糖尿病 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-04-12

ソース(記事原文):トゥーリバーズ・トリビューン

健康最前線:糖尿病とメラトニン

トゥーリバーズ・トリビューン(2013年4月12日)― TRT寄稿者で医師のジェリー・ディキャピュア(JERRY DeCAPUA)著

睡眠制御をつかさどるホルモンであるメラトニンが低値である場合、糖尿病リスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示唆された。ハーバード大学ブリガム&ウィメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)の研究者らは、大半のホルモンを均衡に保つ脳ホルモン(すなわちメラトニン)と、糖尿病リスクとの間に一部関連のあることを見出せるのではないかと期待した。その結果、発見されたことの重大さに驚いた。12年間で、メラトニン値が最も低い女性は、脳ホルモン最高値の人と比較して、2型糖尿病の発症率が2倍以上高かった。

メラトニン受容体は、インスリンを産生する膵臓内をはじめとして全身で認められた。膵臓内にホルモン受容体が存在することは、インスリン産生およびインスリン抵抗性に影響を与えることを示唆している。ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院(Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania)Perelmanの糖尿病研究所責任者で医学部教授のミッチェル・ラザー(Mitchell Lazar)博士は「メラトニン値は単に人体の体内時計がどの程度良好に作動しているのかの指標であるということも大いにありうる」と語った。人間の睡眠-覚醒サイクルは、糖尿病リスクの原因となる環境因子である。交代制の仕事をしている人では糖尿病の発症率が高いことが明らかにされている。ラザー氏は「つまり、メラトニン低値は糖尿病を引き起こす可能性がある一方、糖尿病がメラトニン低値を引き起こす可能性もある」としている。

血糖値の高い人にメラトニンのサプリメントを勧める前に、さらなる研究が期待される、とアメリカ医師会機関紙(JAMA:Journal of the American Medical Association)で報告された。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- メロセット 3 (メラトニン) 3mg (10錠) 440 円