リアクチン-100 SR  (ジクロフェナクナトリウム)  100mg

240 円!! 売上世界No.1!世界140ヵ国以上で発売されている非ステロイド系解熱鎮痛消炎剤「ボルタレン」のジェネリック薬!痛みを抑える作用が特に強いので、関節リウマチ、変形性関節症、膀胱炎や抜歯後の鎮痛・消炎にも効果的!

Reactin-100 SR (Diclofenac Sodium) - 100mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:240 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ジクロフェナクナトリウム(Diclofenac Sodium)

 

同一成分含有商品

ジクロヘクサル (ジクロフェナクナトリウム) 25mg (50錠) 520 円
Diclohexal (Diclofenac Sodium) - 25mg (50 Tablets)

ジクロヘクサル (ジクロフェナクナトリウム) 50mg (50錠) 640 円
Diclohexal (Diclofenac Sodium) - 50mg (50 Tablets)

アポ ジクロ EC (ジクロフェナクナトリウム) 25mg (100錠) 2190 円
Apo-Diclo EC (Diclofenac Sodium) - 25mg (100 Tablets)

ボルタレン エマルジェル (ジクロフェナクナトリウム) 10mg/g (100gチューブ) 3720 円
Voltaren Emulgel (Diclofenac Sodium) - 10mg/g (100g Tube)

リアクチン-50 (ジクロフェナクナトリウム) 50mg (10錠) 170 円
Reactin-50 (Diclofenac Sodium) - 50mg (10 Tablets)

リアクチン-100 SR  (ジクロフェナクナトリウム)  100mg (10錠) 240 円
Reactin-100 SR (Diclofenac Sodium) - 100mg (10 Tablets)

ジクロフェナク サンドス (ジクロフェナクナトリウム) 25mg  (50錠) 1070 円
Diclofenac Sandoz (Diclofenac Sodium) - 25mg (50 Tablets)

ボベラン エマルジェル (ジクロフェナクナトリウム) 1% (30gチューブ) 620 円
Voveran Emulgel (Diclofenac Sodium) - 1% (30g Tube)

ジクロフェナク サンドス (ジクロフェナクナトリウム) 50mg  (50錠) 1280 円
Diclofenac Sandoz (Diclofenac Sodium) -50mg (50 Tablets)

ペンタジェシクMR(ジクロフェナク/パラセタモール(アセトアミノフェン)/クロルゾキサゾン)50mg/500mg/250mg  (10錠) 350 円
Pentagesic MR (Diclofenac/Paracetamol/Chlorzoxazone) - 50mg/500mg/250mg (10 Tablet)

ボルタレン・サポ(ジクロフェナクナトリウム)50mg (10個) 1070 円
Voltaren Suppositories (Diclofenac Sodium) - 50mg (10 Suppositories)

リアクチン-100 SR(ジクロフェナクナトリウム)100mg (15錠入) (15錠) 290 円
Reactin-100 SR (Diclofenac Sodium IP) - 100mg (15 Tablets)

ボルタレン・サポ(ジクロフェナクナトリウム)100mg  (10個) 2420 円
Voltaren Suppositories (Diclofenac Sodium) - 100mg (10 Suppositories)

アポ・ジクロ・エス・アール(ジクロフェナクナトリウム)100mg  (500錠) 7480 円
Apo-Diclo SR (Diclofenac Sodium) - 100mg (500 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の服用量はあくまでも目安です。
実際の服用する場合は、医師に指定された量を服用するようにしてください。

1回1錠を1日に1回服用します。

・可能であれば食事と一緒に服用し、錠剤を噛みくだかずに水で飲み込んでください。

 

商品詳細

リアクチン-100 SRは痛みを和らげ、腫れや赤みなどの炎症を抑える薬で、以下の作用があります。
-腫れが原因の背痛、関節痛、歯痛、筋挫傷、ねんざ、腱炎などの痛みに対する短期治療(1週間以内)
-生理痛の緩和
-片頭痛および、それに伴う悪心・吐き気、嘔吐などの緩和

リアクチン-100 SRの主成分であるジクロフェナクナトリウムは、体内にあるシクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害する作用があります。
このシクロオキシゲナーゼ(COX)にはCOX-1とCOX-2があり、COX-1は胃粘膜保護、血流・血圧維持、血小板凝集などの役割をしていますが、COX-2は炎症組織において発現が誘導され、炎症や癌の増殖に関与していることが知られています。
ジクロフェナクナトリウムはCOX自体の働きを抑制することで発熱や炎症を和らげます。
しかし同時にCOX-1の作用も抑えてしまうために、胃粘膜保護作用が失われ、胃炎や胃潰瘍といった症状が出やすくなります。

