がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-09-12

ソース(記事原文):ファミリープラクティスニュース

乳がん患者の一過性熱感に対するベンラファキシンとクロニジンの効果は偽薬を上回る

ファミリープラクティスニュース(2011年9月12日)―メアリー・アン・ムーン(Mary Ann Moon)著、ファミリープラクティスニュース(Family Practice News:地域医療領域のオンラインニュース)・デジタルネットワーク

女性乳がん患者に発生する一過性熱感に対するベンラファキシンとクロニジンの抑制効果が、ともに偽薬を上回ったとする研究が、ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー(the Journal of Clinical Oncology:米国臨床腫瘍学会の機関誌)オンライン版9月12日号に発表された。

一過性熱感を有効に治療できれば患者が抗癌療法を続けやすくなるかもしれない、とアムステルダムにあるオランダがん研究所(The Netherlands Cancer Institute, Amsterdam)のアネリエス H.ベークホイト博士(Annelies H. Boekhout)らは言う。

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬であるベンラファキシン(商品名エフェクサー:Effexor)と降圧薬クロニジンは「ともにたびたび処方される薬剤で一過性熱感の管理に関する臨床ガイドラインで推奨されているが、乳がん患者を対象にしたクロニジン、ベンラファキシン、偽薬の有効性を比較する3群試験はこれまで実施されてこなかった」と博士らは書いている。

本試験はオランダの3つの病院で行われた二重盲検試験で、被験者は1日あたり2回以上一過性熱感が発生する女性乳がん患者102名である。年齢、症状が続いている期間、併用している内分泌治療、以前の化学療法に基づいて被験者を層別解析し、ベンラファキシン75 mg/日投与群(41名)、クロニジン0.1 mg/日投与群(41名)、そして対応する偽薬群(20名)に無作為割付けして12週間にわたって服用させた。

患者らは毎日日誌に一過性熱感の頻度と重症度を記録するとともに、食欲低下、嘔気、眠気、めまい感、疲労、口内乾燥、便秘などの有害事象についても毎週報告した。さらに睡眠の質、不安、抑うつ、性機能に関しても4週ごと、そして治療終了時に記録した。

合計22名の被験者(22%)が本試験から脱落したり追跡不能になったりした。ベンラファキシン群の患者2名(5%)とクロニジン群の6名(15%)が傾眠、めまい感、口内乾燥などの有害反応の発生を挙げたことで試験参加が中止となった。さらに9%の患者が服薬不履行により「本試験で観察される効果の群間差に若干影響を及ぼした」として脱落した。

試験を完了したベンラファキシン群の女性35名に関しては、週1から週4の間に一過性熱感の発生が偽薬群と比較して42%減少した。試験期間全体では41%の減少であった。

試験を完了したクロニジン群の女性28名については、週1から週4の間に一過性熱感の発生は約26%しか減少しなかったが、残りの試験期間中にさらに22%減少し、試験期間全体では約45%減少した。

このようにベンラファキシンとクロニジンの両活性薬剤は一過性熱感の頻度と重症度を偽薬よりも減少させ、週12までに両者に識別可能な差はなかった。「ベンラファキシン群のほうが急速に一過性熱感が減少したことは、ベンラファキシンのほうがクロニジンより好ましいことを示唆しています。」博士と同僚らは言った(ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー2011年9月12日号[doi:10.1200/JCO.2010.33.1298])。

そしてこう付け加えた。「患者さんの一過性熱感の治療には、第1週はベンラファキシン37.5 mg/日を投与して、有効性を高める必要があれば投与量を75 mgまで増やすようお勧めします。」

試験終了時に治験薬の服用を続けたいと言ったのはクロニジン群の合計14名(34%)、ベンラファキシン群の23名(56%)、そして偽薬群の4名(20%)であった。

不安症状を報告する被験者はクロニジン群で多く、抑うつを訴える被験者はベンラファキシン群に多かった。性機能と睡眠の質は両群間で差がなかった。しかし、これらの有害反応を適切に評価するには本試験期間は短すぎたかもしれない、と研究者らは書いている。

利益相反の報告はなかった。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- エフェクサー - XR(ベンラファキシン) 150mg (28カプセル) 7180 円

- エフェクサー - XR(ベンラファキシン) 75mg (28カプセル) 5380 円

- ベンラー XR(ベンラファキシン) 150 mg (10カプセル) 620 円

- ベンラー XR(ベンラファキシン) 37.5 mg (10カプセル) 400 円

- ベンラー XR(ベンラファキシン) 75 mg (10カプセル) 440 円

- エフェクサー - XR(ベンラファキシン) 37.5mg (28カプセル) 4480 円