メトラーXR-100(コハク酸メトプロロール)100mg

650 円!! 1日1回の服用で効果が期待できる徐放型高血圧治療薬!交感神経に働きかけて心臓の収縮を弱め、脈拍を遅くすることで血圧を低下させます!狭心症の治療や心臓発作の予防にも!

Metolar XR 100 (Metoprolol Succinate) - 100mg (10 Capsule)

■ 10カプセル

価格:650 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

コハク酸メトプロロール(Metoprolol Succinate)

 

同一成分含有商品

ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)23.75mg (30錠) 1690 円
Betaloc CR (Metoprolol Succinate) - 23.75mg (30 Tablets)

ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)47.5mg (30錠) 1690 円
Betaloc CR (Metoprolol Succinate) - 47.5mg (30 Tablets)

ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)95mg (30錠) 2150 円
Betaloc CR (Metoprolol Succinate) - 95mg (30 Tablets)

ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)190mg (30錠) 3410 円
Betaloc CR (Metoprolol Succinate) - 190mg (30 Tablets)

メトラーXR-100(コハク酸メトプロロール)100mg (10カプセル) 650 円
Metolar XR 100 (Metoprolol Succinate) - 100mg (10 Capsule)

エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)47.5mg【入荷予定なし】 (30錠) 980 円
AFT-Metoprolol CR (Metoprolol Succinate) - 47.5mg (30 Tablets)

エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)95mg【入荷予定なし】 (30錠) 1700 円
AFT-Metoprolol CR (Metoprolol Succinate) - 95mg (30 Tablets)

エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)23.75mg【乳化予定なし】 (30錠) 860 円
AFT-Metoprolol (Metoprolol Succinate) - 23.75mg (30 Tablets)

エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)190mg【入荷予定なし】 (30錠) 2140 円
AFT-Metoprolol (Metoprolol Succinate) - 190mg (30 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日1回25-100mgを経口服用します。
目標血圧値に到達するまで、1週間またはそれ以上ごとに適宜増量することもあります。

一般に、治療の最大効果は服用後1週間で出現します。
また、1日400mg以上の服用に関する試験は行なわれていません。

 

商品詳細

メトラーXR-100は、狭心症および高血圧の治療薬で、心臓発作の治療や予防にも使用されることがあります。

血圧や脈拍の調節など、心臓や血管の働きには自律神経が深く関わっています。この自律神経は交感神経と副交感神経から成り、それぞれがアクセルとブレーキ的な役目を果たしながら、互いに相反する作用を持っています。
例えば心臓や血管においては、交感神経は心拍数亢進、心臓収縮、血管収縮など、また副交感神経は心拍数遅延、心臓弛緩、血管弛緩などの働きに関係しています。

ストレスを感じたり興奮すると、交感神経からアドレナリンなどの化学物質が分泌され、神経末端に存在している受容体と結合することでそれぞれの働きをします。この受容体にはα(アルファ)受容体とβ(ベータ)受容体の2種類があり、α受容体は血管の収縮を、β受容体は心臓収縮回数を増加させたり、血液の量を増やすなどの作用があります。
さらにβ受容体のうちβ1受容体は心臓の刺激、β2受容体は末梢血管や気管支などの拡張に関与しています。

高血圧は、遺伝や肥満、運動不足、塩分の摂り過ぎなどが原因となって血管の壁にかかる圧力が通常より高くなる状態で、収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg 以上、または拡張期血圧(最低血圧)90mmHg以上を指します。高血圧は特別な症状がなく、自覚症状もほとんどありません。気付かずに放っておくと、狭心症や心筋梗塞などに至ることがあり、また脳の血管に高い圧力がかかると血管の詰まり、破損を引き起こして脳卒中を起こします。ほかにも腎臓の血管が影響を受けると腎不全になります。
高血圧によって長い間血管に負担がかかると、血管の壁が傷つき、そこにコレステロールがたまることで動脈硬化が起こります。血管の壁が厚くなっていくことによって血管が狭くなり、血流が悪くなりますが、血液には栄養や酸素を臓器や筋肉に運ぶ役割があり、血の流れが滞るためにその機能がうまく働かず、心臓に激しい痛みや圧迫感などの症状が現われます。これが狭心症です。

メトラーXR-100は、心拍数および安静時・運動時の心拍出量の低下、運動時の収縮期血圧の低下、イソプロテレノール誘導性頻脈の抑制、反射性起立性頻脈の抑制作用があることが実験で証明されているβ遮断薬です。

