リピカード (フェノフィブラート) 160mg 

440 円!! 悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増加!高脂血症(脂質異常症)の症状を総合的に改善します!

Lipicard (Fenofibrate) - 160mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:440 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

フェノフィブラート(Fenofibrate)

 

製造国

インド

 

製造元

USV Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日1回1錠を食後に経口服用してください。

 

商品詳細

リピカード160mgは、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症など、脂質異常症(高脂血症)のうち、血液中の脂質が高い場合の症状を改善する薬です。

日本人の死亡原因のトップはがんで、心臓病、脳卒中と続きます。
このうち心臓病と脳卒中の原因はほとんどが動脈硬化によるもので、この動脈硬化を引き起こす原因のひとつに脂質異常症があり、血液中のコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)が異常値を示す疾病です。
コレステロールは、ホルモンやビタミン、細胞膜などの材料となる脂肪分で、その約8割は肝臓などで作られ、残りは食べ物から摂取されます。
またコレステロールには2種類あり、ひとつは肝臓から血流に乗って全身に送られるLDLコレステロールで、血管壁に付着して動脈硬化などを引き起こす原因ともなるために、別名、悪玉コレステロールと呼ばれます。
一方、善玉コレステロールと呼ばれているHDLコレステロールは、余分なコレステロールを体の各部分から取り除き、再び肝臓に送る働きをするほか、LDLコレステロールの酸化を防ぐために動脈硬化の防止もしています。
トリグリセライドは食事から補給され、主に心臓や心血管系の筋肉エネルギーとして使用されるほか、臓器を衝撃から守る、体温を一定に保つなどの働きを持つ脂肪分で、余った場合は皮下や腸管膜の脂肪細胞に蓄積されてエネルギーが不足した場合に使われます。
実際に動脈硬化を引き起こすのはコレステロールですが、トリグリセライドが増え過ぎるとHDLコレステロールが減りLDLコレステロールが増えることにより動脈硬化を引き起こす原因となるため、トリグリセライドも脂質異常症の発生に深く関わっています。

脂質異常症になる主な原因は食べ過ぎ、飲み過ぎといった食習慣、運動不足、肥満、ストレスなどがあり、遺伝的な要素が関係していることもあります。
また脂質異常症や動脈硬化には自覚症状がまったくなく、心臓病や脳の発作が起きてから初めて気づく場合がほとんどのため、食生活などの生活環境に注意し、定期的にコレステロール値の検査をするなど、日ごろから心がけることが唯一の予防、早期発見の方法とされています。

日本動脈硬化学会のガイドラインにより、脂質異常症の治療は食事療法を基本とし、症状の改善が見られない場合は薬物療法を併用するのが一般的です。
基本的には悪玉コレステロールであるLDLコレステロール値を下げる薬が中心となりますが、最近では善玉コレステロールのHDLコレステロール値が低くなりすぎてもよくないことがわかったため、LDLコレステロールを下げつつHDLコレステロールを服用する場合もあります。さらにトリグリセライドを下げる作用の薬が使われることもあります。

リピカード160mgの有効成分であるフェノフィブラートは総合的に脂質代謝を改善する薬剤であり、強力な中性脂肪(トリグリセライド)の低下作用、HDL コレステロールの上昇作用とともに、総コレステロール、LDLコレステロールの低下作用も併せ持つ画期的な薬です。
LDLコレステロールの低下率18-25%、HDLコレステロール増加率35-36%、トリグリセライド低下率40-48%、総コレステロール低下率12-17%と、脂質異常症に対してすぐれた作用を発揮します。

 

他の商品との比較

世界90ヵ国以上で発売されており、豊富な臨床経験が蓄積されています。

高尿酸血症や糖尿病を合併する脂質異常も改善します。

レーザー治療を要する糖尿病性網膜症の発症率が有意に低下していた。

フェノフィブラートを有効成分とする商品は、日本ではトライコア(帝人ファーマ)、フェノフィブラート(日医工)、リピディル(科研製薬、武田製薬)の名前で販売されています。

