レビトラ(バルデナフィル)20mg(トルコ市場向け)

8100 円!! より速い効果発現!より強い効力!食事の影響を受けない!バイアグラの欠点を補った勃起不全治療薬!主に陰茎海綿体だけに作用するから、副作用が比較的少ないのも特長!
※他の商品とは別便で届くことがあります。

Levitra (Vardenafil) - 20mg ( 4 Tablets)(Turkey)

■ 4錠

この商品は必ず男性名義でご注文ください。

(女性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:8100 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

バルデナフィル(Vardenafil)

 

製造国

ドイツ(トルコ市場向け)

 

製造元

Bayer Schering Pharma

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日1回10mgを性行為の薬1時間前に経口服用します。
10mgで充分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性または混合型勃起不全の人は20mgに増量することができます。
高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある人は5mgを開始用量とし、最高用量は10mgとします。

1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とします。

 

商品詳細

レビトラ20mgは、先発薬であるバイアグラに見られたいくつかの問題点を改善した勃起不全(ED)治療薬です。

勃起不全は、勃起機能障害、勃起障害とも言われる男性の性機能障害(SD)のひとつで、その名前からイメージするような「完全に勃起ができない状態」ではなく、勃起に時間がかかる、途中で萎える、満足な性交ができないなどの症状を指します。
性的刺激によって脳からの信号が神経を通じて陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が開いて血液が流れ込みますが、海綿体が血液を含むことで膨張し、硬くなった状態が勃起です。 勃起は加齢とともに衰えていくというデータがあり、実際に60歳代においては「いつも勃起ができない」または「たまに勃起できる」という人が50%を超えているとの調査結果が出ています。 しかし勃起不全は高齢者に限らず、20代や30代の数パーセントの人でもその症状を自覚し、また40代前半では20%、50代後半ともなると47%の人が勃起不全に関する悩みを持っているとの統計もあります。

勃起不全は、陰茎海綿体の動脈が充分に拡がらず、血液の流れ込みが不足することで起こります。その原因は、一般的には年齢や精神的要因にあると言われており、実際、ストレスやコンプレックス、過去のトラウマなど精神的、心理的な要素が原因となって勃起不全を引き起こすことも確かなようです。 しかしそれ以外にも、糖尿病、高血圧症、高脂血症、喫煙、飲酒などの生活習慣や生活習慣病も深く関わっているとされ、これらの症状を持つ人では血管に損傷や問題があり、血流が抑えられてしまうことで陰茎に充分な血液が行き渡らず、特に勃起不全になる可能性が高いと言われています。
さらに、抗うつ薬、降圧薬、利尿剤など中枢神経、末梢神経、循環器系に作用する薬や、脳出血、パーキンソン病などの神経系障害、また手術や事故などが原因となることもあります。

平滑筋細胞を弛緩させ、陰茎により多くの血液を送り込むことで勃起不全の症状を改善する働きを持つのがレビトラ20mgです。 有効成分のバルデナナフィルは、シルデナフィルやタダラフィルなどと同様に、陰茎海綿体に存在して勃起を阻害するホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)酵素を選択的に阻害し、陰茎の動脈および海綿体にある平滑筋内の環状グアノシン一リン酸を増加させる働きをします。この作用により血管が拡張し、結果として血流量が増えることで陰茎組織への血流が増加し、勃起不全を改善します。

バルデナフィルは体内への吸収速度が速いためにバイアグラ以上に即効性があり、かつ食事の影響を受けにくい傾向があります。また臓器選択性が高く、陰茎海綿体以外での作用がほとんどないことから、副作用も比較的少ないとの特長があります。国内外で行なわれた臨床試験の結果によると有効率は約70-90%で、服用から効果発現までの時間が短く、長期の服用でも安定した効果が得られるとの報告もあります。

 

他の商品との比較

PDE5に対する高い選択性と強い阻害作用を示します。

標準的な食事による薬物動態への影響はありません。

糖尿病の人の勃起不全に対して、有意な勃起機能の改善を示し、さらに服用量に比例する有意差が認められました。

バルデナフィルを有効成分とした薬剤は、日本でもレビトラ(バイエル薬品)の名前で発売されています。

 

