ルテイン・ビジョン(ルテインエステル/セレニウム(セレン))(60カプセル)

15420 円!! 強力な抗酸化作用を持つ物質を2種類配合!ブルーライトや紫外線などの活性酸素が原因で起こる加齢黄斑変性を予防します!日頃の目の健康や美白にも効果が期待できるサプリメント!

Lutein Vision(Lutein esters/Selenium)(60 Capsules)

■ 60カプセル

価格:15420 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

リコピン(Lycopene)

セレニウム(セレン)(Selenium)

 

製造国

オーストラリア

 

製造元

Blackmores

 

使用量

成人

1回1錠を1日3回食事と共に経口服用、または専門家から指示されたとおりに服用します。


子供(12歳未満)

服用は推奨されていません。


 

商品詳細

ルテイン・ビジョンは、主に目の健康と加齢黄斑変性の改善のためのサプリメントです。


加齢黄斑変性は加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、視野の中心部分が暗くなったり、物がゆがんで見える病気です。50代の約1パーセントにみられ、60-70代ではもっとも多い目の病気のひとつであり、近年では失明原因の第4位にもなっています。


黄斑変性症には大きく分けて2つのタイプがあり、そのひとつが滲出型の黄斑変性症です。これは、眼の網膜にある毛細血管が何らかの原因で詰まることで起こります。毛細血管が詰まると、血流が悪くなるために酸素と栄養が不足し、それを補おうと新生血管と呼ばれる血管をつくり出します。しかし新生血管は、ほかの血管と比べて壁が薄くて破れやすく、ここから流れ出た血が網膜へと流れ込んで腫れを生じさせることで視力が低下します。

また、もうひとつは萎縮型と呼ばれる黄斑変性症です。網膜の細胞が加齢により変性し、老廃物が蓄積して栄養不足に陥り、徐々に萎縮することが原因です。進行が緩やかで、症状に気付きにくいのが特徴で、場合によっては新生血管が発生し、滲出型に移行することもあります。


黄斑変性症になる原因はさまざまですが、そのひとつに活性酸素があります。黄斑部は、視野の中央に見える像を識別する部分で、網膜のほかの部分よりも解像度や色の識別などの視機能が特にすぐれているため、代謝が活発な組織のひとつです。また活性酸素も多くつくられています。

通常、黄斑部の活性酸素は抗酸化物質により除去されますが、さまざまな理由により除去が追いつかなくなると少しずつ蓄積し、その結果として黄斑変性症を引き起こします。活性酸素は太陽光、飲酒や喫煙、亜鉛不足などによって増えるほか、加齢により抗酸化物質が減少することでも勢力が強まります。


この活性酸素に対して、強い抗酸化作用を示す物質のひとつがルテインです。ルテインはカロテノイドの一種で、食べ物ではホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれ、また人間においては、目の黄斑部、水晶体、硝子体、角膜のほか腸や子宮頚部組織、乳房などに蓄積されています。特に目に対しては、有害な光による活性酸素から守る働きがあり、加齢黄斑変性をはじめ、白内障の予防や改善、炎症の抑制といった眼のトラブルを予防するためにも必要不可欠な物質です。

このように体内に存在しているルテインですが、体内では合成することができず、また加齢と共にその量は減少していきます。そのため、健康的な体や目を維持するためには食べ物やサプリメントから補う必要があります。


ルテイン・ビジョンは、失われていくルテインの補給に最適なサプリメントです。1カプセル中に、1日に必要な摂取量といわれるルテイン6mg相当が含まれており、毎日摂取することで減少していくルテインを補い、目の健康保持はもちろんのこと、美肌効果も期待できます。

ルテインのほかにも、ルテイン・ビジョンには高い抗酸化力を持つセレニウムも配合されています。セレニウムの抗酸化作用はビタミンEの100倍とも言われ、がんや更年期障害の予防のほか、生殖、甲状腺ホルモン代謝、DNA合成などに対しても有用で、老化や成人病防止にも効果があるとされています。ルテインとセレニウムといった2つの物質の抗酸化作用により、ルテイン・ビジョンは毎日の目の健康のために欠かせないサプリメントになっています。


 

他の商品との比較

目の健康を維持し、加齢黄斑変性の改善に役立ちます。


黄斑色素密度を上昇させます。


鮮明な視界を維持します。


1日1回で服用しやすい


 

特別な注意

【禁忌】

・ルテイン・ビジョンの成分に対して過敏症の既往歴のある人


【服用上の注意】

・定められた用量をお守りください。

・継続した摂取が推奨されています。


 

他の薬との併用

ルテイン・ビジョンとほかの薬剤との併用に関する注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。 問題ありません。

 

副作用

ルテイン・ビジョン服用による副作用は特に報告されていませんが、ごくまれに以下の症状がみられることがあります。


目のかゆみ、腫れ


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-07-10
食事から摂るリコピンでがん予防や免疫力アップの見込み(WCPOより)― がんの予防には、夕食でピザやスパゲティを食べるという簡単なことが小さな一歩になるかもしれません。トマトに含まれているリコピンはフリーラジカルと闘う抗酸化物質です。ワシントンD.C.にある非営利団体「TPC(The Physicians.... 続きを読む

2014-02-01
抗癌作用を持つ素晴らしい天然色素リコピン(ダッカ・トリビューンより) - リコピンの最も濃縮された食物源はトマトである。リコピンとは特定の果実や野菜の赤色の元となる色素の一種でカロテノイドのことである。リコピンには強力な抗酸化作用もあり、DNAやその他の脆弱な細胞構造に損傷を与.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-07
優れたトマト成分リコピンが「男性の夜間排尿をストップ」(SWNS.comより) - 「不老不死薬」という異名を持つ優れたトマト成分に、男性の夜間排尿を防ぐという新たな健康上の利益が見出された。リコピンは、トマトを赤くする抗酸化物質であり、男性における心血管疾患や脳卒中を予防し、前立腺.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-08
オレンジ・赤・黄色の食物を食べることで乳がんを予防(エブリデイ・ヘルスより) - カロテノイドとは、特定の食物をオレンジ、赤、黄色に色づける栄養素のことであり、乳がんのリスク低下に関連していることが新たな研究で示された。2012年12月10日月曜日 米国国立がん研究所(NCI)の学術機関誌(Journal of the National Cancer Institute).... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-01-23
リコピン摂取は心疾患リスク低下に関連(ナチュラル・スタンダードより) - リコピン摂取が心疾患リスク低下に関連している可能性のあることが、新たな研究で示唆された。リコピンとは、人の血清中や皮膚内、それに肝臓、副腎、肺、前立腺、および結腸内に存在するカロテノイドのことである。.... 続きを読む

2012-12-11
リコピンとは何でしょう?(モスクワ・ヴィレジャーより) - リコピンは黄色やオレンジ色、赤色の果物や野菜に存在するカロテノイドです。米国国立医学図書館は「カロテノイドは植物によって合成され、様々な果物や野菜の鮮やかな色の素となる天然色素である」と記載しています.... 続きを読む

2011-10-19
厄介な6つの皮膚疾患の解決策(Peace FMオンラインより) - 「厚化粧で隠す」、「ローションを塗る」、「痒み」、「引っ掻き傷」などの言葉に馴染みがありますか? お肌のトラブルは20代で終わりを迎えることはありません。蛇のように脱皮して出直せたらと願っている方々の.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。