その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2012-01-04

ソース(記事原文):ctpost.com

痛風の再発を防ぐ

ctpost.com(2012年1月4日)― Q:最近、私は尋常ではない状況を経験しました。何の前触れもなく、ある朝、足の激しい痛みで目が覚めたのです。今までこのような経験をしたことは一度もありません。週末でしたので、私はウォークインクリニックに行きました。医師は私の状態を一目見て、あなたは痛風発作に襲われたのだと言いました。医師の説明では、痛風は関節炎の一種だそうです。私は関節炎の痛みを伴うトラブルを経験したことがないので、とても驚きました。医師が薬を出してくれて、私はゆっくりと気分が良くなり始めました。今はすっかり回復していますが、またあの痛みに襲われるかもしれないと心配しています。専門医の診察を受けるべきでしょうか?正直に言うと、かかりつけ医のところへは1年以上行っていません。私は72歳ですが、病気もなければ薬の服用もしていません。また痛風発作が起こる可能性はどの程度でしょうか?それに、私は食生活を少し変える必要があるかもしれないと言われました。本当でしょうか?

フランク

A:あなたに起こったことは、まさしく普通のことではありません。食生活を少し変えて、かかりつけ医の診察を受ければ、痛風発作の再発の可能性をかなり低くするチャンスを得られるのではないかと私は考えます。

痛風は関節炎の一種であり、関節内、つまり2本の骨の間の空間に尿酸の結晶が形成されることによって起こります。最も多い発症部位は足の親指の付け根ですが、他の関節でも起こります。

尿酸はプリン体の分解産物であり、このプリン体とは、豆、アスパラガス、キノコ、特定の肉や魚介類などの食品に見られる物質のことです。痛風の症状として最も多いのは、足の指などの関節が赤く腫れて痛みを伴うもので、人によっては疲労感や発熱が見られることもあります。症状の強さが最もひどいのは最初の12~24時間ですが、症状の継続が数週間となることがあります。痛風は自己限定性疾患であり、これは薬で治療しなくてもそのうち治るという意味だと知っておくことが大切です。

米国では人口の約1~2%が痛風を患っています。一般には男性で多く見られますが、女性の場合は、特に閉経後で発症します。痛風はかなり昔からある病気で、古代エジプト人によって知られていました。特定の食べ物やアルコールの摂取と関連すると考えられていたことから、「王様の病気」と呼ばれていました。

ところで、あなたはどうして尿酸が関節内で結晶化するのかと尋ねるかもしれませんね。それは、2つの理由のいずれかによります。1つは体内で作られる尿酸の量が多すぎる場合で、これは約10%の症例に認められます。しかしもっと多くの症例では、腎臓が尿酸を適切に排出することができず、結果的に血液中の尿酸が多くなり過ぎています。尿酸値は血液検査によって測定することが可能で、ある程度は治療や食生活の改善の指針となります。興味深いことに、痛風発作は外気温の影響を受けます。これが、発作が起こるのは早朝が多い理由です。また、尿酸は体の他の場所でも結晶化して、関節の周囲や腱に小さくて無痛性で奇妙な見た目のこぶを作ることがあり、医師はこれを「痛風結節」と呼んでいます。そして、痛風は腎臓結石を持つ人で見られます。腎臓結石も尿酸が原因でできるためです。

痛風は家族内発症が認められますが、あなたの親に罹患歴があるというだけで、あなた自身も発症するという訳ではありません。

痛風は、高血圧、肥満、高コレステロール血症とも関連します。先に述べたように、過度のアルコール摂取(毎日2杯以上)は危険因子の1つです。薬剤の中には痛風発作を起こしやすくするものもあります。単一アスピリンや一般的な利尿薬(「医者の話」ではサイアザイド系利尿薬が知られる)の使用に伴う痛風発作が認められています。

一方、コーヒーやビタミンCのほか、乳製品や運動は痛風患者を守ってくれる可能性があります。それらは血液中の尿酸値を下げるからです。

痛風の診断を行うのは難しいことではありませんが、医師は、痛風と全く同じように見える関節の急性感染症ではないことを必ず確認します。場合によっては、医師は少量の関節液の採取を試みます(採取は罹患関節内に細い針を刺して行います)。採取した関節液を顕微鏡にかけて特殊な照明をあてると、尿酸結晶の有無が非常に分かりやすくなり、確実な診断が容易になります。

急性の痛風発作の初期治療は、通常、3種類の薬物療法の中から1つを選択します。第一選択となるのは非ステロイド性の関節炎治療薬で、イブプロフェンやかなり昔からあるインドメタシンなどです。他の薬よりも優れていると証明された、特定の関節炎治療薬はありません。この種の薬には胃の不調などの不快な副作用があり、出血を引き起こすリスクが高くなります。大抵は、消化性潰瘍、胃逆流、慢性消化不良の治療に用いるのと同じ薬剤群で胃を保護する薬を併せて投与します。もう1つの選択肢はコルヒチンで、これも昔からある薬です。この薬はすぐに効いてきますが、下痢を引き起こすことがあり、また腎障害のある人には使用できません。最後の選択肢として、プレドニゾンなどのステロイドも非常に有用です。この強力な薬は副作用のリスクが高いため、通常、最終の治療薬として選択されます。いずれにせよ、どの薬を選択しても早ければ投与から数時間で改善が見られますが、大抵は少なくとも数週間は治療を継続します。

医師はあなたの尿酸値を調べるでしょうが、これは急性発作が終わってから行われます。値が高い場合、また痛風発作を2回以上経験している人の場合、医師は予防薬の使用を勧めることがあります。主に用いられる薬はアロプリノールですが、他の薬を選択することも可能です。

食生活の改善に関しては、すでにアルコールの摂取量を制限することについて触れました。肉や魚介類の摂取量を減らすことも役に立つ可能性があります。その摂取量を4~6オンスにすれば、かなり効果があるかもしれません。もう1つの有用なヒントは、水分(特に水)を十分に取ること、そして乳製品(特に低脂肪)を食べて定期的に運動することです。また、賢明な方法で減量を行えば(極端で継続できないような食事制限はしないという意味)、大いに効果があると分かります。これらすべての対策についてかかりつけ医と相談してみてください。そうすれば、痛風発作は二度と起こらないかもしれません。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- 錠剤カッター () 540 円

- レボライザー(吸入器) (1個) 1080 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)100mg (250錠) 1070 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg (100錠) 800 円

- ザイロリック (アロプリノール)100mg (10錠) 390 円

- シムビコート・タービュヘイラー (ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物) 200 /6 (120吸入分) (1スプレー缶) 9940 円

- ハンディヘイラー () 800 円

- アポ・アロプリノール(アロプリノール)100mg (1000錠) 4280 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg(500錠入り) (500錠) 3770 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)100mg(1000錠) (1000錠) 4870 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4160 円

- ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4350 円

- ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)100mg(500錠) (500錠) 2980 円