ジクロフェナクナトリウムはその解熱、消炎、鎮痛作用が強いことから、関節リウマチや変形性関節症といった関節炎の症状緩和にも広く使用されています。

関節リウマチは本来自己を守るために備わっている免疫機能が何らかの異常によって自己自身を攻撃してしまう自己免疫疾患で30代から50代の女性に多い疾患です。
原因としては免疫異常とウイルス感染が指摘されていますが、詳細についてはいまだ解明されていません。
主な症状は微熱、倦怠感、食欲不振などを伴った関節の痛みや腫れの発現です。
進行性のある膠原病であるため病気が進行すると全身の関節炎へと広がり、さらには関節の変形に加えて胸膜炎、心膜症、肺線維症、末梢神経炎、シェーングレーン症候群などの合併症を併発する恐れがあります。

変形性関節症は長期間に渡る関節への負担によって、関節の軟骨がすり減ってしまうことで起こる疾患です。
原因としては加齢、運動などによる長期の関節への負担のほかに過去の損傷や関節の形態異常などが挙げられています。
症状には髄膜炎による関節痛や関節水症があり、病状が進行すると軟骨周辺の組織の変形や機能障害が引き起こされます。

 

他の商品との比較

リアクチン-100 SRは有効成分をジクロフェナクナトリウムし、シクロオキシゲナーゼ(COX)阻害作用を持つ非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)です。
非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)とは抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用のある薬剤の総称で、基本的にステロイドではない抗炎症薬を指しています。

一般にシクロオキシゲナーゼ(COX)阻害薬とは胃壁保護作用をもつシクロオキシナーゼ1(COX-1)までも阻害するため、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを発現させる可能性があります。
有効成分のジクロフェナクナトリウムは択的シクロオキシナーゼ2(COX-2)阻害薬ではありませんが、他のNSAIDsと比較して、比較的シクロオキシナーゼ2(COX-2)阻害作用が強いとされて

またリアクチン-100 SRは徐放性のため薬効成分であるジクロフェナクナトリウムが体内で徐々に、そして継続的に効力を発揮し、長時間に渡って痛みを緩和する作用があります。

リアクチン-100 SRと同じくジクロフェナクナトリウムを主成分とした薬には次のものがあります。
サンナックス(三恵薬品)、チカタレン(イセイ)、ヨウフェナック(陽進堂)、アデフロニック(大洋薬品)、ソレルモン(東和薬品)、イリナトロン(辰巳化学)、ソファリン(日本ケミファ)など

 

特別な注意

リアクチン-100 SRを服用の際は、以下について充分ご注意ください。
ジクロフェナクナトリウム製剤を服用後にライ症候群を発症したとの報告があります。またサリチル酸系医薬品とライ症候群との関連性を示す海外の疫学調査報告があります。小児のウイルス性疾患の患者にリアクチン-100 SRを服用させないことを原則としますが、万一服用させる場合は症状に充分注意してください。

リアクチン-100 SRによる治療は原因療法ではなく、対症療法であることに留意してください。

症状や副作用に発現に充分留意してください。過度の体温下降、虚脱、四肢冷却などが現れることがあるので、特に高熱を伴う小児および高齢者、消耗性疾患のある人については、服用後の状態に充分注意してください。

重篤な肝障害が現れることがあります。連用する場合は定期的に肝機能検査を受けることが望ましいとされています。また肝障害に先行して、あるいは同時に急激な意識障害が現れることがあります。

関節リウマチ、変形性関節症などの慢性疾患に対してリアクチン-100 SRを服用する場合は、次の点を考慮してください。
・長期服用する場合は、定期的に尿検査、血液検査、肝機能検査などの臨床検査を受けてください。
・薬物療法以外の療法も考慮してください。

急性疾患に対してボルタリンを服用する場合は、次の点を考慮してください。
・急性炎症、疼痛、発熱の程度を顧慮して服用してください。
・原則として同一薬剤の服用は避けてください。
・原因療法がある場合は、そちらを優先してください。

感染症を不顕性化するおそれがありますので、感染による炎症に対してリアクチン-100 SRを服用する場合は、適切な抗菌剤を併用し、症状に充分注意してください。

ほかの消炎鎮痛剤との併用は可能な限り避けてください。

リアクチン-100 SR服用中は、眠気、めまい、霧視などの症状が現れることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械操作をする際は、充分に注意してください。

高齢者: 副作用が出やすいため、少量から服用を開始するなど、症状に充分ご注意ください。

妊婦、産婦、授乳婦: 妊婦または妊娠している可能性がある場合は服用しないでください。
またリアクチン-100 SRの成分が母乳に移行することが報告されているので、服用中の授乳は避けてください。

 

