心臓・血液の病気 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-09-30

ソース(記事原文):ジー・ニュース

心臓病:種類と治療法

ジー・ニュース (2011年9月30日) ― シュルティ・サクセナ(Shruti Saxena) 著

その名前が示すように、心臓病(心疾患)とは心臓が侵されるさまざまな病気の総称です。

以下に心臓病の主な種類を挙げています。

冠動脈心疾患

冠動脈心疾患は、冠動脈の循環不全によって心筋や周辺組織に十分な循環血液を供給できない病気です。

冠動脈心疾患の主要原因として、高血圧症、高コレステロール血症、喫煙、肥満、運動不足、ストレス、過体重が挙げられます。

治療法

冠動脈心疾患治療の最初のステップは、定期的に運動する、過剰な喫煙・飲酒を止める、健康的な体重を維持する、バランスの良い食事をとることです。

ただし重症の冠動脈心疾患の治療では、冠動脈形成術と呼ばれる手術を行うこともあります。

これとは別の冠動脈バイパス術は、冠動脈形成術と比べて適応が少ないものの、より血流を維持できる方法と言われています。この手術も必要に応じて実施します。

心筋症

基本的には、心筋(心臓の筋肉)が侵される一連の病気のことです。

心筋症は、心筋障害の種類によって以下の3つに区別されます。

拡張型心筋症:この病気では心筋が弱くなり、心房や心室が拡大します。

肥大型心筋症:この病気では心筋そのものが正常よりも厚くなります。

拘束型心筋症:心臓が硬くなり、拡張期(心室に血液が充満する期間)に効率良く血液を満たすことができない病気です。

治療法

1)患者の症状、年齢、全身の健康状態のほか、心筋症の特定のタイプや重症度によって治療は決まります。アルコール依存症など、根底にある治療可能な原因が特定された場合は、その治療を行う必要があります。

2) 心筋症の種類に応じて、心臓の仕事量を減らす薬、心拍を調節する薬、血栓の形成を防ぐ薬、体液貯留を避ける薬が処方されます。

心血管疾患

心血管疾患は、心臓や血管(動脈および静脈)にかかわる病気の種類です。

心血管疾患という言葉は、通常、アテローム性動脈硬化(動脈疾患)に関連した病気を指すために用いられます。この種の病気は、原因、メカニズム、治療法が似ています。

心血管疾患の原因として、加齢、喫煙、肥満、遺伝、コレステロール高値などが挙げられます。

治療法

1)適時、血圧をチェックする。塩分が少ない食事をとり、運動をして、動脈の機能を維持することで血圧を低く保つことが重要です。

2)コレステロール、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸の摂取を控える。

3)肉を控える。飽和脂肪酸の少ない食事は、特に心臓病、肥満、がん、糖尿病を防ぐ重要な一因子です。

4)定期的に運動する。運動には非常に多くの利点があります。運動をすることでストレスが和らぎ、血圧が低下し、脂肪が燃焼され、免疫系が強化されます。そしてその日の残りの時間を良い気分で過ごすことができます。

5)健康的な体重を維持する。あるいは、健康のために必要であれば減量する。

6)ストレスは血圧を上昇させるため、不必要なストレスを避ける。

虚血性心疾患

虚血性心疾患は、心臓への血液供給量の減少を特徴とする病気です。

冠動脈は、心臓のさまざまな筋肉に血液を供給しています。代わりとなる血液供給がない場合、つまり冠動脈が閉塞すると心筋への血液供給量が減少します。

ほとんどの場合、虚血性心疾患はアテローム性動脈硬化が原因で起こります。この病気は、血管造影法で動脈の内腔が正常に見えるときでも存在することがよくあります。

治療法

虚血性心疾患の場合は、硝酸薬による治療が最も一般的です。硝酸薬には機能障害に陥った冠動脈を拡張させる働きがあります。

虚血性心疾患の治療に使用する薬として、そのほかにはプロプラノロールなどのβ遮断薬があります。この薬は痛みを止めるのに非常に効果的です。β遮断薬には、心拍数を減らすことで心筋の酸素需要量を減少させる作用があります。

