その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2016-03-13

ソース(記事原文):MedPageToday

レイノー病を引き起こす可能性のある薬

【MedPageToday】(2016年3月13日)

チャールズ・クーリとその同僚は、薬の及ぼす範囲がレイノー現象(RP)を引き起こしうることについて、システマティック・レビューを用いて分析した。

著者たちは、β遮断薬に続いて最大のリスクを持つシスプラチン、ブレオマイシンなど、RPの原因となる12の異なるクラスの薬を発見した。またフラミンガム心臓研究では、β遮断薬の使用は、続発性RPのもっとも一般的な原因(続発性RPの34.2%)であることを発見した。さらに2012年のメタ分析では、β遮断薬使用者におけるRPの有病率は14.7%であった。

クロニジン、麦角アルカロイド類、ブロモクリプチン、ADHD(注意欠陥過活動性障害)薬(メチルフェニデート、デキストロアンフェタミン)、フェンテルミン(減量薬)、コカイン、塩化ビニル暴露、インターフェロン治療などは、前述の薬ほど頻繁には起こらない。潜在的な機序には、交感神経活性、内皮機能不全、神経毒性、赤血球細胞変形能低下など、さまざまな発症機序がある。その機序は解明されていないが、チロシンキナーゼ阻害薬もまたRPを引き起こすと報告されている。

おそらく薬剤誘因性RPは少なく見積もられている。報告の大部分は良性であるが、指虚血や潰瘍など、まれで重篤な合併症が報告されている。

ジャック・カッシュ博士はダラスにあるベイラー調査研究所の臨床リウマチ学長であり、ベイラー大学医療センターの薬学・リウマチ学部の医学教授である。また彼は RheumNow.com の編集長でもある。この見解の記事は、リウマチ学に特化したニュース、情報、そして解説を集めたサイトである RheumNow.com に最初に掲載された。登録すれば、リウマチ学に関する無料のニュースレターを購読することができる。

カッシュ博士は、この件に関してアドバイザーまたはコンサルタントとしての報酬は受け取っていない。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- アポ・ブロモクリプチン (メシル酸ブロモクリプチン) 2.5mg (100錠) 6980 円

- パーロデル (メシル酸ブロモクリプチン) 2.5mg (10錠) 1610 円

- ジキサリット (塩酸クロニジン )0.025mg (100錠) 3410 円

- アルカミン(塩酸クロニジン)100mcg (10錠) 260 円

- カタプレスTTS-1(クロニジン)0.1mg (4パッチ) 5450 円

- カタプレス(クロニジン)150mcg(インド市場向け) (10錠) 300 円

- カタプレスTTS-2(クロニジン)0.2mg (4パッチ) 6280 円

- カタプレスTTS-3(クロニジン)0.3mg (4パッチ) 7230 円

- カタプレス(塩酸クロニジン)150mcg(ニュージーランド市場向け) (100錠) 8790 円

- アルカミン(塩酸クロニジン)100mcg(30錠入) (30錠) 540 円