ラミビル (ラミブジン) 150mg

880 円!! ほかの薬と併用することで優れた抗ウイルス効果を発揮!エイズウイルスの増殖を抑えることで数が減り、免疫力が回復します!B型肝炎ウイルスにも有効!

Lamivir (Lamivudine) - 150mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:880 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ラミブジン(Lamivudine)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日2錠を1回または1日1錠を2回、ほかの抗レトロウイルス薬と併用して経口服用します。

【用法・用量に関連する使用上の注意】

・ラミビル150mgとほかの抗HIV薬との併用療法において、因果関係が特定されない重篤な副作用が発現し、治療の継続が困難であると判断された場合には、ラミビル150mgもしくは併用しているほかの抗HIV薬の一部を減量または休薬するのではなく、原則としてラミビル150mgおよび併用しているほかの抗HIV薬の服用をすべていったん中止してください。

 

商品詳細

ラミビル150mgは抗ウイルス化学療法剤で、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の増殖を抑え、AIDS(エイズ:後天性免疫不全症候群)の発症や進行を遅らせる薬です。

HIV感染症は、体の免疫システムが徐々に破壊されていく進行性の病気で、
1.感染初期(急性期): 発熱、リンパ節のはれ、筋肉痛・関節痛、下痢、頭痛、倦怠感など、インフルエンザに似た症状が起こり、数週間程度で症状は治まりますが、リンパ節のはれと頭痛は、次の病期に持ち越されることもあります。
2.無症候期: リンパ節のはれや頭痛が前期から続くこともありますが、特に目立った症状は現われません。しかしこの時期、体内では1日約100億個のウイルスが複製されているとされ、リンパ球に感染して死滅させていきます。症状の出ない期間は人により異なり、短い人で数年、長い人では10年以上の場合もあります。
3.AIDS発症期: ウイルス量がリンパ球を上回り、AIDSが発症します。
大きく分けて、以上の3段階で進行して行きます。

HIVウイルスが発見された当時は治療薬もなく、HIV感染症は死に至る病と言われていましたが、強力な多剤療法(HAART)が可能となった1990年代後半から長期生存が可能となり、慢性疾患へと変化してきています。
しかし現段階ではHIVを完治させる薬はまだ開発されていません。

HIVウイルスは高度に変異を起こすことが知られているため、ウイルスの複製をしっかりと抑え続けないと薬剤耐性ウイルスが出現してくるおそれがあります。
耐性ウイルスが出現した場合、病気が進行するのはもちろんのこと、ほかの抗HIV薬に対しても耐性または耐性準備状態になることが多く、2回目以降の薬剤治療の成功率が減少する傾向にあります。
そのためHIV感染症の薬物療法は、3種類以上の薬剤を併用するのが原則とされています。
ラミビル150mgは、その少ない副作用から日本では抗HIV療法の初回に使用することが推奨されている薬のひとつです。
有効成分のラミブジンは、増殖する際に必要とする酵素の一部分としてHIVウイルス細胞に入り込み、ウイルスが複製されるのを阻害する働きを持つほか、DNA(デオキシリボ核酸)鎖が延長するのを停止させることでウイルス細胞の分裂を阻止する働きを持っています。
このようにウイルスの増殖を防ぐことでウイルスの量が減り、免疫力が回復し、エイズの発症や進行を遅らせることが可能になります。

最近ではHIV感染者の死亡原因で、B型肝炎ウイルス(HBV)およびC型肝炎ウイルス(HCV)による肝硬変、肝細胞がん、非エイズ関連悪性腫瘍を原因とした死亡者が増えており、特にアメリカやヨーロッパでは、HIV感染者の約6-14%がB型肝炎を併発しているとの報告があります。
またB型肝炎ウイルスを持つHIV感染者の約30%が慢性肝炎に移行するとも言われています。
B型肝炎ウイルスとHIVウイルスはタイプがまったく異なりますが、ラミビル150mgが持つDNA合成阻害作用はB型肝炎にも効果があることがわかってきました。
日本で行なわれた臨床試験の結果によると、服用後8週間でB型肝炎ウイルスが検出されなくなった症例が多数あると報告されており、引き続き研究が続けられています。

 