他の薬との併用

以下の薬を服用している場合、リアクチン-100 SRを絶対に服用しないでください。
・トリアムテレン(トリテレン): 急性腎不全が発症することがあります。

以下の薬を服用している場合、ボルタリンの服用には充分に注意してください。
・ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシンなど): けいれんを起こすおそれがあります。
リチウム、強心配糖体(ジゴキシンなど)、メトトレキサート: これらの薬剤の血中濃度を高め、作用を増強することがあります。
・アスピリン: 相互に作用が減弱することがあります。また消化系の副作用を増強させるおそれがあります。
・非ステロイド性消炎鎮痛剤: 相互に胃腸障害などが増強されることがあります。
・副腎皮質ステロイド剤(プレドニゾロンなど): 相互に副作用、特に腎臓障害などが増強されることがあります。
・降圧剤(β-遮断剤、ACE阻害剤など): 降圧作用を減弱することがあります。
・利尿剤(ヒドロクロロチアジド、フロセミドなど): これら薬剤の作用を減弱させることがあります。
・抗凝血剤および抗血小板薬(ワルファリン、レビパリン、クロピドグレル): 出血の危険性が増大することがあります。
・シクロスポリン: 腎障害を増強することがあります。
・コレスチラミン: リアクチン-100 SRの血中濃度が低下するおそれがあります。
・選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)(フルボキサミン、バロキセチン): 消化管出血が現れることがあります。

 

誤って大量に服用した場合

速やかに医師または薬剤師に相談してください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときに、できるだけ早めに服用してください。
1日2回服用の患者で同日中に2回目の服用が必要な場合は、次の服用までに可能であれば12時間(少なくとも6時間)開けて服用してください。

 

副作用

リアクチン-100 SRを服用する場合、以下の副作用が起きることがあります。

小腸・大腸の潰瘍または狭窄、出血性大腸炎、クローン病または潰瘍性大腸炎の悪化、膵炎、食道障害、胃炎、食欲不振、悪心・嘔吐、胃痛、腹痛、下痢、口内炎、消化性潰瘍、胃腸出血、口渇、便秘、吐血、下血、血小板機能低下(出血時間の延長)、貧血、出血傾向、黄だん、肝障害、AST(GOT)、ALT(GPT)上昇、光線過敏症、多形紅斑、紫斑、そう痒症、喘息発作、アレルギー性紫斑、血管浮腫、じんましん、顔面浮腫、神経過敏、振戦、錯乱、幻覚、けいれん、抑うつ、不安、記憶障害、頭痛、眠気、めまい、不眠、しびれ、聴覚障害、視覚異常(霧視など)、耳鳴、味覚障害、頻脈、血圧上昇、血圧低下、動悸、脱毛、発熱、胸痛、血管炎、浮腫、全身倦怠感、発汗など。

リアクチン-100 SRを服用する場合、以下の重大な副作用が起きることがあります。
・ショック(胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢冷却、血圧低下、意識障害など)、アナフィキラシー様症状(じんましん、血管浮腫、呼吸困難など)
・出血性ショックまたは穿孔を伴う消化潰瘍
・再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少
・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮壊死症(ライエル症候群)、紅皮症(剥脱性皮膚炎)
・急性腎不全(間質性腎炎、腎乳頭壊死など)、乏尿、血尿、尿たんぱく、BUN・クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症など、ネフローゼ症候群
重症喘息発作(アスピリン喘息)
・間質性肺炎
うっ血性心不全、心筋梗塞
・無菌性髄膜炎(項部硬直、発熱、悪心・嘔吐、意識混濁など)
重篤な肝障害(劇症肝炎、広範な肝壊死など) ・急性脳症
・横紋筋融解症(急激な腎機能悪化を伴うことがあります)
・脳血管障害 など

以下の症状が出た場合は、薬剤師または医師に相談してください。

嫌悪・吐き気を伴う胃の不快感、嘔吐、胸やけ、消化不良、腹痛、食欲不振、便秘、下痢、胃痛、めまい、眠気、不眠、見当識障害、耳鳴、落ち込み、不安感、ふるえ、頭痛、口や舌の渇き、脱毛など

以下の症状が出た場合は、すぐに薬剤師または医師に相談してください。

激しい胃痛、熱、のどの痛み、頻繁な出血、皮膚の紅斑・紫斑、貧血、動悸、尿色の変化、血尿、排尿回数の変化、排尿時の痛み、肝障害(倦怠感、皮膚のかゆみ、黄だんなど)、体重増加、足のむくみ、眼のかすみ、激しいめまい、激しい頭痛、手や足のひりひり感、難聴など

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-03-18
パラセタモールは変形性関節症患者における臨床効果の最低水準に達せず(【News-Medical】より) - 変形性関節症に対する鎮痛薬の大規模解析において、膝と股関節に変形性関節症を持つ患者の疼痛緩和や身体機能の改善に、パラセタモールが臨床効果の最低水準に達していないことを研究者たちが発見した。パラセタモールは.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-11-30
関節炎の痛み:手術前に試したい3つの新規治療法(Caring.comより) - 関節炎患者は、慢性痛と共に生活するか、手術を受けるかの迷う2択を迫られがちである。実際のところ関節炎の痛みは、18歳以上のアメリカ人における身体障害の主因となっており、50歳を超える全成人の半数に認められる.... 続きを読む

2011-11-08
関節炎のためにできること(フィリピン・スターより) - >研究者らの推定では、生涯の間に全成人の半数と肥満成人の3分の2が、膝の関節炎を発症することになる。一方、その発生数は増加しているうえに、かなりの痛みと能力障害を引き起こすものであるにもかかわらず、治療は依然として挫折感や混乱を招ねくものである。 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。