その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-11-15

ソース(記事原文):イサクア・プレス

痛風は単なる関節炎の疼痛発作にあらず

イサクア・プレス(2011年11月15日)― クイン・エディ(Quinn Eddy)著

アメリカ人の830万人以上が痛風に罹患している。

滑液中の尿酸が過剰になると、滑液中に針状結晶が形成されて、身体に炎症反応が起き、その結果として急性関節炎の一種である痛風が起こる。尿酸は身体の細胞代謝の老廃物である。

痛風は、古代エジプト時代以降に認められるようになり、研究されてきた。ヒポクラテス(「医学の父」と呼ばれるギリシア人医師)は、痛風のことを「歩行不可能な疾患」と名付けた。ガリレオ・ガリレー(Galileo Galilei)や、アイザック・ニュートン(Isaac Newton)、それにチャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)も痛風に罹患していた。食の道楽や肥満が稀な時代では、痛風は金持ちや権力者の病気とみなされ、「王様の病気」と呼ばれることも多かった。

針状結晶が関節に発現すると、関節と周辺組織に炎症が起き、腫れを生じて、その部位の神経終末が刺激され、激痛が起こる。痛風発作は母趾に発症することが最も多く、通常突発的であり、極度の痛みを起こし身体を衰弱させることが多い。こうした痛みは通常耐えがたいもので、痛む関節で体重を支えることはできないほどである。関節を覆う炎症した皮膚は、赤くなり、光沢があって乾燥しているように見える。

「開放創に匹敵する圧痛」

ワシントン州イサクアの研修医ブライアン・ウォール(Brian Wall)さんが左の母趾に初めて痛風の疼痛発作を経験したのは38歳のときであった。最初は足指を捻挫したか、折ったのではないかと思ったが、医師の診察で痛風であることが分かった。

ウォールさんは「さばいた魚の束を関節に吊るしているかのように感じる」と述べた。「症状がひどく、スリッパで仕事に行かなくてはならないこともあった。一片の氷を乗せただけでも痛みが走るほど関節が過敏になり、開放創と同じような圧痛を感じる。開胸手術を受けたことがあるが、痛風発作ほどの痛みではなかった」。

ウォールさんの痛風は左足の先と、膝に広がっている。膝に痛風発作が起きると、松葉杖が必要になるほど身動きが取れない状態になる。

スウェーデン医療センター(Swedish Medical Center)のリウマチ学研究責任者フィリップ・ミーズ(Philip Mease)博士は、「痛風は発作が起きると確実に劇症となる一方、最も治療しやすい疾患の1つでもある。というのも、市販薬で容易に治療可能であり、適切な治療を施せば、長期的なダメージも避けられる」としている。「ほとんどの場合男性にみられ、下肢の関節に起きることが多いが、足首、手、手首、または肘などの関節にも生じることもある」。

尿酸とは、血流中に自然にみられるもので、主にプリン体を含有している栄養素を分解する際に形成される。プリン体は人体で産生されるが、内臓肉、赤肉、甲殻類、乾燥エンドウマメ、豆などの特定の食物にも高濃度に存在する。

痛風は一般に45歳以上の男性にみられるが、閉経後の女性のリスクは同年代の男性と同じである。

ミーズ氏によれば、高い尿酸値が認められるのは、肥満者や、栄養価の乏しい食事を摂る人、高血圧患者、または腎機能低下患者であるという。

同氏は「裕福な生活をしており、プリン体が豊富な不健康な食事を好きなだけ食べ、果物・野菜・穀物をあまりバランスよく摂っていない人に発症する」と話す。

痛風の家族歴がある場合は、遺伝学的に痛風を受け継ぐことがある。

薬物療法および食事療法が有用

一般に、腎臓は血液から尿酸を濾過して尿中に排泄する。時に身体の尿酸産生が多くなったり、血中の尿酸を濾過する腎臓の効率が落ちたりすることがある。その結果、高尿酸血症と呼ばれる病態になる。

高い尿酸値が血中を循環すると、滑液中に尿酸結晶が発現することがあり、これはシロップ瓶の注ぎ口の周りにシロップ液が乾燥して砂糖の結晶を形成するのとよく似ている、とミーズ氏は話す。

