ルマシップ・プラス(フルオシノロンアセトニド/ハイドロキノン/トレチノイン)0.01%/4%/0.05%w/w

2260 円!! 3種類の成分の相乗効果により皮膚の色素沈着を効果的に改善!特に肝斑に対する作用は数々の論文で発表済み!シミ、肝斑、ソバカス、老人性色素斑などでお悩みの人に最適なシミ取りクリームです!

Lumacip Plus (Flucinolone Acetonide/Hydroquinone/Tretinoin) - 0.01%/4%/0.05%w/w (15g)

■ 15gチューブ

価格:2260 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

フルオシノロンアセトニド(Flucinolone Acetonide)

ハイドロキノン/ヒドロキノン(Hydroquinone)

トレチノイン/レチノイン酸/レチン酸(Tretinoin/Retinoic acid)

 

同一成分含有商品

白肌キープセット(SPA 30PA++) 3000 円
UV cut set 30PA

白肌キープセット(SPF 50PA++) 3250 円
UV cut set 50PA

レチン - Aクリーム 0.05% 20g (20gチューブ) 4350 円
Retin-A Cream (Tretinoin) - 500mcg (20g Tube)

レチノ・エー・クリーム(トレチノイン)0.025% (20gチューブ) 1160 円
Retino-A Cream (Tretinoin) - 0.025% (20g Tube)

レチノ・エー・クリーム(トレチノイン)0.05% (20gチューブ) 1780 円
Retino-A Cream (Tretinoin) - 0.05% (20g Tube)

レチン - Aマイクロジェル(トレチノイン) 0.1% 45g (45gチューブ) 21710 円
Retin-A Micro Gel (Tretinion) - 0.1% (45g Tube)

メラノーム 4% 30gm (30gmチューブ) 1430 円
Melanorm Cream (Hydroquinone) - 4% (30g Tube)

メラノーム・エイチシー(ハイドロキノン/ヒドロキノン/トレチノイン/レチノイン酸/レチン酸/ヒドロコルチゾン/コルチゾール)(15gチューブ) (15gmチューブ) 1160 円
Melanorm-HC Cream (Hydroquinone Acetate & Tretinoin) - 2% (15g Tube)

ユークロマ 4% 20gm (20gmチューブ) 1070 円
Eukroma Cream (Hydroquinone) - 4% (20g Tube)

ユークロマ・プラス(ハイドロキノン(ヒドロキノン)/トレチノイン/フランカルボン酸モメタゾン)(15g) (15gmチューブ) 1340 円
Eukroma-Plus Cream (Hydroquinone Acetate/Tretinoin/Mometasone Furoate)  (15g Tube)

レチン - Aクリーム 0.1% 30g (30gチューブ) 8590 円
Retin A Cream (Tretinoin) - 0.1% (30g Tube)

スティーバ・Aクリーム (トレチノイン) 0.025% (25gチューブ) 2060 円
Stieva-A Cream (Tretinoin) - 0.025% (25g)

スティーバ・Aクリーム (トレチノイン) 0.01% (25gチューブ) 1780 円
Stieva-A Cream (Tretinoin) - 0.01% (25g)

スティーバ・Aクリーム (トレチノイン) 0.05% (25gチューブ) 2600 円
Stieva-A Cream (Tretinoin) - 0.05% (25g)

スティーバ・Aフォルテ・クリーム (トレチノイン) 0.1% (25gチューブ) 2950 円
Stieva-A Forte Cream (Tretinoin) - 0.1% (25g)

シャルトップ(ミノキシジル/トレチノイン)3%/0.025% (50mLボトル) 2060 円
Shaltop Solution (Minoxidil/Tretinoin) - 3%/0.025% (50mL)

エー・レット・ジェル(トレチノイン)0.1%  (20gチューブ) 1160 円
A-Ret Gel 0.1% (Tretinoin) - 0.1% (20gm Tube)

メラケア(ハイドロキノン(ヒドロキノン)/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1%  (15gチューブ) 1520 円
Melacare Cream (Hydroquinone/Tretinoin/Mometasone) - 2%/0.025%/0.1% (15gm Tube)

ユークロマ・ライト(ハイドロキノン)2% (20gチューブ ) 840 円
Eukroma-Lite (Hydroquinone) - 2% (20g)

シャルトップA(ミノキシジル/トレチノイン/アゼライン酸)2%/0.025%/1.5% (60mlボトル) 2680 円
Shaltop-A Solution (Minoxidil/Tretinoin/Azelaic Acid) - 2%/0.025%/1.5% (60mL)

メラケア(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (20g) (20gチューブ) 1520 円
Melacare Cream (Hydroquinone/Tretinoin/Mometasone Furoate) - 2%/0.025%/0.1% (20g)

