メンタルヘルス - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2009-01-01

ソース(記事原文):BBCヘルス

薬の種類

どのような場合でもあなたのかかりつけ医や精神科医以外の人が精神病薬を処方することはありません。自分の服薬状況を変える前には医師らに相談することが大切です。

トランキライザー

バリウム、テマゼパム、ゾピクロンなどのトランキライザーは、気分を落ち着かせて不安を軽減したり、睡眠の補助として使用される薬のグループです。

特定の状況には抗不安薬が使用されます。具体的な状況として、飛行機で空を飛ぶのは怖いが飛行機に乗らなければならないといった場合にこの薬は役に立ちます。あるいはパニック発作の治療にも有用です。抗不安薬は慎重に使用する必要があり、薬によって症状を一時的に和らげることが可能な場合に、医師は短期間に限ってこの薬を処方します。薬によっては1週間を超えて服用すると依存が生じる可能性があり、もともと逃れようとしていた不安症状が薬によって再びあらわれ始めることがあります。

抗うつ薬

ひどいうつ状態のときには抗うつ薬を処方されることがあります。抗うつ薬は脳内にある特定の化学物質の作用を高めて、憂鬱な気分を大きく変えてくれます。

抗うつ薬にはたくさんの種類があります。それぞれに異なる副作用がありますが、抗不安薬と同様に服用の中止が非常に難しくなる可能性があります。

抗うつ薬は効き始めるまでに1カ月かかることがあります。また完全に元気になったときに急に服用を止めてしまうと、またうつ状態になる可能性があるため、元気になっても数カ月間は服薬の継続が必要となるかもしれません。

薬の服用を中止する場合は、悪心や振戦などの離脱症状があらわれないよう徐々に薬の量を減らしていく必要があります。

気分安定薬

気分障害の治療に使用される薬のグループが、リチウムバルプロ酸などの気分安定薬です。この薬は軽躁病や躁病の治療に使用されたり、双極性障害における重篤な気分変動を抑えるために使用されます。

気分安定薬は腎障害などの重大な副作用を引き起こす可能性がありますが、重度の精神疾患の人はこの薬によって再び普通の生活ができるようになります。

抗精神病薬

躁病や統合失調症、またこれらに関連した問題を抱えており、病気が重い場合に抗精神病薬が使用されます。この薬は強力で、その作用によってゆがんだ考えを変化させ、幻覚を減らし、恐ろしい妄想を取り除きます。

精神医療の専門家と副作用について話し合い、自分に一番合う治療法を確実に見つけることが大切です。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- アモバン(ゾピクロン) 7.5mg (30錠) 3460 円

- ゾピコン(アモバンジェネリック) 7.5mg (10錠) 540 円

- リトサン 300 (炭酸リチウム) 300mg (10錠) 150 円

- バルパリン (バルプロ酸ナトリウム) 200mg  (10錠) 210 円

- アポ-ゾピクロン (ゾピクロン) 7.5mg  (500錠) 10900 円

- リチカーブ 250 FC (炭酸リチウム) 250mg (500錠) 8970 円

- リチカーブ 400 FC (炭酸リチウム) 400mg (100錠) 4860 円

- リチウム・カーボネート (炭酸リチウム) 250mg  (100カプセル) 2220 円

- プリアデル(炭酸リチウム)400mg (100錠) 4110 円

- ジモバン(ゾピクロン)7.5mg (28錠) 2940 円

- ドパリール(ゾピクロン)7.5mg (100錠) 4760 円

- ドパリール(ゾピクロン)10mg (100錠) 4950 円

- アモバン(ゾピクロン) 7.5mg (ルーマニア市場向け・20錠入) (20錠) 1820 円

- ゾピクロン「TCK」(ゾピクロン)7.5mg  (100錠) 3760 円

- ゾピクロン「TCK」(ゾピクロン)10mg  (100錠) 4250 円

- ゾピクロン錠10mg「トーワ」(ゾピクロン) (100錠) 4540 円