同氏は「こうした結晶化の現象を回避するには、尿酸の目標値を1デシリットルあたり6mg未満とする」としている。

高尿酸血症だからといって必ずしも痛風を発症することにはならないが、尿酸値が極めて高いと痛風が起きない場合でも腎臓に無症候性の結晶沈着が起きることがあり、腎機能障害の一因となる。高い尿酸値のほか、感染症、手術、または入院ストレスのような主要な医学的事象をはじめとする特定の外傷性事象により、痛風発作が生じることがある。つまずいたり、大量飲酒したりすることが、炎症に拍車を掛ける場合がある。

ミーズ氏は「日常的に尿酸値7~9mg/dLを目にするのは珍しくない。こうした高値の人が全員、痛風発作を起こすわけではないが、高値ほど発作を起こす確率が高まる」としている。

痛風関節炎の発作は1週間で治り、数ヵ月間消失するものの、時間経過とともに発作がより高頻度に起き、発作期間も長引き、関節への影響も増す可能性がある。

遅発型痛風とは慢性的な痛みをもたらすもので、多くの関節に変形性かつ衰弱性の関節炎が発現し、痛風結節という結晶石が関節周囲に発現することがある。

ミーズ氏は「進行期の慢性痛風は関節に破壊的作用を及ぼすことがある」という。

痛風発作の最初の徴候がみられたとき、イブプロフェンなどの抗炎症薬を服用すべきである。処方される可能性のあるプレドニゾンまたはコルヒチンなどの処方薬でも、炎症および痛みを緩和させられる。1年間に痛風結節または腎結石の発作が複数回あった場合には、発作の再発・痛風結節の形成・腎損傷を予防するため、アロプリノール、もしくはフェブキソスタットなどの新薬を処方することがあり、血中尿酸値を減少させる。

「これらの薬剤を用いても迅速な炎症抑制効果が得られない場合には、副腎皮質ステロイドを関節に注射することもある」とミーズ氏は話す。

副腎皮質ステロイドは短期的な疼痛緩和をもたらし、痛風性関節の腫れや炎症を軽減するのに役立つ。

同氏によれば、痛風は治療可能であり、大半の医師は微妙に違う発作管理によく精通しているという。

同氏は「痛風を予防する良い方法は、バランスの良い健康的食事を摂り、定期的に運動をして、肥満にならないようにすることである」としている。「一方、自己管理が徹底していたとしても、遺伝学的に高い尿酸値がプログラムされている人もおり、その場合は現在利用可能な薬剤が極めて効果的であり忍容性も高い。したがって、歩行不可能な疾患のコントロールは上手くいくはずである」と続けた。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- 錠剤カッター () 540 円

- コルガウト (コルヒチン) 0.5mg(オーストラリア・ニュージーランド市場向け) (100錠) 1820 円

- レボライザー(吸入器) (1個) 1080 円

- ブルフェン 400 (イブプロフェン)400mg (15錠) 110 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)100mg (250錠) 1070 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg (100錠) 800 円

- アポ・プレドニゾン (プレドニゾン) 1mg (500錠) 2420 円

- アポ・プレドニゾン (プレドニゾン) 2.5mg (500錠) 2960 円

- アポ・プレドニゾン (プレドニゾン) 5mg (500錠) 3230 円

- アポ・プレドニゾン (プレドニゾン) 20mg (500錠) 6280 円

- ザイロリック (アロプリノール)100mg (10錠) 390 円

- シムビコート・タービュヘイラー (ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物) 200 /6 (120吸入分) (1スプレー缶) 9940 円

- ハンディヘイラー () 800 円

- ズリッグ80(フェブキソスタット)80mg  (14錠) 880 円

- ファビュラス(フェブキソスタット)- 40mg (10錠) 530 円

- ファビュラス(フェブキソスタット)- 80mg  (10錠) 620 円

- ファビュラス(フェブキソスタット)- 120mg (10錠) 1050 円

- アポ・アロプリノール(アロプリノール)100mg (1000錠) 4280 円

- ブルフェン徐放剤(イブプロフェン)800mg (30錠) 1710 円

- ズリッグ40(フェブキソスタット)40mg (14錠) 530 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg(500錠入り) (500錠) 3770 円

- ズリッグ80(フェブキソスタット)80mg(30錠) (30錠) 1930 円

- ズリッグ40(フェブキソスタット)40mg(30錠) (30錠) 1460 円

- ニューロフェン(ヌロフェン)風邪&インフルエンザ薬(イブプロフェン/塩酸プソイドエフェドリン)200mg/30mg (24錠) 1960 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)100mg(1000錠) (1000錠) 4870 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4160 円

- ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4350 円

- ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)100mg(500錠) (500錠) 2980 円