その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2015-05-27

ソース(記事原文):BMJ

新世代避妊ピルと高い血栓リスクの関係性が確認される

【BMJ】(2015年5月27日) ― 研究は女性と医者にとっての重要な見解をもたらした

本日のBMJに掲載された研究で、新世代の経口ピルと重篤な血栓(静脈血栓塞栓症/VTE)との関連性を決定づける新しい証拠を発表している。

この研究結果は、新世代の黄体ホルモン(ドロスピレノン、デソゲストレル、ゲストデン、シプロテロン)のいずれかを含むピルは、古い世代の黄体ホルモン(レボノルゲストレル、ノルエチステロン)含有ピルよりも、より高いVTEのリスクと関係していることを示している。

ノッティンガム大学を拠点としているこの研究者たちは、今回の研究結果を「異なる処方の経口避妊薬に関して、信頼できる比較研究結果を提供するに充分値する“重要で明確な研究”」と呼んでいる。

経口避妊薬を服用しているのは、全世界の妊娠・出産できる年齢の女性の約9%、発展途上国では18%、そしてイギリスでは28%の女性である。

経口避妊薬の服用で血栓リスクが上昇することはよく知られているが、この関連性を研究するために以前に行なわれた調査方法とは異なるため、組み合わせの違いによる相対リスクに関しては依然として結論が出ていない。

ノッティンガム大学医療統計学の主任研究員であるヤナ・ビノグラードワ率いる研究チームは、結果の分布を明らかにしようとこれらの違いに取り組んだ。

15歳から49歳までの女性における経口避妊薬とVTEリスクの関連性を測定するため、彼らはイギリスの2大データベースから取り出した処方データを使用し、ほかの既知のリスク要因を調整した。

その結果、経口避妊薬の現使用者は、同年代で同じような健康状態の女性と比較してVTEのリスクが高いことがわかった。

経口避妊薬を使用していない女性と比較して、レボノルゲストレル、ノルエチステロン、さらにノルゲスチメートを含む旧世代のピルの服用者ではVTEのリスクは2.5倍増えた。またドロスピレノン、デソゲストレル、ゲストデン、シプロテロンを含む新世代のピルの服用者では4倍以上だった。

新世代のピルを服用している人のリスクは、旧世代のピル服用者より1.5-1.8倍高かった。

絶対的には、ピルを使用している女性でVTEが増加する割合は、レボノルゲストレルおよびノルゲスチメートが毎年1万人あたり6人といちばん低く、いちばん高かったのはデソゲストレルとシプロテロンで14人だった。

筆者は、経口避妊薬は非常に安全であることを強調した上で、経口避妊薬を服用している女性のVTEリスクが3倍高いという彼らの研究報告は、妊娠女性のVTEリスクが最大10倍であることを踏まえれば、依然として少ないことも指摘している。

経口避妊薬を服用している女性は「使用を中止すべきではありませんが、心配なようであれば、次回病院を訪ねたときに担当医に相談して、現在服用しているピルの種類を見直してみてください」と彼らは言う。

これは観察研究であるため、因果関係に関する確定的結論を引き出すことは不可能である。

とは言うものの、著者たちはこの研究は「重要な比較研究結果としての統計的な力や、関連交路因子における充分な修正があり、現時点で利用可能なイギリスの処方箋データを使用したもっとも信頼できる起こりうるリスクの予測を生み出した」と信じている。そしてこの研究結果は、「薬を処方するためのガイドラインや安全性に関する規制に携わる関連機関に証拠を提供した」とまとめた。

ビノグラードワの研究は「経口避妊薬を摂取している女性の静脈血栓塞栓症のリスクに関する重要な疑問に取り組み、旧世代の避妊薬に関連するリスクと比較して2倍以上であると結んでいます」とボストン大学公衆衛生学部のスーザン・ジック教授は付随論説の中で書いている。

これらの結果は、2011年に出版されたデンマークの類似の研究と一緒にまとめられ、「以前に行なわれた研究の矛盾を明確にし、経口避妊薬の安全な処方のための重要なガイダンスを提供しました」という言葉で彼女は締めた。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ダイアン 28錠タイプ 3ヶ月分 (ニュージランド・オーストラリア市場向け) (3x28錠) 5480 円

- ヤスミン 84錠タイプ 3ヶ月分(ニュージーランド・オーストラリア市場向け) (3x28錠) 9730 円

- マーベロン 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 4610 円

- トリキュラーED 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 1590 円

- ジネット 35 21錠タイプ (21錠) 1610 円

- ジュンヤ 21錠タイプ (21錠) 1780 円

- ポスティノール 1錠 (1錠) 1610 円

- マーベロン 21錠タイプ 3ヶ月分 (3x21錠) 2290 円

- マーシロン 21錠タイプ 3ヶ月分 (3x21錠) 3530 円

- マーシロン 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 4720 円

- マイクロジノンED 28錠タイプ 3ヶ月分 (3x28錠) 3720 円

- シテロン(ジェネリックアンドロキュアー)50mg (50錠) 4310 円

- クリザンタ 21錠タイプ (21錠) 1430 円

- マイクロジノン 30 63錠タイプ 3ヶ月分 (63錠) 3720 円

- ヤーズ 28錠タイプ 3ヶ月分(ニュージーランド・オーストラリア市場向け) (3x28錠) 10240 円

- ダイアン35 21錠タイプ (インド市場向け) (21錠) 1260 円

- ヤスミン 21錠タイプ 1ヶ月分(インド市場向け) (21錠) 1980 円

- ヤーズ28錠タイプ(インド市場向け) (28錠) 2300 円

- オムナコルチル5(プレドニゾロン)5mg (10錠) 170 円

- オムナコルチル40(プレドニゾロン)40mg (10錠) 230 円

- ロエッテ(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル)20mcg/100mcg (84錠) 3590 円

- レブレンED(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル)0.03mg/0.15mg (84錠) 1490 円

- エーバ30イー・ディー(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル)0.03mg/0.15mg (84錠) 1500 円

- アンドロクール/アンドロキュア(酢酸シプロテロン)50mg(トルコ市場向け) (50錠) 5500 円

- ダイアン 35 21錠タイプ(トルコ市場向け) (21錠) 670 円

- ワイゾロン(プレドニゾロン)5mg (15錠) 240 円

- ワイゾロン(プレドニゾロン)10mg (15錠) 380 円

- トリキュラー21錠(エチニルエストラジオール/レボノルゲストレル) (21錠) 1200 円

- プロクール/プロキュア(酢酸シプロテロン)50mg  (50錠) 4860 円

- セラゼッタ(デソゲストレル)0.075mg (28錠) 2600 円