心不全

心不全とは、名前が示すとおり、体が必要とする十分な量の血液を心臓が供給できない病態のことです。中には、心臓が十分な量の血液を満たすことができない場合もあります。そのほかには、心臓が十分な力で体の他の部分に血液を送り出せない場合もあります。

心不全の原因としてよくみられるのは、高血圧症、冠動脈心疾患、心臓弁膜症、心筋症です。

治療法

通常、医師は複数の薬を併用して心不全を治療します。ただし、使用する薬は主に患者の症状によって決まります。治療薬は下記のようにさまざまな種類があります。

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬:この薬は血管を広げて、血圧を低下させるとともに血流を高めることで心臓の仕事量を減らします。代表的なものとして、エナラプリル(バソテック)、リシノプリル(プリニビル、ゼストリル)、カプトプリル(カポテン)があります。

アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB):ロサルタン(コザール)、バルサルタン(ディオバン)などがあり、この薬にはACE阻害薬と同じ効果がたくさんあります。ARBは、ACE阻害薬に忍容性がない人の代替薬となることがあります。

ジゴキシン(ラノキシン):この薬は心筋の収縮力を高めます。また、心拍数を減少させます。

β遮断薬:このクラスの薬は、心拍数を下げて血圧を低下させます。代表的なものは、カルベジロール(コレグ)、メトプロロール(ロプレッサー)、ビソプロロール(ゼベタ)です。

高血圧性心疾患

直接または間接的に、高血圧が原因で起こる病気です。この病気では高血圧に対処するため心臓に負担がかかることから、心筋が厚くなります。また、症状はこのほかにもあります。高血圧性心疾患の原因として、最も重要なのが本態性高血圧です。本態性高血圧は、うっ血性心不全、腎不全、大動脈疾患の原因にもなります。

治療法

基本的な治療法は以下のとおりです。

1. 体重を減らす。

2. アルコール摂取量を減らす。

3. 塩分摂取量を減らす。

4. 運動量を増やす。

5. 特定のストレスを減らす。

6. 喫煙量を減らす。

炎症性心疾患

炎症性心疾患は、心筋やその周辺組織の炎症を伴う病気です。炎症は、細菌またはウイルスの感染、あるいは内的な特徴から生じる影響が原因で起こります。

炎症性心疾患の種類は以下のとおりです。

心内膜炎-心内膜と呼ばれる心臓の内層の炎症です。障害を受ける構造として最も多いのが心臓弁です。

炎症性心肥大

心筋炎-心臓の筋肉の部分である心筋の炎症です。

治療法

基本的な治療法は以下のとおりです。

1. 抗炎症薬の使用

2. 手術

心臓弁膜症

心臓弁膜症とは、心臓の1つ以上の弁が侵される病気の経過のことです。心臓弁膜症によって侵される心臓弁は4つあります。心臓の右側にあるのが三尖弁と肺動脈弁、心臓の左側にあるのが僧帽弁と大動脈弁です。

心臓弁膜症は先天的または後天的に発症します。また、この病気の原因となる因子にはリウマチ熱、先天性心疾患、心臓の拡大などがあります。

心臓弁膜症は以下のようにさまざまな種類があります。

先天性弁膜症:大動脈弁や肺動脈弁が最もよく障害されます。

大動脈二尖弁による弁膜症は、大動脈弁が障害される先天性の弁膜症です。

後天性弁膜症:さまざまな感染症が原因で、以前は正常であった弁が構造的に変化することで起こる障害などがあります。

僧帽弁逸脱症(MVP):よくみられる病気で、心臓の収縮期に僧帽弁の前尖・後尖が左房側に落ち込みます。

治療法

心臓弁膜症の治療法は、その種類と重症度によって決まります。心臓弁膜症の治療目標は3つあり、さらなるダメージから弁を守ること、症状を軽減すること、弁を修復または交換することです。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ヴァルザール(ディオバンジェネリック)80mg (10錠) 880 円

