その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-01-01

ソース(記事原文):ビックニュースネットワーク

5度の流産後に出産したのは「特効薬」アスピリンのおかげであるとする英国人女性

ビックニュースネットワーク(2013年1月1日)― 5年間で5度の流産を経験したリバプール在住の看護師が、昨年7月ようやく娘を授かったが、それ以前に1日1回アスピリンを服用していた。

ドーン・パドック(Dawn Paddock)さん(33歳)は、要となる妊娠12週目を乗り切ることにいつも必死になっていた。

彼女は2歳になるシェイ(Shay)を出産する前、2度の流産を経験していた。シェイに弟か妹を作ってあげようと決意し、3回妊娠したものの成就せず、思い悩んでいた。

その時、シェイを妊娠していた頃に、処方箋不要の一般用医薬品アスピリンを服用していたのを思い出したという。

再びアスピリンを服用してから、娘イザベル(Isobel)の出産に至ったことに彼女は感激している。こう報じたのはイギリスの新聞ザ・サン(The Sun)である。

パドックさんは息子シェイの妊娠初期に、同僚から提案されてアスピリンを服用し始め、妊娠12週目を過ぎてもアスピリンを服用し続けたという。

最終的に、専門家らは彼女に抗リン脂質抗体症候群であるという診断を下し、アスピリンの「愚かな迷信」が本当に効いたということだと告げた。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg【薬監証明必要商品】 (30カプセル) 3240 円

- アレノ (アスピリン/ジピリダモール) 25mg/200mg (10カプセル) 620 円