その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2015-03-19

ソース(記事原文):カナダ科学出版社

妊娠中のネズミにおける過剰なビタミン摂取は、子の食べ物の好みに影響を与える

【カナダ科学出版社】(2015年3月19日) ― オンタリオ州オタワ

トロント大学栄養科学学部と医学部の研究者グループが、母親が必要量以上のビタミン(A、D、E、K)をすると、子の脳の発達と行動にどのような影響を与えるのかをネズミを使って実験している。彼らの発見のいくつかが、本日『 Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism』ジャーナルに掲載された。

ビタミンに関する調査の多くが、ビタミン不足の防止や過剰摂取による毒性に焦点を当てている。しかしながら、摂取により上記の必須ビタミンが得られる食べ物はほとんどなく、現在の食事のほとんどがそうであるように、栄養の欠乏を防ぐために義務的に食べ物の栄養価を高めたり、思うように栄養を追加(シリアルなど)しているほか、健康食品やビタミン剤に頼る人が増加している。妊娠中の多くの女性は質のよい食事をしているが、それと同時にビタミン剤も摂取しているようで、その総量は必須ビタミン量を超越していると思われる。

脂溶性のビタミンは、胎児の成長および発達においては異なる役割を持っている。この研究の目的は、妊娠中の高脂質ビタミン食がオスのウィスターネズミの子の体重、食事の摂取そして食事の好みにおよぼす影響についての測定である。研究の結果、体重増加と食事の摂取に対してはほとんど影響がなかったが、脳の発達と食べ物の好みに変化がみられた。

この研究の主任であり共著者であるハービー・アンダーソン博士によると、この調査は母親が摂取する高ビタミンの食事は、子の食べ物の好みを左右する快楽経路に影響を与えることを示している。例えば、母親が高ビタミン食を摂取していた場合、子は砂糖液をほとんど飲まず、甘さに対する好みが減少していた。つまり健康な脳にとって上記の必須ビタミンの消費は、子の食べ物の好みおよびほかの関係の行動にも影響を与えると推測される。

「これらのデータは、脂溶性ビタミンが脳の発達におよぼす基本的な役割に関する新情報ではありますが、ネズミの脳の発達段階は人間とは異なります」と、この研究の共著者であるアンダーソン博士。「とは言うものの、必要以上のビタミンを摂取した場合の脳の発達に与える影響については、ほとんどわかっていないことは確かです」。

ヒトの母親およびその子への適用は、依然として未定である。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- メネビット/メンエビット  (30錠) 3580 円

- エレビット (30錠) 3500 円

- エレビット・ウイメンズ・マルチ(ビタミン/ミネラル) (60錠) 3580 円

- ヨード配合エレビット・マルチ(ビタミン/ミネラル/ヨード) (30錠) 3860 円

- パーフェクトスキン・ハイドロコンプレックス (30カプセル) 3680 円

- コアサチン非ステロイド性クリーム(小児治療用)(アラントイン/パンテノール/ビタミンB6/ビタミンEなど) (30gチューブ) 4970 円

- ゴールドオメガ・スリー (60カプセル) 1950 円

- コアサチン非ステロイド性クリーム(糖尿病性足潰瘍支持療法用)(アラントイン/パンテノール/ビタミンB6/ビタミンEなど) (30gチューブ) 6630 円

- ビタミンB12アイクリーム・プラス(ビタミンB12/ロサケンティフォリアウォーター/ヒアルロン酸/スクワラン/カフェイン/アラントイン/シアバター/ビタミンE/ビタミンC/ビタミンB3)(15mL) (15mL) 7800 円

- バイオ・イー250IU(ビタミンEサプリメント(ビタミンE250IU/小麦胚芽油150mg/レシチン50mg)(60カプセル) (60カプセル) 5880 円