ルミガン点眼薬(ビマプロスト/バイマトプロスト)0.1mg/ml

2690 円!!

グラッシュビスタと同成分!緑内障治療用目薬にまつげを伸ばし・太くし・数を増やし・色を濃くする副作用! 眼鏡にまつげが当たる程!薬としての安全性が確認されているから安心!人気のラティースと同じメーカー!マイルドな効き目の0.01%タイプ!1ヵ月分の使い捨てアプリケーター(アイブラシ)はこちら

Lumigan Eye Drops (Bimatoprost) - 0.1mg /mL(3mL)

■ 3ml

価格:2690 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

バイマトプロスト/ビマトプロスト(Bimatoprost)

 

同一成分含有商品

ニコニコセット 4800 円
package (1)

目力アップセット 3450 円
eye beauty set

ルミガン(ビマトプロスト) 3ml (インド市場向け) (3mlボトル) 2330 円
Lumigan Eye Drop (Bimatoprost Ophthalmic Solution) - 0.03% (3mL)

ケアプロスト(ルミガン・ラティースジェネリック) 3ml (3mlボトル) 2060 円
Careprost (Bimatoprost ophthalmic) - 0.03% (3ml)

ルミガン(ビマトプロスト) 3ml (ニュージーランド市場向け) (3mlボトル) 3480 円
Lumigan Eye Drops (Bimatoprost) - 0.3mg/ml (3ml)

ラティース(ビマトプロスト) 0.3mg/ml (3ml + アプリケーター60本) 11980 円
Latisse (Bimatoprost) - 0.3mg/ml

ルミガン/ケアプロストに利用可!使い捨てアプリケーター (30日分) (60本) 1590 円
Applicator For Bimatoprost - 6 sheets

ガンフォート (ビマトプロスト/マイレン酸チモロール) 300mcg/ml/5mg/ml (3mlボトル) 2980 円
Ganfort (bimatoprost/timolol) - 300mcg/ml/5mg/ml

ビマト アイ・ドロップス (ルミガン・ラティースジェネリック) 3mL (3mlボトル) 1970 円
Bimat Eye Drops (Bimatoprost 0.3%) - 3mL

エクスラッシュ(ビマトプロスト)3ml (3mLボトル) 1790 円
Xlash (Bimatoprost) - 0.3mg (3mL) + 1 Applicator Brush

ケアプロスト・プラス点眼薬(ビマトプロスト/マレイン酸チモロール)0.3mg/5mg (3mLボトル) 3140 円
Careprost Plus Eye Drop (Bimatoprost/Timolol Maleate) - 0.3mg / 5mg (3ml)

ルミガン点眼薬(ビマプロスト/バイマトプロスト)0.1mg/ml (3ml) 2690 円
Lumigan Eye Drops (Bimatoprost) - 0.1mg /mL(3mL)

ルミガン(ビマトプロスト)3ml(トルコ市場向け) (3mlボトル) 2090 円
Lumigan Eye drop (Bimatoprost) - 0.3mg/mL (3 mL)(Turkey)

ルミガン/ケアプロストに利用可!使い捨てアプリケーター (10本) (10本) 380 円
Applicator For Bimatoprost - 1 sheet (10 Brushes)

 

製造国

インド

 

製造元

Allergan Pty. Limited

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

●まつげの増量・育毛
夜寝る前、化粧を落とし洗顔した後、1滴を細めのアイブラシのようなものに落とし、上のまぶたの付け根にアイライナーを塗るように少し湿る程度に塗ります。
寝る前に上のまつげに塗ることで、目を閉じた状態で下のまつげにも浸透します。

注意:容器の先端とアイブラシを直接触れさせないようにしてください。また余分な液はふき取り、アイブラシは清潔に保つようにしてください。

毎晩1滴使用で、1ボトル約1-1.5ヵ月分が目安です。

(ルミガンと同じ製造発売元から美容目的で販売されている別名の商品のページに使用方法が記されています。)
1ヵ月分の使い捨てアプリケーター(アイブラシ)はこちら使い捨てアプリケーター(アイブラシ)はこちら

●緑内障、高眼圧症
通常、1日1滴を1日1回点眼します。

 

