お肌のトラブル(ニキビなど) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-11-15

ソース(記事原文):パルス・トゥデイ

疥癬治療「アタマジラミに有効」

パルス・トゥデイ(2012年11月15日) ― デイビッド・スワン(David Swan)

イベルメクチン外用薬は、塗布後24時間で患者のアタマジラミ寄生虫を駆除することが、新たな研究で結論付けられている。

イベルメクチン使用開始から1日後、孵化したシラミがなくなっていた患者は94.9%で、対照薬使用(31.3%)よりも有意に多かったことを、米国の研究者らが明らかにした。

治療開始から7日後、孵化したシラミがなくなっていたのはイベルメクチン群で85.2%であったのに対し、対照群では20.8%であった。

また、治療から15日目にシラミが駆除されていた患者は、対照群(17.6%)と比較して、イベルメクチン群(73.8%)で有意に多かった。

この結果は、1歳~51歳の患者を対象とした2件の無作為化対照試験を統合したものである。全患者はアタマジラミ寄生虫症であり、本試験期間中に他の治療を受けないことに同意していた。

「外用イベルメクチンは24時間以内の高い有効性を示し、治療を受けた患者の大半が、単一治療開始から2週間後の最終評価時点まで、シラミのない状態が持続し、シラミの卵をクシですきとる必要はなかった」と本研究者らは結論付けている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ストロメクトール(イベルメクチン)3mg (4錠) 3140 円