その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2014-07-14

ソース(記事原文):ニュース・ヘラルド

レイク郡の判事ら、アヘン中毒の犯罪者のための自主的なナルトレキソンプログラムを開始することで合意

ニュース・ヘラルド(2014年7月14日) ― レイク郡(Lake County)の一般訴訟裁判所の判事ら4人は、薬物関連の犯罪者がアヘン中毒と戦う助けとなるよう、自主的なナルトレキソン注射が含まれるよう代替治療計画を進めることを決定した。

判事であるユージン・A・ルッチ(Eugene A. Lucci)、リチャード・L・コリンズ(Richard L. Collins)、ヴィンセント・A・クロッタ(Vincent A. Culotta)、ジョセフ・ギブソン(Joseph Gibson)は共同で7月11日に、通常は一般的な問題や行政機能を議論する会議で決定した。

行政判事であるルッチは、アヘン中毒者への月1回のナルトレキソンの投与は、プログラムの主要要素であるカウンセリングを補助するものだと述べた。

カウンセリングは、レイク-ジアーガ・リカバリー・センター(Lake-Geauga Recovery Centers)が集中外来治療プログラムを通じて提供する。

ナルトレキソンはアヘン剤の作用を抑制する、とルッチ。アヘンを使用している人は、ナルトレキソン注射で禁断症状が重くなる可能性が高いので、プログラムの参加者は注射を受ける前に解毒する必要がある。

「我々は、保護観察対象者がカウンセリングの補助として薬による支援を選択することができるようにすることを決めた」とこの判事は述べた。「ナルトレキソンは主要部分ではない。変化を生じさせなければならないのは認知部分である。ナルトレキソンが保護観察対象者を支援するためにあり、その使用は保護観察対象者の選択よるものだ」

ナルトレキソン注射は医師が行い、注射部位に最小の副作用が発生することがある、とルッチは言った。既に二人、このプログラムを開始している。

「判事はどんなタイプの医療処置も受けるよう人に命じたりはしないが、保護観察対象者が利用できるようにする」とルッチ。「保護観察部門は、これを保護観察対象者に知らせる」

保護観察者は、治療を完了するという裁判所の命令の一貫としてとしてプログラムを使用できるとルッチは述べた。

レイク郡の保護観察部門(Probation Department)は、自主的なナルトレキソンプログラムを開始するために、スマート・オハイオ補助金給付プログラム(Smart Ohio Funding program)を通じてオハイオ州リハビリテーション矯正部(Ohio Department of Rehabilitation and Correction)から初回助成金15万ドルを受け取った。

この補助金交付は3月1日から始まり2015年7月1日まで実施されるものだが、ナルトレキソン注射が1回約千ドルであり、多くの場合12ヶ月間投与されるので、最大19人分の資金になるとみられている、とルッチは述べた。判事らは正式にプログラムを開始し、コロンバスで6月30日に開催されるオハイオ州2014アヘン会議(Ohio 2014 Opiate Conference)で専門家から意見を聞くために、より多くの情報が入手できるようになるのを待っていた。

ナルトレキソンプログラムにはメディケイドの資格があったり、注射費用を支払う可能性がある保険に加入している人も参加する、とルッチは言った。

判事らは、ナルトレキソンを開始する前にアヘン中毒を確実に解毒するため、参加者を拘禁するかどうかも決定する必要がある。通常解毒には約30日かかる。

ルッチは、この問題に対する答えは、ペーンズビル・タウンシップ(Painesville Township)の旧レイク郡軽警備施設(Lake County Minimum Security Facility)を薬物治療やリハビリテーション施設に再利用することを郡が検討しているという事実に見出すことができると言った。ジュディ・モラン(Judy Moran)長官を含む郡の指導者たちは、投資をしてくれる可能性があるグループとの協議を始めている。

「(レイク郡刑務所)内部に拘禁するのではなく、出入りできるようにする方がより理にかなっているだろう」とルッチ判事は述べた。

多くの場合、アヘン中毒者が出獄したときまず行うことの一つが別の麻薬を入手しようすることなので、治療の一貫としてナルトレキソンを選択したら、彼らは拘禁後すぐにプログラムを開始する必要がある、とルッチは言った。

「この治療法を選択したら、まだ認知療法を受けていない患者なので、間をおかず拘禁後すぐに開始しなくてはならない」とルッチ。「これらの患者は未治療なので、ヘロインに走ってしまうかもしれない」


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ノディクト(レヴィア/レビアジェネリック)50mg (10錠) 2660 円

- コントレイブ(塩酸ナルトレキソン/塩酸ブプロピオン) () 0 円

- ミシンバ徐放錠(塩酸ネルトレキソン(ナルトレキソン)/バプロピオン(ブプロピオン)塩化水素)8mg/90mg(112錠) (112錠) 37500 円