な抗生物質が発見・合成されてきましたが、そのひとつがテトラサイクリン系の抗生物質です。

テトラサイクリンは、細菌が増殖するために必要なたんぱく質の合成を阻害して抗菌作用を示す抗生物質で、微生物の増殖を阻止させることで静菌的に働きます。ペニシリン系およびセフェム系抗生物質が効かないマイコプラズマやクラミジア、リケッチア以外にもさまざまな細菌に対して有効であるため、慢性気管支炎、性行為感染症のクラミジア症、また皮膚科ではニキビ菌の殺菌などに広く利用されています。
しかしその反面で多用による薬剤耐性出現の問題も発生しており、一般にテトラサイクリン系の抗生物質の使用頻度は少なくなっていると言われています。

ミノマイシン100の有効成分であるミノサイクリンは、同じテトラサイクリン系の抗生物質でもほかとは異なる特徴を持っています。血液から体内のさまざまな臓器に入りやすい性質を持っていることから、抗菌スペクトルがほかのテトラサイクリン系の抗生物質よりもさらに広く、また生体内半減期が長く血漿中濃度が2-4倍高く保たれるため、1日の服用回数が少なくて済むという利点もあります。
さらに耐性菌が比較的少ないうえに、抗菌力は従来のテトラサイクリンなどに比べて1-4倍強く、またテトラサイクリンが効きにくい耐性ブドウ球菌やレンサ球菌、大腸菌に対しても一定の効果が期待できるなど、強い抗菌力を特長とします。
近年の研究結果では、ミノサイクリンが、神経変性疾患、特に多発性硬化症、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症、ハンチントン病、パーキンソン病といった一連の神経変性疾患に対して神経保護と抗炎症作用を示しうることが報告されています。

なお、一般にほとんどの処方薬は使用期限を過ぎると薬効が弱まっていくのみですが、ミノサイクリンを含むテトラサイクリン系は、時間が経つにつれカプセル剤内に含まれるある種の化学物質の分解によって毒性が生じ、腎臓に重大な障害を起こす可能性があると言われています。先進国で製造される医薬品では問題になることはないとされていますが、念のために使用期限の過ぎた薬は服用しないように注意してください。

 

他の商品との比較

グラム陽性菌およびグラム陰性菌に広範な抗菌スペクトルを有しています。

黄色ブドウ球菌に強い抗菌力を示します。

肝・腎・肺などの各臓器への移行がすぐれています。

ミノサイクリンンを有効成分とした薬は、カプセル以外に錠剤、注射剤などがあり、日本ではクーペラシン(高田製薬)、ナミマイシン(富士製薬)、ペリオクリン(サンスター)、ペリオフィール(昭和薬品化工)、ミノサイクリン(大洋薬品、日医工、日医工ファーマ)、ミノトーワ(東和薬品)、ミノペン(沢井製薬)、ミノマイシン(ファイザー、武田薬品)の名前で発売されています。

海外では、Alti-Minocycline、Apo-Minocycline、Arestin、Dynacin、Gen-Minocycline、Klinomycin、Minociclina、Minocin、Minocyclin、Minocyclinum、Minocyn、Novo-Minocycline、Solodyn、Vectrinなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、ミノマイシン100を絶対に服用しないでください。
・テトラサイクリン系薬剤に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・肝障害のある人: 副作用が強く現われるおそれがあります。
・腎障害のある人: 副作用が強く現われるおそれがあります。
・食道通過障害のある人: 食道潰瘍を起こすおそれがあります。
・経口摂取の不良な人または非経口栄養の人、全身状態の悪い人: ビタミンK欠乏症状が現われることがあるので観察を充分に行なってください。
・高齢者

【重要な基本的注意】
・めまい感が現われることがあるので、ミノマイシン100の服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作および高所での作業などに従事しないように注意してください。

【効能・効果に関連する使用上の注意】
・胎児に一過性の骨発育不全、歯牙の着色、エナメル質形成不全を起こすことがあります。また動物実験で胎児毒性が認められているので、妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。
・小児(特に歯牙形成期にある8歳未満の小児)が服用した場合、歯牙の着色、エナメル質形成不全、また一過性の骨発育不全を起こすことがあるので、ほかの薬剤が使用できないか、無効の場合のみ適用を考慮してください。

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・ミノマイシン100の使用にあたっては、耐性菌の発現などを防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の使用にとどめてください。
・炭その発症および進展抑制には、類薬であるドキシサイクリンについて米国疾病管理センター(CDC)が60日間の服用を推奨しています。