特別な注意

以下の場合、レビトラ20mgを絶対に服用しないでください。
・レビトラ20mgの成分に対し過敏症の既往歴のある人
・硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなど)を使用中の人
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる人
・先天性のQT延長の人(QT延長症候群)、クラスIA(キニジン、プロカインアミドなど)またはクラスIII(アミオダロン、ソタロールなど)の抗不整脈薬を使用中の人
・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある人
・重度の肝障害のある人
・血液透析が必要な腎障害、低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)または治療による管理がなされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHgまたは安静時拡張期血圧>100mmHg)、不安定狭心症のある人
・リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビル、サキナビルメシル酸塩、ダルナビル、テラブレビルを使用中の人
・ケトコナゾール、イトラコナゾールを使用中の人
・網膜色素変性症の人: 網膜色素変性症の人にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められます。

【警告】
・レビトラ20mgと硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなど)との併用により降圧作用が増強し、過度の血圧を下降させることがあるので、レビトラ20mg使用の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤が使用されていないことを充分確認し、レビトラ20mgの使用中および使用後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤が使用されないよう充分注意してください。
・心筋梗塞などの重篤な心血管系などの有害事象が報告されているので、レビトラ20mgの服用前に、心血管系障害の有無などを充分確認してください。

【慎重服用】
・陰茎の構造上欠陥(屈曲、陰茎の線維化、ペイロニー病など)のある人: 性行為が困難であり痛みを伴う可能性があります。
・持続勃起症の訴因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)のある人
・PDE5阻害薬またはほかの勃起不全治療薬を使用中の人: これらの薬剤との併用使用の経験がありません。
・出血性疾患または消化性潰瘍のある人: ニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められています。出血性疾患または消化性潰瘍のある人に対する安全性は確立していません。
・チトクロームP4503A4を阻害する薬剤(マクロライド系抗生物質)を使用中の人: レビトラ20mgの血漿中濃度が上昇することが認められているので、服用量が5mgを超えないようにしてください。
・高齢者
・中等度の肝障害のある人: レビトラ20mgの血漿中濃度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から服用を開始するなど慎重に使用してください。
・α遮断薬を使用中の人: 併用により、症候性低血圧が現れるおそれがあるので、α遮断薬による治療で状態が安定していることを確認した上で、低用量(5mg)から服用を開始するなど慎重に使用してください。

【重要な基本的注意】
・使用に際しては、勃起不全およびその基礎疾患の診断のため、既往歴の調査や諸検査を行ない、客観的な診断に基づき臨床上治療が必要とされる人に限定してください。
・性行為は心臓へのリスクを伴うため、勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意を払ってください。レビトラ20mgは血管拡張作用を有するため、一過性の軽度な血圧低下が現れる場合があります。大動脈弁狭窄症、特発性肥大性大動脈弁下狭窄症など、左室流出路の閉塞を有する人はレビトラ20mgの血管拡張作用による影響を受ける場合があります。心血管系の状態によって性行為が望ましくない人は、勃起不全治療薬の使用は行なわないでください。
・臨床薬理試験においてレビトラ20mgによるQTc延長がみられていることから、心血管系障害または肝障害を有する人に対しては、レビトラ20mg服用中に必要に応じて心電図検査を実施することが望ましいとされています。
・4時間以上の勃起の延長または持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)が外国臨床試験で少数例報告されています。持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷または勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合には直ちに医師の診断を受けるようにしてください。
・レビトラ20mgは催淫剤または性欲増進剤ではありません。
・臨床試験において、めまいや視覚障害が認められているので、高所作業、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には注意してください。

【その他の注意】
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてバルデナフィルを含むPDE5阻害薬中に、まれに視力低下や視力喪失の原因となりうる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が報告されています。これらの人の多くは、NAIONの危険因子(50歳以上)、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙など)を有していました。
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてバルデナフィルを含むDPE5阻害薬服用後に、まれにけいれん発作の発現が報告されています。
・薬剤との因果関係は明らかではありませんが、外国においてバルデナフィルを含むPDE5阻害薬服用後に、まれに急激な聴力低下または突発性難聴が報告されています。これらの人では、耳鳴りやめまいを伴うことがあります。
・レビトラ20mgには性行為感染症を防ぐ効果はありません。

