がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2012-10-07

ソース(記事原文):ゲインズビル.com

乳癌リスクを減らす10の方法

ゲインズビル.com(2012年10月7日)― シエラ・ミシオン(Sierra Mision)記者

皆さんは、乳癌になる必要などありません。

乳癌に関する最新情報を提供している非営利団体、ブレストキャンサー.org (breastcancer.org)によれば、この病気は女性の8人に1人が一生のうちに罹ると予想されており、予防策を取れば防ぐことができます。

米国癌協会(American Cancer Society)によれば、2011年に医師らは230,480件の乳癌症例を記録しました。2009年の症例数は192,000件前後でした。

これらの数字から乳癌症例が増えていると示唆されますが、シュワルツ(Schwartz)さんの話では、この数字は女性たちがより早期に体の変化をとらえるようになったことを反映しているそうです。

「私たちは、乳癌を極めて早期に発見しています」米国癌協会中北部ユニット(North Central Unit)のコミュニティ代表、ダイアナ・シュワルツ(Diana Schwartz)さんはこう話しました。「自分の体の変化に気付くということは、異常があるかどうかを知る最も重要な方法の1つです。」

この協会によれば、転移している乳癌の5年生存率は23%です。早期に発見された場合、5年生存率は99%と大幅に高まります。

以下は、乳癌リスクの恐怖を最小限にする10の方法です。

1)検診を受ける―早めに、そして頻繁に

シュワルツさんの話では、臨床検査は20歳のときの初回受診から始めて、3年ごとに行うべきです。20歳の女性の場合、乳癌を発症する可能性は1,681人に1人です。

米国癌協会によれば、女性が40歳になると、乳癌発症の可能性は69人に1人になります。この年齢になった時点で女性はマンモグラフィー検査を年に1回受ける必要があると、シュワルツさんは話しました。

フロリダ州中北部では、UFアンドシャンズ・ハイリスク・ブレストキャンサー・クリニック(UF&Shands High Risk Breast Cancer Clinic)が、家族歴、以前の乳房生検、乳房密度に基づき乳癌リスクが平均を上回る女性を対象として、月の第一・第三月曜日に検診を行っています。

フロリダ州乳癌・子宮頸癌早期発見検診プログラム(Florida Breast and Cervical Cancer Early Detection Screening Program)は、50~64歳の低所得で保険に入っていない女性に対し、費用を下げたマンモグラフィーと無料のマンモグラフィーを提供しています。

2)アルコール摂取を控える

スーザン・G・コーメン・フォー・ザ・キュア基金(Susan G. Komen for the Cure Foundation)は、週に3~6杯の酒を飲む女性はお酒を飲まない女性よりも乳癌発症リスクが15%高いと報告しています。

3)たばこを吸わない

ブレストキャンサー.orgによれば、NAT2遺伝子のゆっくりと働く型を持つ女性の場合、喫煙は乳癌発症のリスクを高めます。この遺伝子は、体内に入ってくる発がん物質を失活させることに関与しています。この遺伝子型を持ち、喫煙をしている女性の場合、乳癌のリスクは27%高くなります。

4)ビタミンDを蓄える

ビタミンDは、週に3回、15分間日光を浴びることで得るのが最も簡単で、正常な乳房細胞増殖のコントロールに関与していると信じられています。ブレストキャンサー.orgによれば、ビタミンDの量が比較的少ない女性は、乳癌発症リスクが高くなります。

5)まめに運動する

米国癌協会によれば、毎週4~7時間の運動は乳癌のリスクを減らします。これは運動によって体内の脂肪細胞の量が減るためで、脂肪細胞がエストロゲンを産生するという重要な理由があるからです。脂肪細胞が少ないほど、乳癌発症リスクを急増させる不必要な量のエストロゲンに乳房細胞がさらされる可能性は低くなります。

6)食事に気を付ける

メイヨー・クリニック(Mayo Clinic)によれば、果物や野菜は直接的には乳癌リスクを減らしませんが、乳癌(予防)の重要な要素である健康的な体重の維持に役立ちます。ウェブサイトのチューズマイプレート.gov(choosemyplate.gov)は、栄養情報を表示するとともに健康的な食事のヒントを提供しています。

7)夜間に浴びる光を制限する

ブレストキャンサー.orgによれば、メラトニンの量が少ないことが乳癌に関与すると疑われています。メラトニンは体の睡眠周期を調節しており、その産生は暗い夜間にピークとなって、体が強い光を浴びる昼間に最低となります。夜間に働く女性はメラトニンの量が少ない傾向にあり、乳癌のリスクが高まります。

8)少なくとも1年間は母乳を与える

子供がいるのであれば、母乳を与えるよう米国癌協会は勧めています。女性が母乳を与えると、月経周期は妊娠中に欠落する9回に加えてさらに少なくなります。これによりエストロゲン値が下がり、乳癌リスクが減ります。

9)プラスチックの使用を控える

合成の弱エストロゲンであり、ホルモン撹乱物質として作用する化学物質のビスフェノールA(BPA)がプラスチックには含まれています。ブレストキャンサー.orgによれば、BPAはエストロゲンなどのホルモンを阻害したり似た働きをすることで、それらホルモンの働き方に影響を及ぼし、ホルモンバランスを狂わせて乳癌リスクを高めます。

10)可能であればホルモン補充療法(HRT)を避ける

ブレストキャンサー.orgによれば、ホットフラッシュや疲労感といった更年期症状の緩和に用いられるホルモン療法は、乳癌のリスクを高めます。エストロゲンとプロゲステロンを使用する併用HRTは、乳癌リスクを75%高めます。エストロゲンのみのHRTも乳癌リスクを高めますが、これは10年間ずっと利用した後に限ります。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- メロセット 3 (メラトニン) 3mg (10錠) 440 円