他の商品との比較

ラミビル150mgは、肝機能改善だけでなく、肝不全・肝細胞癌リスクも低下させることが報告されています。

ラミビル150mgは、従来の薬剤よりも服薬錠数が少なく、薬物動態に対する食事の影響がほとんどないとされています。

エピビル(グラクソ・スミスクライン)、ゼフィックス(グラクソ・スミスクライン)
3TC、Epivir、Epzicom、Heptec、Heptovir、Zeffix

 

特別な注意

【警告】

・すい炎を発症する可能性のある小児(すい炎の既往歴のある小児、すい炎を発症させることが知られている薬剤との併用療法を受けている小児)では、ラミビル150mgの服用を考える場合には、ほかに充分な効果の認められる治療法がない場合にのみ充分注意して行なってください。これらの人ですい炎を疑わせる重度の腹痛、悪心、嘔吐など、または血清アミラーゼ、血清リパーゼ、トリグリセライドなどの上昇が現われた場合は、ラミビル150mgの服用を直ちに中止してください。

・B型慢性肝炎を合併している人は、ラミビル150mgの服用中止により、B型慢性肝炎が再燃するおそれがあるので、ラミビル150mgの服用を中断する場合には充分注意してください。特に非代償性の場合、重症化するおそれがあるので注意してください。

 

以下の場合、ラミビル150mgを絶対に服用しないでください。

・ラミビル150mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人

以下の場合、ラミビル150mgを慎重に服用してください。

・腎機能障害(クレアチニンクリアランスが50ml/分未満)のある人: 高い血中濃度が持続するので、クレアチニンクリアランスを測定し、減量するか、または服用間隔を延長してください。

・高齢者: 高齢者は腎機能が低下していることが多く、高い血中濃度が持続するおそれがあるため、状態を観察しながら慎重に服用してください。

・妊婦、授乳婦: 妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。非常にまれに発育遅延、てんかん様発作、ほかの神経疾患も報告されています。またラミビル150mgの成分が乳汁中に排泄され、血清中の濃度と同じであることが報告されているため、授乳中の人はラミビル150mgの服用中は授乳を避けてください。

 

重要な基本的注意

・ラミビル150mgはHIV感染症の根治治療薬ではないことから、日和見感染症を含むHIV感染症の進展に伴う疾病を発症し続ける可能性があるので、ラミビル150mgの服用開始後の身体状況の変化については、すべて担当医に報告してください。

・ラミビル150mgを含む現在の抗HIV療法が、性的接触または血液汚染を介した他者へのHIV感染の危険性を低下させるかどうかは証明されていません。

・ラミビル150mgを含むヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬の単独服用またはこれらの併用療法により、重篤な乳酸アシドーシス(全身倦怠、食欲不振、急な体重減少、胃腸障害、呼吸困難、頻呼吸など)、肝毒性(脂肪沈着による重度の肝腫大、脂肪肝を含む)が、女性に多く報告されているので、乳酸アシドーシスまたは肝毒性が疑われる臨床症状や検査値異常が認められた場合には、ラミビル150mgの服用を中止してください。特に肝疾患の危険因子を有する人は注意してください。

・抗HIVの使用により、体脂肪の再分布/蓄積が現われることがあるので、異常が認められた場合には適切な処置を行なってください。

・ラミビル150mgを含む抗HIV薬の多剤併用療法を行なった人で、免疫再構築症候群が報告されています。服用開始後、免疫機能が回復し、症候症のみならず無症候性日和見感染(マイコバクテリウムアビウムコンプレックス、サイトメガロウイルス、ニューモシスチスなどによるもの)などに対する炎症反応が発現することがあるので、これらの炎症性の症状を評価し、必要時には適切な治療を考慮してください。

・すい炎を発症する可能性のある小児(すい炎の既往歴がある、すい炎を発症させることが知られている薬剤との併用療法を受けている小児)では、ラミビル150mgの適用を考える場合には、ほかに充分な効果の認められる治療法がない場合にのみ充分注意して行なってください。また成人でもすい炎が発生する可能性があるので、血清アミラーゼ、血清リパーゼ、トリグリセライドなどの生化学的検査を定期的に行ない、これらの検査値の上昇がみられた場合には、ただちにラミビル150mgの服用を中止してください。また重度の腹痛、悪心、嘔吐などの症状がみられた場合にもただちにラミビル150mgの服用を中止し、性化学的検査(血清アミラーゼ、血清リパーゼ、トリグリセライドなど)および画像診断などによる観察を充分行なってください。

