エイズ(AIDS)・HIV - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2008-03-24

ソース(記事原文):ABCヘルスデイニュース

抗レトロウィルス薬はHIVの性交感染を防げるか。

マウスを用いた試験では、HIVの蔓延防止に抗レトロウィルス薬が役立つ可能性が高いことが示された。

2008年3月24日

通常、抗レトロウィルス薬はHIV感染者の治療に用いられるのだが、この薬にHIVウィルス感染予防効果もある可能性があることが、ダラスにあるThe University of Texas Southwestern Medical Centerの研究員が行った研究により明らかになった。

HIVウィルスの感染者数は世界中で増え続けているのだが(1日に6,800人が新たにHIVウィルスに感染)、その大多数は、HIV予防対策を講じずにHIV感染者と性交を行い、感染している。

今回の研究では、人間の免疫システムと全く同じ免疫システムを持つ特別なマウスが使用された。このマウスの免疫システムは、特にヒトHIVウィルスに対するウィルス撃退細胞を生成する。これらのマウスがHIVウィルスに感染しているマウスと交尾を行う前と後に、抗レトロウィルス薬を投与した。これを毎日続けたところ、抗レトロウィルス薬によりHIVウィルスの交尾感染が妨げられることがテキサス大学研究チームにより明らかにされた。

HIVウィルスは交尾行動を介してこれらマウスの体内に侵入したのであるが、抗HIV薬であるエムトリシタビン(FTC)及びフマル酸テノホビルジソプロキシル(TDF)を投与されたマウスにHIVウィルス感染の兆候が全く見られなかったのである。これとは対照的に、前述の抗HIV薬を投与されなかったマウスの90%にHIV感染が認められた。

この研究結果は1月14日のオンライン版PLoS Medicineに掲載された。

「我々の目的は、HIV治療に大きな効果を持ち、早急に治療に導入することのできる医薬品を探し出すことだ」と、内科学教授であるJ.Victor Garcia-Martinez博士は、報告書の中で述べている。

「新薬が出てくるまで待てない。女性が講ずることのできるHIV予防策が、今必要なのだ。抗レトロウィルス薬がHIVウィルス感染予防薬として有効であり、AIDSの更なる蔓延を防ぐのに役立つことを、我々の研究も示している」とGarcia-Martinez博士は述べた。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- テンビルEM(ツルバダジェネリック) (30錠) 8900 円

- ビラデイ(フマル酸テノホビルジソプロキシル/エムトリシタビン/エファビレンツ) (30錠) 18450 円

- タビンEM(ツルバダジェネリック) (30錠) 7690 円

- キュービル・キット(アタザナビル/リトナビル/テノホビル/エムトリシタビン)300mg/100mg/300mg/200mg  (2錠) 980 円

- トリオデイ(フマル酸塩テノホビルジソプロキシル300mg/ラミブジン300mg/エファビレンツ600mg)(30 Tablets) (30錠) 7660 円