また海外ではAnkebin、Antara、Elasterate、Elasterin、Fenobrate、Fenogal、Fenotard、Lipanthyl、Lipantil、Lipidex、Lipidil、Lipifen、Lipirex、Lipoclar、Lipofene、Liposit、Lipsin、Lofibra、Luxacor、Nolipax、Procetofen、Proctofene、Protolipan、Secalip、Sedufen、Tricor、Triglideなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

以下の場合、リピカード160mgを絶対に服用しないでください。

・リピカード160mgの成分に対して過敏症の既往歴のある人

・肝障害のある人: 肝障害を悪化させることがあります。

・中等度以上の腎機能障害のある人(目安として血清クレアチニン値が2.5mg/dL以上): 横紋筋融解症が現われることがあります。

・胆のう疾患のある人: 胆石形成が報告されています。

・妊婦または妊娠している可能性のある人、授乳婦

以下の場合、服用しないことを原則としますが、特に必要とする場合には慎重に服用してください。

・腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる人で、リピカード160mgとHMG-CoA還元酵素阻害薬を併用する場合には、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ服用してください: 横紋筋融解症が現れやすいとされています。

 

以下の場合、リピカード160mgを慎重に服用してください。

・肝機能検査に異常のある人、または既往歴のある人: 肝機能検査値の異常変動が現われるおそれがあります。

・軽度な腎機能障害のある人(目安として血清クレアチニン値が1.5mg/dL以上2.5mg/dL
未満): 横紋筋融解症が現われることがあります。

・胆石の既往歴のある人: 胆石形成が報告されています。

・HMG- HMG-CoA還元酵素阻害薬(プラバスタチンナトリウム、シンバスタチン、フルバスタチンナトリウムなど)を服用中の人: 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすくなります。

・高齢者: 一般に肝・腎機能が低下していることが多く、また体重が少ない傾向があるなど副作用が発現しやすいので、少量から服用を開始するなど充分に注意してください。またスルホニル尿素系血糖降下薬(グリベンクラミドなど)との併用により低血糖症(冷汗、強い空腹感、動悸など)が現われるとの報告があります。

【重要な基本的注意】

・服用の前に充分な検査を実施し、高脂血症の診断が確立した人のみ服用を考慮してください。

・あらかじめ高脂血症の基本である食事療法を行ない、さらに運動療法や高血圧、喫煙などの虚血性心疾患のリスクファクターの軽減なども充分に考慮してください。

・服用中は血清脂質値を定期的に検査し、リピカード160mgの効果が認められない場合には漫然と服用せず、中止してください。

・肝障害を悪化させることがあるので、肝障害のある人は服用しないでください。

・肝機能検査値の異常変動が現われるおそれがあるので、肝機能検査に異常のある人または肝障害の既往歴のある人は慎重に服用してください。

・AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、LDH、Al-Pの上昇、黄だん、肝炎が現われることがあるので、肝機能検査は服用開始3ヵ月後までは毎月、その後は3ヵ月ごとに行なってください。

【効能・効果に関連する使用上の注意】

・総コレステロールのみが高い高脂血症(IIa型)に対し、第一選択薬としないでください。

・カイロミクロンが高い高脂血症(I型)に対する効果は検討されていません。

 

小児などに対する安全性は確立していません。

リピカード160mgは空腹時に服用すると吸収が悪くなるため食後に服用してください。

外国における「軽度の脂質代謝異常を有する2型糖尿病患者」を対象とした無作為化試験の結果、フェノフィブラートを服用した人は、すい炎および静脈血栓塞栓症の危険性がそうでない人と比較して高くなるとの報告があります。

 

他の薬との併用

リピカード160mgは原則として以下の薬剤と併用しないでください。治療上やむを得ないと判断される場合にのみ慎重に併用してください。

・HMG-CoA還元酵素阻害薬(プラバスタチンナトリウム、シンバスタチン、フルバスタチンナトリウムなど): 急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすくなります。