高齢者は、バルデナフィルの血漿中濃度が上昇することがあるので、低用量(5mg)から服用を開始するなど慎重に使用してください。

女性に対する適応はありません。

小児などに対する適応はありません。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とレビトラ20mgは、絶対に併用しないでください。
・硝酸剤およびNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなど): 併用により、降圧作用を増強し、過度に血圧を下降させることがあります。
・リトナビル(ノービア): バルデナフィルのAUC0-24が49倍に増加し、Cmaxが13倍に上昇し、半減期が10倍に延長するとの報告があります。
・インジナビル(クリキシバン): バルデナフィルのAUCが16倍に増加し、Cmaxが7倍に上昇し、半減期が2倍に延長するとの報告があります。
・アタザナビル(レイアタッツ)、サキナビル(フォートベイス)、サキナビルメシル酸塩(インビラーゼ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、ロビナビル・リトナビル(カレトラ)、ダルナビル(プリジスタ): バルデナフィルの血漿中濃度が上昇し、半減期が延長するおそれがあります。
・テラプレビル(テラビック): バルデナフィルの血漿中濃度が上昇するおそれがあります。
・ケトコナゾール、イトラコナゾール(イトリゾール): バルデナフィルのAUCが10倍に増加し、Cmaxが4倍に上昇するとの報告があります。
クラスIA抗不整脈薬(キニジン、プロカインアミドなど)、クラスIII抗不整脈薬(アミオダロン、ソタロールなど): バルデナフィルの心臓伝導系への影響を検討する臨床薬理試験において、バルデナフィル使用によるQTc延長がみられています。

以下の薬剤とレビトラ20mgを併用する場合注意してください。
・マクロライド系抗生物資(エリスロマイシンなど): エリスロマイシンでバルデナフィルのAUCが4倍に増加し、Cmaxが3倍に上昇するとの報告があります。
・ビカルタミド: バルデナフィルの血漿中濃度が上昇するおそれがあります。
・CYP3A4誘導薬(リファンピシンなど): バルデナフィルの血漿中濃度が低下するおそれがあります。
・カルペリチド: 併用により、降圧作用が増強するおそれがあります。
・α遮断薬(テラゾシン、タムスロシンなど): 併用により、症候性低血圧が現れるおそれがあるので、α遮断薬による治療での状態が安定していることを確認した上で、バルデナフィル5mgから使用を開始してください。またα遮断薬と併用する場合には、α遮断薬との使用間隔を考慮してください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

必要とされる時のみ服用してください。
ただし1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とします。

 

副作用

レビトラ20mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
ほてり、顔面浮腫、高血圧、心悸亢進、頻脈、低血圧、起立性低血圧、狭心症、心筋虚血、失神、心筋梗塞、頭痛、めまい、感覚鈍麻、不眠症、異常感覚、傾眠、めまい、緊張亢進、不安、一過性全健忘、肝機能検査異常、γ-GTP上昇、鼻閉、呼吸困難、副鼻腔うっ血、鼻出血、背部痛、関節痛、筋肉痛、頚部痛、光線過敏性反応、そう痒、発疹、発汗、紅斑、消化不良、嘔気、腹痛、下痢、口内乾燥、胃炎、嘔吐、食道炎、胃食道逆流、嚥下障害、視覚異常、霧視、彩視症、結膜炎、眼痛、羞明、耳鳴、流涙、無力症、胸痛、灼熱感、CK(CPK)上昇、異常感、射精障害、アナフィラキシー反応、インフルエンザ症候群、持続勃起、勃起増強(勃起時疼痛)

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-06-24
バイアグラと高い皮膚がんリスクとの関連性(【Medical News Today】より) -研究者たちがスウェーデン人男性2万人の健康記録を分析した結果、関連性は見つかったものの、シルデナフィル(バイアグラ)およびほかの同等クラスの勃起不全薬(ED薬)は皮膚がんの原因になりえない“だろう”と.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-10-29
ED(勃起不全)を治療する7つの方法(ニューズワイズより) - 経口薬だけでなく、ED(勃起不全)の治療法は他にもいくつかあります。そうした治療法をこの記事でぜひ知ってください。 続きを読む

2010-05-10
勃起不全(ED)治療薬に、特定の脳腫瘍に対するハーセプチン投与効果を増幅させる可能(サイエンスデイリー) - シダーズ・サイナイのマキシン・ダニッツ脳神経外科研究所(Cedars-Sinai's Maxine Dunitz Neurosurgical Institute)の科学者らによる新たな研究では、勃起不全治療に現在認可されている医薬品に、治療が難しい特定の脳腫瘍に対する抗がん剤ハーセプチンの投与効果を有意に高める可能性のあることが.... 続きを読む

2008-12-30
シルデナフィルよりも低用量で効果が発現するバルデナフィル(ArticlesBase.comより) - レビトラは「PDE5阻害薬」と呼ばれる薬剤クラスに属しています。この薬は陰茎への血流を増加させることにより、勃起機能を改善します。性的刺激を受けると陰茎にある2つの陰茎海綿体に血液が充満しますが、レビトラの有効成分.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。