その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-06-07

ソース(記事原文):SWNS.com

優れたトマト成分リコピンが「男性の夜間排尿をストップ」

SWNS.com(2013年6月7日)― 「不老不死薬」という異名を持つ優れたトマト成分に、男性の夜間排尿を防ぐという新たな健康上の利益が見出された。

リコピンは、トマトを赤くする抗酸化物質であり、男性における心血管疾患や脳卒中を予防し、前立腺癌を減少させることが明らかにされている。

新たな研究で、リコピンが年齢関連性の前立腺肥大および膀胱内圧を軽減させ、深夜の排尿を阻止することも示された。

この発見は、その他の天然化合物との併用でリコピンの有益性を検討したオーストラリアのクイーンズランド大学(University of Queensland)によるものである。

40~80歳の男性57人が、実薬(リコピン)と、外見上同一のプラセボ(偽薬)を比較する3ヵ月間の試験に参加した。

実薬またはプラセボのどちらを投与しているかは、被験者に知らせないこととした。

深夜トイレに行く回数は3分の1以上減少し、全体の膀胱機能も大幅に改善された。

最近発売されたイギリスの栄養補助食品Ateronon(遺伝子組み替えリコピン含有)の有益性に関する証拠が多数報告されている。

これまで、リコピン含有錠剤Aterononは栄養補助食品規格ではなく医薬品として製造されてきており、心臓の健康を改善することを主な目的としている。

ケンブリッジ大学(Cambridge University)の研究者らが、名高い米国心臓学会(American Heart Association)でAterononに関する研究を発表し、同剤には血管の柔軟性を改善し、動脈硬化を抑制する独特な効果のあることを明らかにした。

ケンブリッジ大学臨床試験専用施設の責任者イーアン・ウィルキンソン(Ian Wilkinson)氏は、同様の有益性が、前立腺癌リスクの低下や既診断の男性における疾患進行の予防においても、今後示されることになると確信しているという。

ウィルキンソン氏は「リコピン含有錠剤Aterononは体内に吸収されやすい点から天然リコピンよりも前立腺治療薬としての有益性が高い可能性があると考えている」と語った。

「それを証明するための試験を計画しているところである」

同大学の臨床・分子総合医学センター責任者ルイス・ビエッタ(Luis Vitetta)氏は、 その他の「栄養補助食品」(薬効成分を持つ天然化合物)もまた、良性前立腺肥大(BPH)の症状を軽減させるような薬効に関与しうると考えている。

同氏は「効果を得られる理由は、リコピンが前立腺肥大の主な治療薬フィナステリドと同様の化学構造を持っていることにあると考えられる」と語った。

シカゴのイリノイ大学(University of Illinois)によって新たに発表された2件目の研究で、効果をもたらす前立腺細胞中タンパク質の活性が、リコピン投与時に増強することが明らかにされた。

シカゴの研究チームを率いるリチャード・ヴァン・ブリーメン(Richard van Breemen)氏は「10年間の多施設共同試験でリコピンの有益性が実際に裏付けられるのを見てみたい」としている。

「私は1989年からリコピンを研究しているが、癌予防については関心が今一つ集まっていない」

「リコピンの効果は、迅速でもなければ、劇的でもなく、効き目を示すには長期試験が必要とされる」


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- メネビット/メンエビット  (30錠) 5340 円

- プロスタタン (60カプセル) 3900 円

- ルテイン・ビジョン(ルテインエステル/セレニウム(セレン))(60カプセル) (60カプセル) 15420 円

- リコセレン・プロ(亜鉛/リコピン/セレン)(36カプセル) (36カプセル) 12490 円