お肌のトラブル(ニキビなど) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-10-01

ソース(記事原文):ダーマトロジー・タイムズ

有棘細胞癌の切除後に外傷後角化棘細胞腫の可能性

ダーマトロジー・タイムズ(2011年10月1日)―著者:イリヤ・ペトロウ医師(Ilya Petrou, M.D.)

・有棘細胞癌切除後の外傷後発疹性角化棘細胞腫を原病巣の再発と間違えることがある。

・通常、角化棘細胞腫は日光にさらされた皮膚に新しくあらわれる。

・角化棘細胞腫の正確な病因は依然として不明である。

カリフォルニア州ラホヤ ― 外傷後角化棘細胞腫とは角化棘細胞腫の特定のサブタイプであり、皮膚の外傷後数日から数週間の間に発生する。この腫瘍は、非黒色腫皮膚癌の切除後に報告されている。

「特に有棘細胞癌の切除後、外傷後発疹性角化棘細胞腫を原病巣の再発と間違える可能性があります。適切な治療介入を決定するためにも、自分が扱っているのは再発例ではないかもしれないと気付くことが重要です。」カリフォルニア州ラホヤにあるスクリプスクリニック・トーリーパインズ(Scripps Clinic Torrey Pines)の皮膚科医で、モース(Mohs)手術医でもあるシーバー・スーン医師(Seaver Soon, M.D.)はこのように話している。

治療する理由

角化棘細胞腫を治療する主な理由は、この腫瘍と有棘細胞癌(SCC)との関係性にある。通常、角化棘細胞腫は日光にさらされた皮膚に新しくあらわれ、数週間から数カ月で自然退縮するのが典型的である。外傷後発疹性角化棘細胞種は、組織学的には孤立性角化棘細胞腫と同一であるものの、外傷による皮膚損傷から数週間以内に生じる。しかし、この腫瘍は高分化型SCCと鑑別できないことから、根治的治療を必要とする可能性がある。

スーン医師によれば、外傷後発疹性角化棘細胞腫は、非黒色腫皮膚癌の術後の手術瘢痕にあらわれることが多い。また、アブレーティブCO2レーザーリサーフェシング、タトゥー、静脈穿刺、硬化療法、鈍的外傷、ケミカルピーリングといったさまざまな皮膚の外傷性損傷の後にも報告されている。

病因として、癌抑制遺伝子(p53)および細胞性癌遺伝子の調節異常、ヒトパピローマウイルス、紫外線、発癌性化学物質への曝露、免疫不全状態など多くの因子が考えられている。角化棘細胞腫の正確な病因は依然として不明である。

「一般に、我々は角化棘細胞腫をどう位置付ければいいのかよく分からないというのが私の考えです。この腫瘍はSCCの変異型と考えられており、転移するケースが見受けられます。非転移性の場合は極めて大きく成長し、腫瘍が退縮した結果、著しい萎縮性瘢痕が生じることもあります。こうした理由から、この病巣はSCCのように扱うのがベストです。」とスーン医師は話す。

治療法の選択肢

スーン医師によれば、外傷後角化棘細胞腫の治療は、病巣が単発か多発かによって決まる。孤立性角化棘細胞腫であれば、電気乾固および掻爬術、あるいは切除といった標準治療で対処する。しかし、外傷は発生素因であることから、それら処置により角化棘細胞腫が再発し、結果的に悪循環となることがある。同氏は、5-フルオロウラシル、メトトレキサート、コルチコステロイドの病巣内投与といった非外科的手法を用いて再発病巣の治療を行っている。

病巣が多発の場合には、アシトレチン、イソトレチノインの経口投与による全身療法が適応となる。スーン医師はこの治療法を用いて、病巣が完全消失するか、あるいは電気乾固および掻爬術により治療できるサイズにまで退縮することを臨床的エンドポイントとして、通常は4~12カ月かけてそれら病巣を治療する。

「外傷後発疹性角化棘細胞腫の効果的な治療方法はさまざまです。これは、正確な診断や適切な治療を行うためだけではなく、わずかにある転移リスクのためにも存在していると理解することが大切です。」とスーン医師は話している。

情報開示:スーン医師は、関連する金銭的利益はないと報告している。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- イソトロイン(アキュテインジェネリック)10mg (10カプセル) 1340 円

- イソトロイン(アキュテインジェネリック)20mg (10カプセル) 1780 円

- ネオチガソン (アシトレチン) 10mg (100カプセル) 16500 円

- エースレット25 (アシトレチン) 25mg (10カプセル) 3630 円

- イソトレックス・ジェル (イソトレチノイン) 0.05% (10g) (10gチューブ) 2330 円

- イソトレックス・ジェル (イソトレチノイン) 0.05% (30g) (30gチューブ) 4670 円

- トレティヴァ10(イソトレチノイン)10mg ― 10カプセル (10カプセル) 1860 円

- トレティヴァ20(イソトレチノイン)20mg (10カプセル) 2800 円