ダイエット - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2014-10-04

ソース(記事原文):Zニュース

メラトニンの摂取が肥満や糖尿病の治療に役立つ可能性

Zニュース(2014年10月4日) ― ロンドン:動物・植物・微生物で認められるホルモンの一種であるメラトニンの長期服用が、肥満及び2型糖尿病の治療に有用であることが、研究で示された。

主任研究者でスペインのグラナダ大学(University of Granada)に所属するアハマット・アジル(Ahmad Agil)教授は「野菜・香辛料・薬草・テトラエチルアンモニウム・コーヒー・果実・種子・木の実は、メラトニンを大量に含んでおり、これらの食物が健康的と言われる大きな所以の一つである」と述べている。

本研究は肥満ズッカーラット(インスリン抵抗性モデル動物)で実施された複数の試験を対象としたものである。

肥満の場合、ミトコンドリア(細胞の発電所)が適切に作動せず(恒常性維持の困難)、プログラム化された細胞破壊が促進される。

本研究によれば、ヒトで言う2型糖尿病に相当する若年肥満ラットにおいて、メラトニンを連続投与すると、ミトコンドリア機能不全が非常に効率的に改善される(つまり、ミトコンドリアの恒常性機能が回復する)。

恒常性が維持されると酸素消費量が増加し、メラトニンはフリーラジカルのストレス度を減弱し、ミトコンドリア膜の破壊を回避する。

本研究者らによれば、肥満及び糖尿病の進行を食い止めるためには、メラトニンの長期服用に加えて、暗闇で睡眠をとる必要があるという。

メラトニンは「植物・ 動物・人間に見られる天然物質であり、概日リズムを確立するためのホルモン・シグナルとして働き、夜間分泌されるものある」とアジル氏は指摘している。

人工光源への過度な曝露で、内因性メラトニン量が減少する、と本研究者らは述べている。

アジル氏は「メラトニンの産生を妨げないために、真っ暗にして眠るようにすることが重要である」としている。

本研究はメラトニン専門雑誌ジャーナル・オブ・ピニアル・リサーチ(Journal of Pineal Research)オンライン版に掲載された。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- メロセット 3 (メラトニン) 3mg (10錠) 440 円