ユークロマ・エス・ジー(ハイドロキノン/メトキシけい皮酸オクチル/オキシベンゾン)2%/5%/3% (20gチューブ) 1230 円
Eukroma-SG (Hydroquinone/Octyl Methoxycinnamate/Oxybenzone) - 2%/5%/3% (20g)

コスメライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (15gチューブ) 1250 円
Cosmelite Cream (Hydroquinone/Tretinoin/Mometasone Furoate) - 2%w/w/0.025%w/w/0.1%w/v (15g)

コスメライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (20g) (20gチューブ) 1650 円
Cosmelite Cream (Hydroquinone/Tretinoin/Mometasone Furoate) - 2%w/w/0.025%w/w/0.1%w/v (20g)

グローライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1%  (20gチューブ) 1460 円
Glowlite Cream (Mometasone Furoate/Hydroquinone/Tretinoin) - 0.1%/2%/0.025% (20g)

トレチン・クリーム(トレチノイン)0.025% (30gチューブ) 1400 円
Tretin Cream (Tretinoin) - 0.025% (30g Tube)

トレチン・クリーム(トレチノイン)0.05% (30gチューブ) 1950 円
Tretin Cream (Tretinoin) - 0.05% (30g Tube)

ルマシップ・プラス(フルオシノロンアセトニド/ハイドロキノン/トレチノイン)0.01%/4%/0.05%w/w  (15gチューブ) 2260 円
Lumacip Plus (Flucinolone Acetonide/Hydroquinone/Tretinoin) - 0.01%/4%/0.05%w/w (15g)

エー・レット・エイチシー(ハイドロキノン/トレチノイン/酢酸ヒドロコルチゾン) (15gチューブ) 890 円
A Ret HC (Hydroquinone/Tretinoin/Hydrocortisone Acetate) - 2%/0.05%/1% (15g)

メラロングクリーム(メキノール/トレチノイン)2%/0.01% (15gチューブ) 1480 円
Melalong Cream (Mequinol/Tretinoin) - 2%/0.01% (15g)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

就寝の30分以上前に適量(小豆大以下)を患部に薄く塗布し、軽く擦り込みます。
塗布前は顔をやさしく洗って、水分をしっかり拭き取ります。
塗布部分は絶対に覆わないでください。

使用開始後約4週間で効果が出現しますが、8週間以上は使用しないでください。

日中はSPF30以上の日焼け止めを使用し、また患部に日光が当たらないようにしっかりカバーしてください。

 

商品詳細

ルマシップ・プラスは、3つの成分の相乗効果により、シミ、肝斑、ソバカス、老人性色素斑をはじめ、メラニン色素の沈着を徐々に薄くするためのクリームです。

人間の皮膚は、深層区画である真皮と表面区画である表皮の2区画で構成されています。このうち真皮は線維芽細胞とコラーゲン、エラスチンなどの物質で構成され、表皮に堅固な支持体を提供するだけでなく、その栄養要素にもなります。一方の表皮は外部環境に接しており、ケラチノサイト、メラノサイトおよびランゲルハンス細胞から構成されます。その役割は、それが化学的、機械的、物理的、または伝染性の攻撃であろうとも、脱水および外部攻撃から体を防御することですが、遺伝的影響と合わせてこれらの攻撃が生涯にわたって蓄積すると、皮膚の老化に繋がります。

皮膚の老化には、時間の経過による内因性と、日光への曝露の結果である光老化という2つの異なる現象があります。このうち内因性は、小じわ、たるみ、かさかさした外見をもたらし、場合によっては良性腫瘍を伴うこともあります。また皮膚の光老化は通常、顔、手の甲および前腕、襟足など日光に当たる部分で見られ、その程度や症状は、紫外線への累積的曝露およびそれ対する個人の対処によって決定されます。一般的に肌あれ、光線性角化症、日光弾力線維症、しわ(小じわおよび深いしわ)、毛細血管拡張症、斑状色素沈着過剰または日光黒子およびそばかすなどの症状があり、黒皮症とは異なります。