 

【効能・効果に関連する使用上の注意】

・ラミビル150mgは単独服用しないでください。またヒト免疫不全ウイルス(HIV)は感染初期から多種多様な変異株を生じ、薬剤耐性を発現しやすいことが知られているので、ほかの抗HIV薬と併用してください。

 

小児などにおけるラミビル150mgとほかの抗HIV薬との併用服用の安全性および有効性は確立されていないため、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ服用してください。

遺伝毒性試験において弱い染色体異常誘発作用を示したとの報告があります。

長期のがん原性試験において、発がん性を認めなかったとの報告があります。

 

他の薬との併用

ラミビル150mgと以下の薬剤を併用する場合、充分に注意してください。

・スルファメトキサゾール・トリメトプリム合剤: ラミビル150mgのAUCが43%増加し、全身クリアランスが30%、腎クリアランスが35%減少したとの報告があります。

・ザルシタビン: 細胞内におけるラミブジンおよびザルシタビン三リン酸化体が減少し、両剤の効果が減弱するとの報告があります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。
2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

ラミビル150mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
リンパ節症、平均赤血球容積(MCV)増加、リンパ球減少、下痢、吐き気、腹痛、嘔吐、食欲不振、胃炎、消化不良、鼓腸放屁、痔核、腹部けい直、体脂肪の再分布/蓄積(胸部、体幹部の脂肪増加、末梢部、顔面の脂肪減少、野牛肩、血清脂質増加、血糖増加)、倦怠感、発熱、頭痛、疼痛、体重減少、疲労、体温調節障害、無力症、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇など、血清クレアチニン上昇、関節痛、筋肉痛、筋けい直、骨痛、末梢神経障害、めまい、睡眠障害、うつ病、不安感、感情障害、血中尿酸上昇、高乳酸塩血症、アミラーゼ上昇、脱水(症)、心筋症、せき、肺炎、呼吸困難、咽頭痛、気管支炎、鼻炎、副鼻腔炎、耳管炎、呼吸障害、上気道炎、アレルギー反応、発疹(皮膚炎、湿疹、皮疹を含む)、脱毛、そう痒、発汗、痤瘡、毛嚢炎、トリグリセライド上昇、血清コレステロール上昇、血糖値上昇、CK(CPK)上昇、敗血症、重炭酸塩上昇、重炭酸塩低下、血糖値低下、総たんぱく上昇、総たんぱく低下

極稀に起こる重篤な副作用
重篤な血液障害(赤芽球癆、汎血球減少、貧血、白血球減少、好中球減少、血小板減少)、すい炎、乳酸アシドーシスおよび脂肪沈着による重度の肝腫大(脂肪肝)、横紋筋融解症、ニューロパシー、錯乱、けいれん、心不全

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-10-18
成人および青少年のHIV感染患者に対する抗レトロウイルス療法の最新ガイドラインをHHSが発表(エイズビーコンより) -米国保健福祉省(United States Department of Health and Human Services : HHS)は、「成人および青少年HIV感染患者における抗レトロウイルス薬の使用に関するガイドライン(Guidelines for the Use of Antiretroviral Agents in HIV Infected Adults and Adolescents)」の最新版を発表.... 続きを読む

2011-10-10
慢性B型肝炎患者における疾病管理の新マーカーとしてB型肝炎表面抗原量を用いることを香港中文大学が発見(ヘルス・カナルより) - 現在は経口抗ウイルス薬が、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制するのに極めて有効である。しかし、肝臓内B型肝炎ウイルスの消失はごく少ない割合の患者でしかみられない。抗ウイルス薬の中止後、ほとんどの患者で肝炎の再発が.... 続きを読む

2010-08-19
長期エンテカビル療法、慢性B型肝炎患者の線維症と肝硬変に効果(サイエンス・デイリーより) - この国際的な研究に携わった研究者らによると、エンテカビル(抗ウイルス剤)の累積治療を少なくとも3年間受けた慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染患者に、かなりの組織学的改善と線維症と肝硬変の改善がみられたという。同研究の.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。