商品詳細

ルミガンは本来、緑内障治療薬として2001年に米国FDA(アメリカ食品医薬品局)に承認され、現在では40ヵ国以上で利用されている実績のある商品です。
その治療の過程で、副作用として、まつげが長くなることが確認されたため、ルミガンの発売元であるアラガン(Allergan)社が278人を対象に4ヵ月間にわたって追加試験を行ない、最終的に被験者の78%に効果を確認しました。
そのルミガンの効果とは、まつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップするという驚くべきものでした。
そのため、アラガン社はまつげを伸ばすという美容目的で別名の商品(ルミガンと同成分)にアプリケーター(アイブラシ)を付けて、「ラティス/ラティース/ラティッセ(Latisse)」という商品名で発売を開始しました。
当初はそのような美容目的での販売方法を規制しようとしていたFDAも、ルミガンを処方薬として安全性を確認し既に許可していること、さらに長い使用実績があり、重大な副作用が確認されていないことなどから、販売を差し止めることもできず、最終的には美容目的での販売を許可する事になりました。
下記のリンクでは、アメリカのニュースでこのルミガンが取り上げられた時の様子を見ることができます。
YouTube (abc13 EYEWITNESS NEWS)
出演している女医は緑内障の人にルミガンを処方したところ、まつげが伸びる副作用に気づき、自分でも試してみたところ、「実際に伸びた!」と言っています。
また、ある男性はまつげが伸び過ぎて、めがねに当たるようになってしまい、困っています。さらに、娘を出産してから頭髪が薄くなっていたので、まつげに効くのなら頭にもと付けてみたところ、頭髪も伸びてきたと証言している女性もいます。
女医は、「この薬のすばらしいところは、これが薬だということです。そしてこの薬には、全身的な副作用(まつげが伸びるなど直接触れる部分以外の副作用)がありません!」と語っています。
ニュースの最後の部分では、点眼した場合(目薬のように眼に注した場合)、虹彩(目の中心の特に黒い部分の周り)の色が濃くなる副作用があるが、これは点眼を止めても元には戻らない作用だと説明しています。ただし、まつげの育毛のために使う場合は点眼するわけではなく、また多くの日本人の虹彩は元から黒いため、あまり気にする必要は無いでしょう。
ただし、ある女性は失敗して頬(ほほ)に一滴落としたらそこから毛が生えてきたとも言っていますので、ほかの部分に付いた場合にはすぐに拭き取るようにしてください。

下記のリンクではルミガンの発売元であるアラガン社が、美容目的で発売している同成分の商品「ラティス/ラティース/ラティッセ(Latisse)」の公式WEBサイトです。英語ですが、ビフォア・アフター(使用前・使用後)の写真をたくさん見ることができます。
「ラティス/ラティース/ラティッセ(Latisse)」の公式WEBサイト
ルミガンの使用を止めた場合、数週間から1ヵ月程度で元の状態に戻ります。

一方、緑内障治療薬としてのルミガン点眼薬0.1mg/mlは、原発開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障、高眼圧症に対し長期にわたり安定した眼圧下降効果を示すことが報告されています。
緑内障は眼圧が高くなることで起こると考えられているため、その圧力を下げる作用を持つβ遮断薬が治療の中心となっています。ところが肺疾患のある人に対しては使用が難しく、まためまいや抑うつなどの副作用発現の問題もあり、現在ではプロスタグランジン製剤も使用されています。
ルミガン点眼薬0.1mg/mlの有効成分であるビマプロストは、主にブドウ膜強膜流出路を介した房水排出を促進することにより眼圧を下降させる作用はプロスタグランジンと同じですが、プロスタマイド受容体に直接働きかけて眼圧を下げるという点が異なります。

 

他の商品との比較

点眼で使用した場合、プロスタマイド受容体に作用し、主としてブドウ膜強膜流出路を介した房水排出を促進することにより眼圧を下降させます。

ルミガンは本来、緑内障や高眼圧症の治療目的で開発されました。しかし、ルミガンとまったく同じ成分の「ラティス/ラティース/ラティッセ」(Latisse)という商品が、美容目的でアラガン社から発売されています。

ビマトプロストを有効成分とした点眼薬は、日本ではルミガン(千寿製薬、武田薬品)の名前で発売されています。

海外では、Careprost、Xlash、Bimat、Latisseなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、ルミガン点眼薬0.1mg/mlを絶対に使用しないでください。
・ルミガン点眼薬0.1mg/mlの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重使用】
・無水晶体眼または眼内レンズ挿入眼の人: 膿胞様黄斑浮腫を含む黄斑浮腫、およびそれに伴う視力低下を起こすとの報告があります。
・眼内炎(虹彩炎、ブドウ膜炎)のある人: 類薬で眼圧上昇がみられたとの報告があります。
・ヘルペスウイルスが潜在している可能性のある人: 角膜ヘルペスが再発したとの報告があります。
・妊婦、産婦、授乳婦など