有効成分のコハク酸メトプロロールがβ1受容体に選択的に結合し、アドレナリン作動性効果を遮断します。これにより心臓の収縮力が弱まり、脈拍が遅くなることで拍出量が減り、末梢管抵抗が低下して血圧が下がります。また心筋細胞においては、β受容体を介して細胞内のカルシウム濃度が変化することで心筋が収縮しますが、不全心筋の人ではこの機能がうまく働かないために心筋の収縮性が低下しています。

β遮断薬にはこの調節機構を回復させる作用もあり、この点からも心不全に対して効果があるとされています。

 

他の商品との比較

メトラーXR-100の有効成分であるコハク酸メトプロロールは選択的β1阻害薬で、そのβ2受容体阻害薬で必要とされる用量よりも少ない服用量で有効性を発揮します。

コハク酸メトプロロールは膜安定効果に優れており、部分的なアゴニスト活性は示しません。

コハク酸メトプロロールは心臓のカテコールアミン(肉体的または精神的ストレスを受けたときに分泌される物質)の活性効果を低減または阻害するため、カテコールアミンの増加による心拍数、心拍出量増、心筋収縮機能、血圧などの増加に効果を発揮します。

メトラーXR-100の血漿濃度時間およびβ1遮断効果は24時間以上持続します。

メトラーXR-100は非選択性β遮断薬と比較して、インスリン放出および低血糖に対する心臓血管系応答をほとんど阻害しません。

メトラーXR-100が糖質代謝または低血糖の隠ぺいにおよぼすリスクは、従来の選択的β1阻害薬よりも少ないとされ、非選択的β阻害薬よりもさらに少ないとされています。

メトラーXR-100がβ2受容体におよぼすリスクは、従来の選択的β1阻害薬よりも少ないとされています。

コハク酸メトプロロールを主成分とした薬は、海外ではToprol-XL、AFT-Metoprolol、Metoprolol Succinate ER、Lopressorなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、メトラーXR-100を絶対に服用しないでください。
・気管支喘息または閉塞性肺疾患の人
・房室ブロック2-3度または結節間房室ブロックの人
・不安定非代償性心不全(肺水腫、低循環、低血圧)の人、およびβ受容体作動薬による継続的または断続的変力性療法を実行中の人
・顕著な洞性徐脈のある人
・洞不全症候群の人
・心臓性ショックの人
・重篤な末梢動脈循環障害の人
・心拍数が45/分未満でPQ(PR)間隔が0.24秒以上または最高血圧が100mmHg未満の急性心筋梗塞の人
・メトラーXR-100の成分に対して過敏症の既往歴のある人

【使用上の注意】
・服用開始直後は、急激に血圧が下がるため軽い立ちくらみやめまいが起こることがあります。
・糖尿病の治療中の人は、定期的に血糖値の検査をしてください。
・ごくまれに、既存の軽度の房室ブロック障害が悪化(房室ブロックの誘因)することがあります。
・メトラーXR-100は、血圧低下作用により末梢動脈循環症状を悪化させることがあります。
・褐色細胞腫のある人は、α阻害薬を併用してください。
・β阻害薬の突然の服用中止は高リスクの人には特に危険ですので、絶対に行なわないでください。
・β阻害薬を服用している人では、アナフィラキシー症状が起こる可能性が高くなります。

妊娠中の人は、治療の必要性が安全性を上回る場合に限りメトラーXR-100を服用してください。

授乳中の人は、治療の必要性がある場合に限りメトラーXR-100を服用してください。また服用中は授乳を中止してください。

 

他の薬との併用

・カテコールアミン枯渇剤(レセルピン、モノアミン酸化酵素など): β遮断薬との併用で、相加作用が起こることがあります。めまい、失神、起立性低血圧を誘因する低血圧または顕著な徐脈の徴候のある人でカテコールアミン枯渇剤を使用している人では、注意深い観察が必要です。
・CYP2D6阻害薬(キニジン、フルオキセチン、パロキセチン、プロパフェノンなど): メトプロロールの濃度を上昇させるおそれがあります。極度のCYP2D6新陳代謝表現型の健常者において、キニジン100mgと即効型メトプロロール200mgの併用でS-メトプロロールが3倍、またメトプロロール排出半減期が2倍になったとの報告があります。また循環器疾患を持つ4人の人で、プロパフェノン150mgの1日3回服用とメトプロロール50mgの1日3回服用を併用した場合、メトプロロールの定常状態濃度が2-5倍に増えたとの報告があります。血漿濃度におけるこれらの増加は、メトプロロールの心選択性を減少させることがあります。
・ジギタリス配糖体、クロニジン、ジルチアゼム、ベラパミル: これらの薬剤が房室伝導を遅延させ、心拍数を減少させることがあります。これらの薬剤とβ遮断薬との併用は、徐脈のリスクを高めます。
クロニジンおよびメトプロロールなどのβ遮断薬を併用する場合、クロニジンを徐々に服用中止する前にβ遮断薬の服用を中止してください。β遮断薬は高血圧反跳を悪化させることがあるため、クロニジンの服用を中止することになります。クロニジンをβ遮断薬療法と置き換える場合、クロニジン治療を中止した数日後にβ遮断薬による治療を開始するようにしてください。