ルマシップ・プラスは、3種類の有効成分の働きでシワやシミなどを目立たなくさせる作用を持つ薬用クリームです。ひとつめの有効成分であるハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分で、メラニン色素を生成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑制し、メラニン色素を作るメラノサイトという細胞の数を減らす働きがあることから、肌の漂白剤とも呼ばれている強力な美白成分です。同様の効果を持つビタミンC誘導体やアルブチン、油溶性甘草エキスなどよりもさらに強いメラニン抑制作用があり、その美白効果はアルブチンの100倍とも言われているほか、既にできたシワやシミを薄くする作用も持ち合わせています。
続くもうひとつの有効成分であるトレチノインは、ハイドロキノンが持つ皮膚の漂白効果をより高めるとされています。トレチノインは表皮角化細胞の増殖を促進するとともに、角質を薄くしてはがれやすくする作用があるため、ニキビの治療によく使用されている成分でもあります。通常の約2倍の速さで皮膚の再生を促して表皮細胞を活発に増殖させることから、古い角質と一緒にはがれ落ちることでシミを目立たなくし、またシワを薄くする効果も期待されています。 その効果は比較的強く、塗布後数日以内に皮膚が乾燥して角質がボロボロとはがれ落ち、皮膚に赤みやかゆみ、刺激感を感じることもあります。しかし、これらは副作用ではなく好転反応です。
3剤めのフルオシノロンアセトニドは抗炎症作用を有する合成副腎ホルモン剤で、ハイドロキノンおよびトレチノインにより起こる肌の赤みやターンオーバー促進によるカサカサなどの炎症を抑える作用を持っています。

なお、過去の80本の文献をまとめた2013年の論文で、ルマシップ・プラスに含まれるこれらの3剤の組み合わせが、肝斑に対してもっとも効果が高かったことが発表されています。

 

他の商品との比較

メラニン色素の生成を抑えるハイドロキノン、肌の再生を促進するトレチノインを配合した薬にはメラノームHCやユークロマプラスなどがありますが、ルマシップ・プラスはさらに副腎皮質ホルモンを加えることにより使用による炎症を抑え、多方面からのアプローチでシミを治療することが可能です。

 

特別な注意

以下の場合、ルマシップ・プラスを絶対に使用しないでください。
・ルマシップ・プラスの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・妊婦および妊娠している可能性の高い人
・12歳以下の子供

【使用上の注意】
・例え太陽が出ていなくても、外出時は必ずSPF30以上の日焼け止めを使用してください。
・ルマシップ・プラスの塗布部は、帽子や長袖などで日光が当たらないようにしてください。
・日焼けマシンなど人工の紫外線に当たらないようにしてください。
・収斂剤、アルコール含有製品、石鹸、香辛料、ライム、シャンプーなど皮膚を刺激し、乾燥作用のある製品は使用しないでください。
・目、鼻、口などの近くには塗布しないでください。
・医師に指示された用法を厳守してください。
・塗布した部分を布などで覆わないでください。
・日中は洗顔後に保湿剤などを使用できます。
・授乳中の人は使用前に医師に相談してください。
・異常を感じたときはただちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。

 

他の薬との併用

ルマシップ・プラスとほかの薬剤を併用する場合は、事前に医師または薬剤師に相談してください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

ルマシップ・プラスを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
肌の乾燥、鼻傍および眼窩下周囲のひび割れ、紅斑、刺痛、毛包の水ぶくれ、皮膚の薄化、皮膚のかゆみ・灼熱感

●極稀に起こる副作用
過敏反応(部分的接触皮膚炎)

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-10
肝斑に効果がある3剤コンボクリーム(MPRより)― ジャーナル・オブ・コスメティック・ダーマトロジー(Journal of Cosmetic Dermatology)オンライン版で4月6日に発表された研究によると、4%ヒドロキノン、10%グリコール酸、0.01%ヒアルロン酸を含有するクリーム処方が肝斑の治療に非常に効果.... 続きを読む

2014-11-10
スキンケア:ハイドロキノンでニキビの跡をなくし肌をきれいにする方法(INQUISITRより)― スキンケアに関しては、ホルモンニキビや加齢、吹き出物によるシミに対処するハイドロキノンなどの製品を使ってニキビの跡を取り除く方法について、毎月33,000人が情報を検索しています。さて、私は人間モルモットとなり.... 続きを読む

2014-04-23
母体レチノイド値が子の免疫への鍵(メドページ・トゥデイより) - 妊娠中の母体の食餌由来レチノイド量が、成体になってからの二次性リンパ性器官の大きさや、免疫応答の効率をコントロールすることが、マウスの研究で示された。また、妊娠中の母体の栄養状態が子の健康に影響を及ぼ.... 続きを読む

2014-03-31
ビタミンAが前がん細胞を逆転するかもしれない(ラボラトリー・エクイップメントより) - サツマイモやニンジンに豊富に含まれるビタミンAの誘導体はレチノイン酸として知られているが、今月インターナショナル・ジャーナル・オブ・オンコロジー(International Journal of Oncology)で発表された研究によると、レチノイン酸は前が.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-05
科学者ら、レチノイン酸が腸炎を保護する役割を発見(ニュース・メディカルより) - ダブリン大学トリニティカレッジ(Trinity College Dublin)の科学者らは、炎症性腸疾患を引き起こす有害な免疫応答に対するビタミンAの保護作用に関し、新規の発見をした。実験免疫学のキングストン・ミルズ(Kingston Mills)教授が主導する研究は、.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-10-06
パーキンソン病ラットモデルにおけるドパミン神経の神経変性は9-cis-レチノイン酸を用いた治療終了後早期に軽減する(7thスペースより) - レチノイン酸とはビタミンAの生物活性誘導体のことである。先行研究において、メサンギウム細胞およびPC12細胞における過酸化水素または酸素-グルコース欠乏に起因する損傷に対して、レチノイン酸に保護効果のあることが示された。.... 続きを読む

