心臓・血液の病気 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-10-09

ソース(記事原文):ヘルス・ニュースライン

救急搬送中のメトプロロール投与が心臓損傷を減少

ヘルス・ニュースライン(2013年10月9日) ― 病院搬送中の心発作患者に安価なβ(ベータ)遮断薬を投与すると、心臓へのダメージを有意に小さく抑えられることが明らかにされた。

スペイン国立カルロスIII循環器研究所 (Centro Nacional de Investigaciones Cardiovasculares Carlos III:CNIC)と、米国マウントサイナイ医科大学アイカーン医学部(Icahn School of Medicine at Mount Sinai)の研究者らが実施した共同臨床試験から得られた結果によれば、心発作患者に対する安価なβ遮断薬メトプロロール投与が、有意な臨床的利益をもたらす可能性がある。

現時点では、患者に薬物投与を行うのは、標準的な血管形成術(心臓の動脈血栓を除去する典型的な治療法)の施行後に限られている。

しかし、急性心筋梗塞時の血栓除去は即時に行われるべきである、と研究者らは主張している。冠動脈の再開通が遅れると心臓の細胞死を招き、再開通が遅れるほど心臓細胞への損傷も大きくなる。損傷が広範囲に及ぶと、心臓のポンプ力は回復不能となる。

試験内容

本試験を実施するにあたり、8ヵ所の病院における2010年以降の心筋梗塞入院患者270人を研究者らが検討した。

病院への救急搬送中、心筋梗塞を発症した時点でメトプロロールを静脈内投与する群、もしくはプラセボを投与する群のいずれかに患者を無作為に割り付けた。

救急搬送中の医療介入の有効性を判定するため、心筋梗塞後1週間の時点で、被験者にMRIを行った。

MRI検査は、損傷を受けた心臓組織の量を全患者で測定するのに有用であった。

この結果から、病院搬送中にメトプロロールを投与された患者は、プラセボを投与された患者と比べ、梗塞サイズが小さいことが明らかとなった。梗塞サイズが小さいほど、心臓収縮が優れていることになる。

「以上から、薬剤による保護戦略は、プライマリーPCI(経皮的冠動脈インターベンション)と併用した場合、梗塞サイズを20%小さくするものであり、臨床的利益に大きな希望を与える」と発表論文の付随論説で記されている。

さらに、心臓損傷が小さい患者は、植え込み型除細動器や、心不全治療のための高額入院費を要する可能性が低くなる。「これによりメトプロロール自体の低コストをはるかに上回る節約が見込まれる」と研究者らは指摘している。

この研究結果は、火曜日発行の米国循環器病専門誌「サーキュレーション(Circulation)」に掲載された。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)23.75mg (30錠) 1690 円

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)47.5mg (30錠) 1690 円

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)95mg (30錠) 2150 円

- ベタロックCR (コハク酸メトプロロール)190mg (30錠) 3410 円

- ベタロック (酒石酸メトプロロール)100mg (10錠) 620 円

- メトラーXR-100(コハク酸メトプロロール)100mg (10カプセル) 650 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)47.5mg (30錠) 980 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)95mg (30錠) 1700 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)23.75mg (30錠) 860 円

- エイ・エフ・ティー・メトプロロールCR(コハク酸メトプロロール)190mg (30錠) 2140 円