その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-11-09

ソース(記事原文):EmpowHER.com

局所性ジストニアの治療法とは

EmpowHER.com(2011年11月9日)― エリザベス・スタナード・グロミシュ(Elizabeth Stannard Gromisch)著

局所性ジストニアの患者は、顎、声帯、首など体の特定部分において、筋肉の不随意収縮が見られます。この病気はさまざまな要因によって起こります。

例えば、外傷や脳卒中などの脳損傷が原因となることがあります。出産時に酸素不足があれば、その赤ん坊は局所性ジストニアとなる可能性があります。

中には、遺伝的異常によってこの病気になる人もいます。そのほかの原因として、ビタミンB12欠乏症、感染症、一酸化炭素中毒、重金属中毒などが挙げられます。

局所性ジストニアの診断を行うため、医師はさまざまな検査を実施します。患者は、例えば血液検査、遺伝子検査、尿検査、脊椎穿刺を受けます。また、医師は筋電図検査によって患者の筋肉の電気的活動を調べることもあります。

神経の電気的活動の評価には神経伝導検査を利用し、一方、脳の電気的活動の評価には脳波検査を利用します。医師は、MRIやCTなど脳スキャンの実施を選択することもあります。

診断のための検査には、これ以外にも経頭蓋超音波検査、神経学的評価、眼の検査のほか、神経、皮膚、筋肉の生検があります。

局所性ジストニアについてはさまざまな治療法が利用可能です。その1つが、神経伝達物質の量に影響を及ぼす薬物療法になります。ニューヨーク大学ランゴン医療センター(NYU Langone Medical Center)は、治療薬としてブロモクリプチン、トリヘキシフェニジル、筋弛緩剤、ベンズトロピン、プロシクリジン塩酸塩のほか、レボドパとカルビドパを挙げています。これらの薬は、この病気の進行を遅らせることはできませんが、症状を和らげる助けになります。

これら薬のいずれを用いても、副作用が起こります。例えば、ベンズトロピンやトリヘキシフェニジルなどの抗コリン薬によって、鎮静状態や記憶障害が起こることがあります。国立神経疾患・脳卒中研究所(National Institute of Neurological Disorders and Stroke : NINDS)の指摘では、こうした副作用は、患者が年配の場合や薬を比較的高用量で投与した場合によく起こります。

局所性ジストニアのもう1つの治療選択肢は、ボツリヌス毒素の注射です。

これは、筋収縮を防ぐ治療法として最も効果的であるとNINDSは指摘しています。

この効果は、次の注射が必要になるまで数カ月間持続します。患者によっては、筋収縮の緩和に外科手術を必要とすることもあります。外科医は、罹患筋肉に情報を送る神経を切断するか、またはそうした筋肉を切除します。

局所性ジストニアの症状は脳深部刺激療法によって和らぐことがあり、この治療法では、脳に埋め込まれた電極が制御レベルの電気を送ることで、症状を引き起こす信号を妨げたり阻害したりします。そのほか、発声障害には言語療法など、個々の症状に合わせた治療法が役に立ちます。さらに、治療選択肢として理学療法やバイオフィードバックもあります。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- シネメットCR(レボドパ、カルビドパ)200/50 (100錠) 8900 円

- シネメット(カルビドパ/レボドパ)25/100 (100錠) 3610 円

- シネメット(カルビドパ/レボドパ)25/250 (100錠) 8080 円

- アポ・ブロモクリプチン (メシル酸ブロモクリプチン) 2.5mg (100錠) 6980 円

- パーロデル (メシル酸ブロモクリプチン) 2.5mg (10錠) 1610 円

- ベクソル (塩酸トリヘキシフェニジル) 2mg  (10錠) 210 円

- リスドン・プラス(リスペリドン/トリヘキシフェニジル塩酸塩)3mg/2mg (10錠) 390 円