2012-07-04
ノートPCを直接膝に乗せないように(タイムズ・オブ・インディアより) - ノートパソコンを直接膝に長期間乗せていると、皮膚を傷める可能性があります。ノートパソコンは、ユーザーにモビリティーを提供するため考案されました。だから、私たちはもうデスクトップパソコンに縛られていません.... 続きを読む

2012-06-28
人種特有スキンケア:アジア人におけるスキンケアの基本(スリークゴシップより) - アジア人の肌は半透明の輝きと陶器のような艶があるとして昔から高く評価されてきた。一般に余分なメラニンが存在することで黄色く見えるが、色調は明るいベージュ色から色白まで様々である。やわらかいことに加え、.... 続きを読む

2011-10-28
肌色のむらと点在する色素沈着の改善(Nola.comより) - 生まれたときから日焼け止めをたっぷり塗っていた賢い人間の一人でない限り、日光への過去の露出は皮膚に悪影響を及ぼしています。特に加齢とともに、紫外線のダメージや遺伝によって頑固なしみや肌色のむらができ、肌に対する不満.... 続きを読む

2011-10-22
成人期のニキビ撃退(アデレード・ナウより) - 時折発生するニキビから多数のニキビに至るまで、美を損なうトラブルは解決可能である。誰にでもニキビに悩まされた経験はあるもので、ニキビができたのはチョコバーのせいではないかと自問自答してみたり、洗顔方法が.... 続きを読む

2011-09-28
色素沈着過剰やシミについて知り尽くす(スタイル・ビストロより) - 色素沈着過剰(シミ、老人斑、その他にも多数の呼び方あり)を管理するにあたり必要となる2つの秘訣は、根気と努力である。3つ目に必要なのは現実的な期待である。色素沈着過剰に対し決定打的なものはまだ発見できていない.... 続きを読む

2011-09-01
イミキモドが一部の悪性黒色腫(メラノーマ)に適するという専門家の見解(モダンメディスンより) - ニューハンプシャー州レバノン ― メラノーマに対する標準治療は手術であるが、メラノーマが上皮内(非浸潤性)であるか、もしくは悪性ほくろとして発現し、浸潤する可能性がある場合は、イミキモドが一次治療の選択肢.... 続きを読む

2011-08-30
夏に向けてボディの準備を(ヤフーライフスタイル・ビューティーより) - デコルテの脱・老化からセルライトやクモの巣状静脈のお手入れまで、マリー・クレール(marie claire)はちょうど夏に間に合うよう、よくある悩み別にお答えし、頭のてっぺんからつま先まで輝かせる方法を教えます.... 続きを読む

2010-01-04
乾癬: 常に症状が皮膚だけというわけではない(サイエンスデイリーより) - 赤いパッチ状の皮膚の隆起を引き起こす慢性的な疾患である乾癬は、関節炎や心血管疾患と結びついた全身性の疾患であり、ますます増えている。メイヨー・クリニック女性健康情報(Mayo Clinic Women's Health Source)の12月号には、ときに厄介な、この疾患の概要が掲載され.... 続きを読む

2009-11-03
ニキビ(CNNより) - 痤瘡や面庖又は皮膚の汚れそしてニキビ。どんな名前で呼ばれようと、ニキビはいやになるほどしつこいものであり、人々の悩みの種であることに変わりはありません。ニキビは治るのが遅く、ようやく1つ消えるなと思う頃には、もう他の個所にニキビができ始めています。ニキビの形成は.... 続きを読む

2009-03-20
老人性色素班(肝班)(CNNニュースより) - 肝班や日光黒子とも呼ばれる老人性色素班とは隆起の無い灰色又は茶色若しくは黒色のシミです。シミの大きさはそれぞれ異なり、通常は... 続きを読む

2009-02-20
40・50歳代の肌の手入れ法(BBCヘルスより) - 40歳代・50歳代では、どのようにして肌の手入れをすれば良いのでしょうか?そして、肌の手入れをするにあたり、どのような事に注意しなければならないのでしょうか?答え:40代50代.... 続きを読む

2007-03-27
科学の到来......(BBCホライゾンより) - 加齢とともに誰にでも皺ができるようになる。そして皺を目立たなくすると力説する商品広告を目にしたことのない人はいない。しかし.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。