ムコペイン・ジェル(ベンゾカイン)20 %

390 円!! 知覚感覚が神経に伝わらないようにすることで、痛みやかゆみなどの症状を緩和!長時間効果が持続するのが特長!有効成分のベンゾカインが持つ麻酔効果は、早漏防止商品にも採用!

Mucopain Gel (Benzocaine) - 20% (15g)

■ 15gチューブ

価格:390 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ベンゾカイン/アミノ安息香酸エチル(Benzocaine)

 

製造国

インド

 

製造元

Icpa Health Products Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

患部に適量を塗布します。
症状に応じて、1日3回使用します。

 

商品詳細

ムコペイン・ジェル20%はエステル型の局所麻酔薬で、虫さされ、草木による刺し傷、軽い擦り傷などで起こる痛みやかゆみのほか、外性器または肛門外部のかゆみなどの症状を緩和します。

痛みやかゆみは、いずれも細胞で作られた物質が電気信号に変わり、それが脳に伝えられることでそれぞれの感覚が生じます。例えば痛みの場合、ケガややけどなどによって皮膚細胞が破壊されると、その細胞にカリウムイオン、セロトニン、アセチルコリンなどの発痛物質が形成されます。これらの物質が皮膚、皮下組織、筋肉の腱やじん帯、骨膜、椎間板の一部などに存在する自由神経終末と呼ばれる痛みを伝える神経に達すると、今度は電気信号に変化してそれが感覚神経(求心性神経線維)に伝わり、中枢神経に到達します。中枢神経に伝わった興奮は、脊髄と視床を経由した後に大脳皮質の体性感覚野に届き、この痛みの信号がどこから来たかにより該当する神経細胞が反応し、痛みとしての感覚が生まれます。

一方で、かゆみが起こる仕組みについてはまだ詳しく解明されていませんが、その過程にはヒスタミンと呼ばれる物質が関係していると考えられています。このヒスタミンは痛みやかゆみを感じる知覚神経に作用する物質で、皮膚に存在する脂肪細胞から遊離された後に受容器と結合することで電気信号となり、それが脳に伝わることでかゆみを感じるとされています。さらにこの刺激は逆行性に神経終末にも伝わり、神経ペプチドと呼ばれる神経伝達物質を放出させますが、この神経ペプチドは肥満細胞を刺激するため、ここでもヒスタミンを遊離させます。かゆい部分をかくことによって余計にかゆくなるという現象は、これが原因で起こります。
このヒスタミンはかゆみだけでなく、痛みの原因となる神経を同時に刺激する働きも持っています。さらに痛みを引き起こすブラジキニンやカプサイシンなどの物質は、かゆみに関わる神経を活動させるために、痛みとかゆみは異なる症状ではあっても、複雑に関係し合っていると言われています。

これらの痛みやかゆみ症状を緩和する働きを持つのがムコペイン・ジェル20%です。有効成分のベンゾカインは別名、アミノ安息香酸エチルとも呼ばれており、神経節における伝達および神経-筋接合部での伝達を阻害します。この働きにより、それぞれの感覚がそこから先に伝わらなくなるために、痛みやかゆみの症状が緩和します。またベンゾカインには刺激作用がなく、組織を腐食するおそれがないという特長があります。

なお、ベンゾカインはその麻酔作用により、早漏防止の外用薬に使用されていることもありますが、ムコペイン・ジェル20%にはその適用はありません。

 

他の商品との比較

一次感覚神経の末梢に作用して局所麻酔作用を現わします。

塗布後は長時間その箇所に滞留し、持続的な表面麻酔作用を現わします。

ベンゾカイン(日本ではアミノ安息香酸エチル)を有効成分とする薬剤はジェルのほか、軟膏、内服薬、坐薬などがあり、日本ではアネステジン(マイラン製薬)、アミノ安息香酸エチル(山善製薬、健栄製薬、吉田製薬、丸石製薬)、ジンジカイ(白水貿易)、スルカイン(日本新薬)、ニチカイン(日医工)、ネオザロカインパスタ(ネオ製薬)、ハリケイン(サンデンタル、アグサジャパン)、ヒノポロン(昭和薬品化工)、ビーゾカイン(ビーブランド・メディコーデンタル、福地製薬)、プロネスパスタアロマ(日本歯科薬品)、ヘルミチン(田辺製薬、長生堂製薬)の名前で発売されています。

海外では、Aethoform、Amben Ethyl Ester、Americaine、Anaesthan-Syngala、Anaesthesin、Anaesthin、Anestezin、Anesthesin、Anesthesine、Anesthone、Baby Anbesol、Dermoplast、Ethoform、Hurricaine、Identhesin、Keloform、Norcain、Norcaine、Ora-Jel、Orthesin、Parathesin、Parahesine、Solu H、Topcaineなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、ムコペイン・ジェル20%を絶対に使用しないください。
・ムコペイン・ジェル20%の成分に対し過敏症の既往歴のある人

【使用上の注意】
・外用にのみ使用してください。眼部、口の周囲には使用しないでください。
・妊娠中または妊娠の可能性のある人は、使用前に医師に相談してください。
・12歳未満の子どもは使用しないことが望ましいとされています。

 

他の薬との併用

ほかの薬剤とムコペイン・ジェル20%の併用による注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

過剰に塗布した分はすぐに拭き取ってください。
皮膚に異常がみられた場合は、医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

ムコペイン・ジェル20%は外用薬のため、使用し忘れても問題ありません。

 

副作用

ムコペイン・ジェル20%を使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
発疹、そう痒

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。