高齢者では生理機能が低下していることが多く副作用が発現しやすく、またビタミンK欠乏による出血傾向が現われることがあるため、用量並びに服用間隔に留意するなど状態を観察しながら慎重に服用してください。

母乳中へ移行することが報告されているため、授乳中の人は服用しないことが望ましいですが、やむを得ず服用する場合には授乳を中止してください。

大量服用により肝障害(黄だん、脂肪肝など)が現われることがあるので、観察を充分に行ない、異常が認められた場合には服用を中止するなど適切な処置を行なってください。

食道に停留し、崩壊すると食道潰瘍を起こすことがあるので、多めの水で服用し、特に就寝直前の服用などには注意してください。

ミノサイクリンの服用により尿が黄褐-茶褐色、緑、青に変色したという報告があります。

ミノサイクリンの服用により甲状腺が黒色になることがあります。

海外において、ミノサイクリン服用中の人に甲状腺がんが発現したとの報告がありますが、因果関係は確立していません。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とミノマイシン100を併用する場合、注意してください。
・カルシウム、マグネシウム、アルミニウム、ランタンまたは鉄剤: ミノマイシン100の吸収が低下し、効果が減弱されるおそれがあります。両剤の服用間隔を2-4時間としてください。
・抗凝血剤(ワルファリンカリウムなど): 血漿プロトロンビン活性を抑制することがあります。
・スルホニル尿素系血糖降下薬: 血糖降下作用が増強することがあります。
・メトトレキサート: メトトレキサートの作用が増強されることがあります。
・ポルフィマーナトリウム: 光線過敏症を起こすおそれがあります。直射日光、集中光などを避けてください。
・ジゴキシン: ミノマイシン100がジゴキシンの作用を増強し、中毒症状が発現することがあります。併用時はジゴキシンの中毒症状に注意してください。
・黄体・卵胞ホルモン配合剤(経口避妊薬): 黄体・卵胞ホルモン配合剤の効果の減弱化および不正性器出血の発現率が増大するおそれがあります。
・外用剤を除くビタミンA製剤、レチノイド製剤(ビタミンA、レチノールパルミチン酸エステル、エトレチナート、トレチノイン: 頭蓋内圧上昇が現われることがあります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

ミノマイシン100を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。
●主な副作用
発疹、発熱、むくみ(四肢、顔面)、じんましん、色素沈着(皮膚、爪、粘膜)、光線過敏症、めまい感、頭痛、しびれ感、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、黄だん、腹痛、悪心、食欲不振、胃腸障害、嘔吐、下痢、舌炎、便秘、口内炎、味覚異常、肛門周囲炎、歯牙着色、好酸球増多、BUN上昇、菌交代症に基づく新しい感染症、ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向など)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎など)、頭蓋内圧上昇に伴う症状(嘔吐、頭痛、複視、うっ血乳頭、大泉門膨隆など)、耳鳴、倦怠感、関節痛

●極稀に起こる重篤な副作用
ショック、アナフィラキシー様症状、全身性紅斑狼瘡(SLE)様症状の増悪、中毒性表皮壊死融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、剥脱性皮膚炎、薬剤性過敏症症候群、血液障害(汎血球減少、無顆粒球症、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、貧血など)、重篤な肝機能障害、急性腎不全、間質性腎炎、呼吸困難、間質性肺炎、PIE症候群、すい炎、けいれん、意識障害などの精神神経障害、出血性腸炎、偽膜性大腸炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-03-02
初期の精神病における陰性症状に対する通常治療併用下のミノサイクリン投与による効果 - 有益性の程度と作用機序(BeneMin試験):ランダム化対照試験の実施計画書(7thスペースより)― 精神病における陰性症状は、第一世代・第二世代の抗精神病薬を用いた従来の治療を用いても改善せず、精神病患者に認められる生活の質(QOL)低下の主な原因の一つとなっている。ミノサイクリンとは神経保護作用のある広域.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-08
脆弱X症候群の子どもの行動が抗生物質ミノサイクリンで改善(メディカル・エキスプレスより) - ミノサイクリンは広域スペクトルを持つテトラサイクリン系抗生物質で、古くからある薬だ。カリフォルニア大学デービス校MIND研究所(UC Davis MIND Institute)の研究者らが、脆弱X症候群の子どもの治療薬としてミノサイクリンを試験.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-04-01
ミノサイクリンが出血性脳卒中の治療戦略に導入される可能性(ドクター・ティプスターより) - ジョージア・リージェンツ大学(Georgia Regents University)の研究者らは、広域抗生物質ミノサイクリンが出血性脳卒中により生じた身体障害の度合いを軽減させられるかどうか確認するための試験を主導している。この結果はこれまでのところ.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。