【重要な基本的注意】
・ルミガン点眼薬0.1mg/mlの使用により、虹彩や眼瞼への色素沈着(メラニンの増加)による色調変化、あるいは眼周囲の多毛化が現われることがあります。これらは使用の継続により徐々に進行し、使用中止により停止します。眼瞼色調変化および眼周囲の多様化については、使用中止後徐々に消失、あるいは軽減する可能性がありますが、虹彩色調変化については使用中止後も消失しないことが報告されています。
混合色彩の人は虹彩の色調変化が明確に認められますが、暗褐色の淡色虹彩の人(日本人に多い)においても変化が認められています。特に片眼使用の場合、左右眼で虹彩の色調に差が生じる可能性があります。これらの症状については、長期的な情報が充分に得られていないため、定期的に診察し、充分観察してください。
また眼瞼色調変化、眼周囲の多毛化の予防あるいは軽減のため、使用の際に液が眼瞼皮膚などについた場合には、よく拭き取るか、洗顔するようにしてください。
・ルミガン点眼薬0.1mg/ml使用中に角膜上皮障害(点状表層角膜炎、糸状角膜炎、角膜びらん)が現われることがあるので、しみる、そう痒感、眼痛などの自覚症状が持続する場合には、ただちに受診してください。
・ルミガン点眼薬0.1mg/mlを閉塞隅角緑内障に使用する場合は、使用経験がないことから慎重に使用するのが望ましいとされています。
・ルミガン点眼薬0.1mg/mlの点眼後、一時的に霧視が現われることがあるため、症状が回復するまで機械類の操作や自動車などの運転には従事しないでください。

【適用上の注意】
・点眼用にのみ使用してください。
・点眼したときに液がまぶたなどについた場合は、すぐに拭き取るか、洗顔してください。
・点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意してください。
・ほかの点眼剤や併用する場合には、少なくとも5分間以上の間隔をあけて点眼してください。
・ベンザルコニウム塩化物によりコンタクトレンズを変色させることがあるので、コンタクトレンズを装着している場合は、点眼前に一旦レンズを外し、点眼15分以上経過後に再装着してください。

一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意してください。

妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合のみ使用してください。

授乳中の人は使用を避け、やむを得ず使用する場合は授乳を中止してください。

低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。

 

他の薬との併用

ルミガン点眼薬0.1mg/mlを点眼で使用する場合、以下の薬剤との併用に注意してください。
・プロスタグランジン系点眼剤(ラタノプロスト含有点眼剤): 眼圧上昇がみられたとの報告があります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

ルミガン点眼薬0.1mg/mlを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用(点眼の場合)
ブドウ膜炎、黄斑浮腫、結膜充血、眼そう痒症、眼瞼色素沈着、角膜びらん、まつ毛の異常(まつ毛が長く、太く、濃くなるなど)、眼瞼の多毛症、結膜炎、結膜浮腫、結膜出血、眼瞼浮腫、眼瞼紅斑、眼瞼そう痒症、眼瞼障害、めやに、点状角膜炎、眼刺激、霧視、眼の異常(違和感、ベトつき感など)、くぼんだ眼、結膜色素沈着、眼瞼炎、眼瞼下垂、涙液分泌低下、霧粒腫、マイボーム腺梗塞、糸状角膜炎、角膜血管新生、虹彩炎、眼乾燥、眼の灼熱感、眼痛、羞明、白内障、眼精疲労、視力低下、視力障害、眼球運動失調、眼圧上昇、狭心症発作、高血圧、胃不快感、尿潜血、CK増加、口唇疱疹、浮動性めまい、頭痛、胸痛、耳鳴、白血球数増加、ALT(GPT)増加、γ-GTP増加

●極稀に起こる重篤な副作用(点眼の場合)
虹彩色素沈着

本来ルミガンの主成分であるバイマトプロストは眼圧を下げるために開発された成分ですので、目に入ると不必要に眼圧を下げてしまうことが考えられますが、上まつげに塗る分量は通常、眼圧を下げるために点眼する量の10%にも満たない量なので、万が一目に入ってしまったとしても過度に心配する必要はありません。