- ヴァルザール(ディオバンジェネリック)160mg (10錠) 1160 円

- ヴァルザールH(ディオバンHCTジェネリック)160mg (10錠) 1250 円

- ヴァルザールH(ディオバンHCTジェネリック)80mg/12.5mg  (10錠) 1070 円

- コルビス(ビソプロロールフマル酸塩)2.5mg (10錠) 530 円

- ビセレクト(ビソプロロールフマル酸塩)5mg (10錠) 710 円

- ビセレクト(ビソプロロールフマル酸塩)10mg (10錠) 880 円

- コザール (ロサルタンカリウム) 12.5mg (30錠) 2980 円

- コザール (ロサルタンカリウム) 50mg (30錠) 3410 円

- コザール (ロサルタンカリウム) 100mg (30錠) 5290 円

- ラノキシン (ジゴキシン) 250mcg (インド製) (10錠) 120 円

- インデラル40 (塩酸プロプラノロール) 40mg (10錠) 340 円

- エンバス (マレイン酸エナラプリル) 10mg (15錠) 450 円

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)23.75mg (30錠) 1690 円

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)47.5mg (30錠) 1690 円

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)95mg (30錠) 2150 円

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)190mg (30錠) 3410 円

- カーディノル (塩酸プロプラノロール)10mg (100錠) 1150 円

- カーディノル (塩酸プロプラノロール)40mg (100錠) 1610 円

- エーステン 25 (カプトプリル) 25mg (10錠) 300 円

- カーロック3.125 (カルベジロールBP) 3.125mg (10錠) 260 円

- カーロック6.25 (カルベジロールBP) 6.25mg (10錠) 300 円

- カーロック25 (カルベジロールBP) 25mg (10錠) 570 円

- ゼストリル (リシノプリル) 5mg  (7錠) 540 円

- ゼストリル (リシノプリル) 10mg (7錠) 810 円

- ベタロック (酒石酸メトプロロール)100mg (10錠) 620 円

- シプリル2.5 (リシノプリル) 2.5mg (10錠) 280 円

- シプリル5 (リシノプリル) 5mg (10錠) 360 円

- シプリル10 (リシノプリル) 10mg (10錠) 440 円

- ハイザール(ロサルタンカリウム/ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg (30錠) 3950 円

- シプリルH(リシノプリル/ヒドロクロロチアジド)5mg/12.5mg  (10錠) 620 円

- メトラーXR-100(コハク酸メトプロロール)100mg (10カプセル) 650 円

- ロスタール(ロサルタンカリウム)12.5mg (90錠) 1280 円

- カプトプリル(カプトプリル)50mg  (100錠) 1780 円

- ラノキシン(ジゴキシン)250mcg(ニュージランド市場向け) (240錠) 2680 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)47.5mg (30錠) 980 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)95mg (30錠) 1700 円

- コバンス(ロサルタンカリウム)50mg (10錠) 520 円

- アロー・リシノプリル20 (リシノプリル)20mg(90錠入) (90錠) 1890 円

- エシックス・エナラプリル(マレイン酸エナラプリル)5mg (100錠) 850 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)23.75mg (30錠) 860 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)190mg (30錠) 2140 円

- ジデラル(塩酸プロプラノロール)40mg (50錠) 890 円

- ロサルタン-ロサルタンカリウム-12.5mg (84錠) 890 円

- ロサルタン(ロサルタンカリウム)100mg  (84錠) 2450 円

- エシックス・エナラプリル(マレイン酸エナラプリル)10mg (100錠) 1280 円

- カーロック12.5(カルベジロールBP)12.5mg(15錠入) (15錠) 560 円

- アロー・リシノプリル5 (リシノプリル)5mg(90錠入) (90錠) 1450 円

- アロー・リシノプリル10 (リシノプリル)10mg(90錠入) (90錠) 1620 円

- リシノプリル・エシックス (リシノプリル)5mg (90錠) 1580 円

- リシノプリル・エシックス (リシノプリル)10mg (90錠) 1740 円

- リシノプリル・エシックス (リシノプリル)20mg (90錠) 1950 円

- インデラル40 (塩酸プロプラノロール) 40mg(15錠) (15錠) 400 円