以下の薬剤とリピカード150mgを併用する場合、充分に注意してください。

・抗凝血剤(ワルファリン): プロトロンピン時間を測定して抗凝血剤の用量を調節し、慎重に服用してください。

・HMG-CoA還元酵素阻害薬(プラバスタチンナトリウム、シンバスタチン、フルバスタチンナトリウムなど): 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)アイソザイム、尿中・血中ミオグロビンの上昇がみられた場合はただちに服用を中止してください。

・スルホニル尿素系血糖降下薬(グリベンクラミド、グリメピリドなど): 低血糖症(冷汗、強い空腹感、動悸など)が現われるとの報告があります。

・陰イオン交換樹脂剤(コレスチラミン): 陰イオン交換樹脂剤服用前1時間あるいは服用後4-6時間以上間隔を空けて服用してください。

・シクロスポリン: 外国において重症の腎機能障害が報告されています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。
次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。2回分を1回に服用することは絶対におやめください。

 

副作用

リピカード160mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

・主な副作用
AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、肝腫大、発疹、そう痒感、じんましん、多形紅斑、脱毛、光線過敏症、口内炎、吐き気、便秘、下痢、食欲不振、心窩部痛、胃部不快感、胸やけ、嘔吐、腹痛、口渇、BUN上昇、クレアチニン上昇、CK(CPK)上昇、脱力感、筋肉痛、筋けいれん、貧血(赤血球減少、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット値減少)白血球増多、白血球減少、好酸球増多、血小板減少、血小板増加、頭痛、めまい、ふらつき、胆石症、胆のう炎、むくみ、発熱、勃起障害、頻尿、全身倦怠感、抗核抗体陽性、腫賑、動悸、下肢痛、しびれ痛、味覚異常、ほてり

・極稀に起こる重篤な副作用
横紋筋融解症、肝障害、すい炎

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-12-01
フェノフィブラートはPPARαを介した糖尿病性網膜症に有効(ニュース・メディカルより)― フェノフィブラートが糖尿病性網膜症を防ぐ理由を説明する研究が、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)αが網膜周皮細胞の保護効果を発揮するからだと示している。研究著者である馬建興(Jian-xing Ma) (University of Oklahoma Health Sciences Center, Oklahoma City.... 続きを読む

2014-08-18
フェノフィブラートは糖尿病の男性同様、女性にも有効(メッドスケープより)― FIELD試験(糖尿病におけるフェノフィブラート治療によるイベント減少を検討する試験)の新たな解析で、脂質低下療法の効果は男性と同様に女性においても認められることが明らかにされた。研究者らによれば、先に行われ.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-01-31
腎機能障害を有する糖尿病患者に対するフェノフィブラートは安全であると判明(ドクターズ・ラウンジより) ― フェノフィブラートの長期的連日投与は、中等度の腎機能障害を有する2型糖尿病患者に有益であるほか、軽度腎機能障害を有する患者と比較して薬剤関連の安全性に関する懸念事項は増加しないことが、糖尿病ケア(Diabetes Care)誌2月号に.... 続きを読む

2011-11-12
中性脂肪の増加に対する治療(クリニカル・アドバイザーより) - トリグリセリド(中性脂肪)が、男性よりも女性における心血管疾患(CVD)リスクの重大な指標であるなら、LDL(低密度リポタンパク質)が正常値であっても治療すべきですか? その場合に用いる最適な薬は何.... 続きを読む

2011-08-24
ナイアシンとフェノフィブラートの併用投与とともに、生活習慣の見直しをおこなうことがHIV患者に有益(エンドクリントゥデイより) - 抗レトロウイルス療法を受けているHIV(ヒト免疫不全ウイルス)患者において、定期的運動と低飽和脂肪食を加えたナイアシンおよびフェノフィブラートの治療を行ったところ、HDL(高比重リポタンパク質)値と.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。