 

誤って大量に服用した場合

 医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

次回の服用時間が約12時間先の場合は、気付いたときにすぐに1回分または半分を服用してください。
次回の服用時間が近い場合は半分を服用し、次回分から定量を服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

メトラーXR-100を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
疲労感、めまい、頭痛、心拍数減少、手足の冷え、吐き気、胃痛、下痢、便秘、労作性息切れ、胸の拍動感

●稀に起こる副作用
灼熱感、穿痛感、無感覚、心疾患様症状、疲労感または足首むくみの一時的悪化、心臓性ショック、はれ、胸痛、気分低下、集中力低下、傾眠、不眠、悪夢、発疹、息苦しさ、嘔吐、多汗、体重増加、脱毛

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-10-22
単純性高血圧の治療にβ-遮断薬は古い?(【MedPageToday】より) - β-遮断薬は、血圧の治療に使用される初期の現代薬物治療のひとつである。1950年より以前は高血圧治療の選択肢は限られており、レセルピン、ペンタキン、ヒドララジン、グアネチジンなどの薬は、起立性めまい、鎮静状態、便秘、.... 続きを読む

2015-10-05
一部の高血圧治療薬が特定の手術患者に危険をもたらすおそれ(【HealthDay】より) - 研究は、種類の異なる高血圧治療薬を服用している5万5000人以上の手術患者を対象に行なわれた。その中でβ-遮断薬を服用している人は、ほかの薬を服用している人と比べて心臓発作、脳卒中または死に関連するリスクが高い.... 続きを読む

2015-09-21
低用量のβ-遮断薬が心臓発作後の生存を促進(【HealthDay News】より) - シカゴにあるノースウエスタン大学の研究者によると、臨床試験で使用された用量の4分の1を投与された心臓発作患者は、高用量を服用した患者と同じくらい長く生存した。また場合によっては生存率が20パーセントから25パーセント上昇し.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-03-31
メトプロロールという安価な医薬品で心臓発作患者を救うことが可能:死亡リスクが60%低下(メディカル・デイリーより) - 新しい研究は、メトプロロールとして知られている安価な薬剤が緊急外来に向かう途中の心臓発作の患者を重篤な障害が起きる前に治療し、心臓の筋肉の低下を防ぐのに非常に有効であることを見出した。この研究の著者ら.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-10-10
ST上昇型心筋梗塞後のメトプロロール早期投与が梗塞サイズを縮小するとともに左室駆出率を上昇(ヘアリオより) - プライマリーPCI(直接的経皮的冠動脈インターベンション)を受けたKillip分類II以下の前壁ST上昇型心筋梗塞患者において、血流再開前にメトプロロールを早期投与すると、梗塞サイズが縮小し、左室駆出率が上昇した。血流再.... 続きを読む

2013-10-09
救急搬送中のメトプロロール投与が心臓損傷を減少(ヘルス・ニュースラインより) - 病院搬送中の心発作患者に安価なβ(ベータ)遮断薬を投与すると、心臓へのダメージを有意に小さく抑えられることが明らかにされた。スペイン国立カルロスIII循環器研究所 (Centro Nacional de Investigaciones Cardiovasculares Carlos III:CNIC)と、米国マウントサイナイ.... 続きを読む

2013-10-01
安価な薬剤(約3ドル未満)が心発作によるダメージを最小限に抑える可能性(サイエンス・コーデックスより) - 米国循環器病専門誌「サーキュレーション(Circulation)」10月1日号に掲載された臨床試験の結果によれば、病院搬送中の心発作患者にメトプロロールという安価なβ遮断薬を用いた早期治療を施した場合、心筋梗塞時の心臓へのダメ.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-09-30
心臓病:種類と治療法(ジー・ニュースより) - その名前が示すように、心臓病(心疾患)とは心臓が侵されるさまざまな病気の総称です。以下に心臓病の主な種類を挙げています。冠動脈心疾患冠動脈心疾患は、冠動脈の循環不全によって.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。