がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-10-14

ソース(記事原文):デイトン・デイリー・ニュース

侵襲性の高い乳癌は黒人女性に多くみられる

デイトン・デイリー・ニュース(2011年10月14日)― 黒人女性は乳癌で死亡する割合が高いという研究結果

常勤ライターのアミーリア・ロビンソン(Amelia Robinson)著

黒人女性は白人女性ほど癌の発現頻度が高くないが、侵襲性の高いタイプの癌で若くして死亡する割合は高い。

フランキー・ヘラルド(Frankye Herald)はこれについて嫌というほど知り尽くしている。

マイアミバレー病院(Miami Valley Hospital)の看護師ヘラルドさんは、7年前、骨転移した侵襲性の高い乳癌の再発に倒れた43歳の姉テリ・ヘラルド(Terri Herald)さんを看病した。

同病院のアフリカ系アメリカ人女性の健康プログラム「マホガニーの子供(Mahogany’s Child)」の責任者でもあるヘラルドさんは、「手のほどこしようがない状態でした。姉は癌に食いつぶされたのです」と話す。「姉の場合、奇跡的だったと言えるのは、癌に蝕まれていたとはいえ、精神的にはそれでも元気で、痛みもありませんでした」

テリ・ヘラルドさんは2001年に初めて癌と診断され、当時39歳という若さであった。

黒人女性は40歳未満での乳癌発症率が高いほか、どの年齢層でも乳癌で死亡する割合が高い。アメリカがん協会(American Cancer Society)によれば、全米における2003年~2007年の乳癌死亡率は、黒人女性で32.4%であったのに対し、白人女性では23.9%であった。

あらゆる年齢層の黒人女性癌患者は、白人女性患者よりも、対側乳房にも発現するタイプの癌になる頻度が高い。45歳未満の女性はどちらかどいえば侵襲性の高い乳癌を発症する傾向が強いとする研究報告が、米国がん研究学会(American Society of Cancer Research)の健康軽視問題に関する会議で先月発表された。

この会議で、デューク大学(Duke University)乳癌・卵巣癌プログラムの責任者の一人であるビクトリア・ワルト(Victoria L. Seewaldt)博士は、高リスクの若年黒人女性において乳癌の早期発見につながりうるシグナル伝達経路を特定できる検査法を発表した。これは、癌細胞の発現前でも検査できるもので、より早期発見と予防対策になる。

ワルト氏は「乳癌になるのをぼんやりと待っているというアイデアは受け入れがたい。女性の死亡数の多さは容認できないほどである」と語った。

同氏は、検査でリスクが示された女性には運動・減量プランを実行してもらい、比較的安価な糖尿病治療薬メトホルミンを処方するとしている。また、侵襲性の高い乳癌というのは問題の一部にすぎないとも述べた。十分な医療へのアクセスが制限されていることや、保険に加入してないか、加入していても保険適用がごくわずかな保険であることにより、多くの黒人女性が適切な検診を受けられない状態にある。

同氏は「多くの若い女性は、人種に関わらず、保険に加入していない」としている。「こうした健康軽視はアフリカ系アメリカ人女性にみられる」

デイトン&モントゴメリー郡公衆衛生局の発表によると、癌進行期の診断率は白人女性(26.8%)よりも黒人女性で高く(30%)、研究者らはこれが医療格差、社会経済的要因、言葉の壁、教育・文化の差に関連があるとしている。

モントゴメリーは黒人の人口が最多で、乳癌による死亡が最大の郡部でもあり、乳癌をはじめとする疾患のサポートを、予防・教育へと切り替えることに焦点を当てている。

主に黒人の乳癌をサポートするグループ「シスター・シスター(Sister-Sister[女性同士])プログラム」はモントゴメリー郡が資金提供しているもので1月に終了する予定である。

衛生局副局長ジェフリー・クーパー(Jeffrey A.Cooper)氏によれば、2012年~2015年までレヴィー(Levy)福祉サービスおよび州からの財政支援が削減されることで、予想額が1,730万ドルになることを見越し、地区保健局が提供する18,000ドルのプログラムをはじめとする複数のプログラムがカットされるという。

モントゴメリー郡では、周辺地域に他のサポート(支援)グループが複数あるので、他の地域と重複しているサービスを提供することはもはやできない。

禁煙プログラムや地域パートナーとの協働プロジェクト、具体的には「ゲット・アップ・モントゴメリー郡(Get Up Montgomery County)」などが慢性疾患と闘うための備えとなる、とクーパー氏は語った。

また「納税者のお金の使い道として、支援グループを提供するよりも、協働アプローチの方がはるかに優れている」とも述べた。

シスター・シスタープログラムにおける退職者に関する世話役であるブラッドリー(Rosalee Bradley)さんは、他の人々と同様、黒人女性も自分の健康上の必要性を後回しにしがちであるとしている。

ブラッドリーさんは「私たちの仕事は人の面倒をみることです。自分たちの子供や両親の世話もしますし、皆さんのお世話もしています」と話す。

ブラッドリーさんやヘラルドさんは、マイアミバレーにおいて早期発見と検診の重要性について黒人女性を教育するよう試みているという。

ヘラルドさんと「マホガニーの子供」プログラムの看護師他2名は、女性団体と教会や、その他の機関で、乳房の健康をはじめとする様々な健康の話題に関する講習会を行っている。

何世代にもわたって引き継がれた誤解や悪習慣と闘うことが多々あるという。

ヘラルドさんは「高齢者に働きかけることで、高齢者から若い女性や子供たちに(正しい)情報が伝わるようにしています」と話す。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- グリシフェージ(メトホルミン)500mg (20錠) 310 円

- グリシフェージ(メトホルミン)850mg (10錠) 260 円

- アロー・メトホルミン500mg (500錠) 2680 円

- アロー・メトホルミン850mg (250錠) 2240 円

- アポ・メトホルミン (塩酸メトホルミン)500mg (500錠) 2980 円

- アポ・メトホルミン (塩酸メトホルミン)850mg (250錠) 2400 円

- アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)1mg/500mg (10錠) 450 円

- アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)2mg/500mg (30錠) 2900 円

- メトホルミン (塩酸メトホルミン) 500mg (500錠) 4320 円

- メトホルミン (塩酸メトホルミン) 850mg (250錠) 3990 円

- ガルバス・メット50/1000(ビルダグリプチン/メトホルミン)50mg/1000mg (10錠) 1110 円

- グリシフェージP15(ピオグリタゾン/メトホルミン)15mg/500mg  (10錠) 440 円

- メトホルミン(塩酸メトホルミン)850mg(500錠入) (500錠) 4890 円

- メトホルミン(塩酸メトホルミン)500mg(1000錠入り) (1000錠) 6900 円

- プランディアル・エム0.2(塩酸メトホルミン/ボグリボース)500mg/0.2mg  (10錠) 420 円

- メトチェック(塩酸メトホルミン)500mg (1000錠) 7820 円

- メトホルミン・マイラン(塩酸メトホルミン)850mg  (500錠) 4600 円

- アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)1mg/500mg(30錠入) (30錠) 1570 円

- ユーレパ・エム・エフ1(レパグリニド1mg/メトホルミン500mg)(10錠) (10錠) 1260 円

- グルコフェージ(塩酸メトホルミン)850mg(100錠) (100錠) 1680 円

- グルコフェージ(塩酸メトホルミン)1000mg(100錠) (100錠) 1980 円

- セタピンXR(塩酸メトホルミン) 500mg (150錠) (150錠) 2400 円

- セタピンXR(塩酸メトホルミン) 1000mg (150錠) (150錠) 4800 円