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-11-10
緑内障の薬、睫毛の成長を促進すると判明(オプティシャン・オンラインより)― サウサンプトン(Southampton)の大学病院の研究者らは、緑内障治療に使用される薬剤が睫毛の成長と際立ち度も促進することを発見した。主として女性の患者368人を対象とした1年間の試験で、サウサンプトン総合病院(Southampton General Hospital)とセント.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-11-19
脱毛症にビマトプロスト?(レビュー・オブ・オプトメトリより) - 米国実験生物学会連合(Federation of American Societies for Experimental Biology)のジャーナル、FASEB誌オンライン版で先行発表された論文によれば、局所ビマトプロストは男性型脱毛症をはじめ、その他タイプの脱毛症の人の新たな発毛を促進する。ビマトプロストは.... 続きを読む

2012-10-29
新たな研究報告でビマトプロストが人毛を再成させる過程が判明(ニュース・メディカルより) - 髪が薄くなりつつあり、もう一度伸びないものかと願っている人に朗報である。新たな研究報告が生物学雑誌「FASEB」オンライン版(www.fasebj.org)に掲載され、FDA認可の緑内障治療薬ビマトプロストがもたらすヒト毛髪再成長過程について.... 続きを読む

2012-10-27
脱毛の解決策? 点眼薬により睫毛が伸びることが判明(ミラー・ニュースより) - 緑内障の治療に用いる点眼薬が脱毛症の解決への鍵を握る。ルミガン(Lumigan)薬の主成分ビマトプロストが発毛を促進することを研究者らが明らかにした。ルミガンは緑内障患者に点眼薬として投与されるものである。緑内障とは.... 続きを読む

2012-10-26
どうして点眼薬が脱毛を食い止めるの?―それはちょっと変わった副作用のおかげです(デイリー・メールより) - 失明を防ぐのに役立つ薬が、脱毛症との闘いに間もなく利用できそうです。ルミガン点眼液は、緑内障治療薬としての地位を確立しています。緑内障とは、眼球内の過剰な体液が原因で起こる病気です。一方でこの薬にはまつげ.... 続きを読む

2011-11-14
ラティースを頭髪にも?まつ毛育毛剤が薄毛も改善(トゥデイヘルスより) - ラティースが、近々男性向けの(そして女性向けの)ヘアサロンに導入されるかもしれません。ラティースは、最初は患者の性別にかかわりなく緑内障治療薬としてのみ存在していましたが、現在は、まばらで印象の薄いまつ毛を長く濃くして.... 続きを読む

2011-09-12
アラガン社のラティース、脱毛症に向けた動き(オレンジカウンティビジネスジャーナルより) - アーバインを拠点とする製薬会社アラガン(Allergan)社が、まつげの育毛剤ラティース(Latisse)を脱毛症に用いた第2相臨床試験に着手したことを、ブルームバーグ(ビジネス雑誌)が報じた。企業側の意向.... 続きを読む

2011-09-02
薄毛との戦い:育毛の選択肢はまだあります(アメリカンヘルスアンドビューティーより) - 技術の進歩により、完全に手術以外の方法から新しい植毛技術まで、さまざまな手段で薄毛を治療できます。やせた髪、薄毛、そして男性型脱毛症に悩む方は男性女性問わず全国に大勢いますが、現在はかつてないほど多数.... 続きを読む

2011-04-12
まつげが抜ける病気はありますか(くすり屋さんオリジナル記事) - 砂漠地域原産のラクダはとても長いまつげをしています。このことからもわかるように、まつげはほこりが目にはいるのを防いでいます。センサーの働きもしていて、まつげに異物が.... 続きを読む

2011-04-12
ラティースを指示通りに使用する事が重要な訳(くすり屋さんオリジナル記事) - まつげ育毛薬ラティースの主成分はビマトプロストという物質で、「ルミガン」という緑内障治療薬(点眼薬)の成分と同じものです。ルミガンを点眼した患者さんの一部に、まつげが濃くなる、という副作用.... 続きを読む

2009-03-24
自分のまつげをより長く、より魅力的に-これからはメークもエクステも不要(ArticlesBase.comより) - 自分のまつげが劇的に長くなることを想像してください。ラティース(Latisse)は、あなた自身のまつげをより長く、太く、多くする処方薬で、アラガン社(Allergan)の緑内障薬ルミガン(Lumigan)の有効成分であるビマトプロスト(Bimatoprost)を0.03%含有。ドクターがルミガンの副作用の1つとして.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。