がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-01-24

ソース(記事原文):ハフィングトン・ポスト

癌との闘い:昔ながらの薬剤の新たな用途

ハフィングトン・ポスト(2013年1月24日)― 自分が癌と診断されたことを想像してみてください。安全かつ有効でしかも「化学療法」による副作用のない安価な治療薬があると知ったとします。この薬は地元薬局で広く入手可能となっているのに、医師はあなたに処方することができません。

何が起きているのでしょうか?

ビカス・スカトメ(Vikas P.Sukhatme)医学博士に聞いてみた。スカトメ氏はハーバード大学(Harvard Medical School)医学部教授で、ベス・イスラエル・ディーコネス・メディカルセンター(Beth Israel Deaconess Medical Center:BIDMC)最高学務責任者であり、非営利目的の研究所グローバルキュアーズ(GlobalCures)共同創立者でもある。同氏は次のように説明している。一般的に処方されている安価な薬剤には驚くべき抗がん作用を伴うものがあるものの、残念ながら癌治療には使用できない。研究を迅速に行うための資金が不足しており、必要な政策の見直しは無視されている。そうしている間にも、アメリカ人は奏効が得られる可能性のある癌により死亡している。

私はスカトメ医師の発表を聞いたり、報告書を読んだりしたことがあるが、そのデータには説得力がある。この話題は皆で分かち合わなければならない。

癌細胞代謝に関する複数の新規研究では、細胞の増殖および拡散する仕組みについて様々な秘密が解き明かされている。とりわけ2つの作用機序が治療に影響を及ぼしている。

体内の全細胞と同様に、癌細胞もまたエネルギーに対して糖質を必要とする。しかし、癌細胞は正常細胞の最大10倍もの糖質を摂取する。メトホルミンという糖尿病治療薬はこの違いを利用して癌の増殖を食い止めるとみられる。

メトホルミンは、40年間にわたり一般的に用いられているもので、米国では年に約5千万回処方されている。その効果や副作用がよく知られていることに加え、1剤あたり約30セント(2013年3月レートで約28円)しかかからない。

メトホルミンは、血糖を下げることで、癌幹細胞と呼ばれる癌細胞集団に損傷を与える。これらの細胞は特に糖代謝に依存しているとみられ、従来の化学療法では殺傷するのが困難である。動物試験において、メトホルミンは固形腫瘍(乳癌、卵巣癌、大腸癌、膵癌)に有効であることが示されている。

有望な証拠であるにもかかわらず、癌患者におけるヒト試験は実施されていないため、腫瘍医らはメトホルミンの使用に消極的である。こうした試験が実施されない原因を話す前に、もう一つの例を挙げておきたい。

ストレス(手術を受けるストレスなど)は癌進行を促進することが証明されている。研究者らはストレスがホルモンの放出を引き起こすと推測しており、そのホルモンとは顕微鏡レベルの癌細胞嚢にシグナルを送り休眠状態から「活性化状態」へと始動させるものである。

ストレス反応の作用機序が分析されているなか、この反応の一部を鈍化させる安全な薬剤が存在する。その一つはプロプラノロールと呼ばれる薬で、高血圧や、狭心症、心臓リズム障害の治療薬として数十年間にわたり一般的に使用されてきた。1剤あたり25セント(約23.5円)未満である。ある試験で、癌以外の理由からプロプラノロールを投与されることになった乳癌患者と、プロプラノロールを投与されなかった同様の癌患者が比較された。プロプラノロール投与患者の方が、生存率がはるかに高く、一部の症例では最大2~3倍高かった。

最良の利用法を見つけ出すことを目的として、これらの薬剤やその他一般的に使用されている薬剤について、なぜもっと多くの試験が実施されないのだろうか? その答えは単純なもので、「お金」である。

現在の仕組みの下、開発した医薬品から大きな利益を生むことで諸経費が取り戻せるのであれば、製薬会社は費用と時間のかかる医薬品開発にしか着手しない。一方、既に存在している安価な薬剤の新しい用途を検討した場合、現金の流れは閉ざされる。古くからある薬剤を評価する米国食品医薬品局(FDA)のプロセスは柔軟性に欠け、厳格な規則により医師が「適応外」使用を勧めにくくなっている。最良の使用方法がはっきり定義されていない場合、医師は薬剤を処方するのに消極的となる。

こうした行き詰まりは打破しなければならない。採算が取れないからといって有望な新しい治療が無視されることのないように、意欲を刺激するような方向に流れを変えていくため、オープンかつ包括的な公の議論が必要とされる。販売奨励策が多くの救命薬の開発を後押ししている一方、全ての医薬品研究がそれによりコントロールされるというのは容認しがたい。

スカトメ医師によれば、メトホルミンとプロプラノロールの場合、かなり長きにわたり普及しており、十分に理解されているため、試験プロセスの迅速化が図れ、金銭的に利用しやすくなる手段を見出せるのではないかと信じているという。同氏の目標は、このプロセスを民主化することにあり、患者が最良の治療選択肢を選んだり、臨床成績を共有したり、有望な治療に資金提供したりしやすくなる。

そうしている間にも、患者は不必要に苦しみ死んでいる。好機を逃し、時間とお金を浪費している。癌と闘っている人がいて、現在の治療法に深刻な問題のあることを誰しも分かっている。早急な対処が必要であり、行動を起こすのなら今である。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- グリシフェージ(メトホルミン)500mg (20錠) 310 円

- グリシフェージ(メトホルミン)850mg (10錠) 260 円

- アロー・メトホルミン500mg (500錠) 2680 円

- アロー・メトホルミン850mg (250錠) 2240 円

- アポ・メトホルミン (塩酸メトホルミン)500mg (500錠) 2980 円

- インデラル40 (塩酸プロプラノロール) 40mg (10錠) 340 円

- アポ・メトホルミン (塩酸メトホルミン)850mg (250錠) 2400 円

- アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)1mg/500mg (10錠) 450 円

- アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)2mg/500mg (30錠) 2900 円

- カーディノル (塩酸プロプラノロール)10mg (100錠) 1150 円

- カーディノル (塩酸プロプラノロール)40mg (100錠) 1610 円

- メトホルミン (塩酸メトホルミン) 500mg (500錠) 4320 円

- メトホルミン (塩酸メトホルミン) 850mg (250錠) 3990 円

- ガルバス・メット50/1000(ビルダグリプチン/メトホルミン)50mg/1000mg (10錠) 1110 円

- グリシフェージP15(ピオグリタゾン/メトホルミン)15mg/500mg  (10錠) 440 円

- メトホルミン(塩酸メトホルミン)850mg(500錠入) (500錠) 4890 円

- メトホルミン(塩酸メトホルミン)500mg(1000錠入り) (1000錠) 6900 円

- ジデラル(塩酸プロプラノロール)40mg (50錠) 890 円

- プランディアル・エム0.2(塩酸メトホルミン/ボグリボース)500mg/0.2mg  (10錠) 420 円

- メトチェック(塩酸メトホルミン)500mg (1000錠) 7820 円

- メトホルミン・マイラン(塩酸メトホルミン)850mg 【販売終了】 (500錠) 4600 円

- アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)1mg/500mg(30錠入) (30錠) 1570 円

- インデラル40 (塩酸プロプラノロール) 40mg(15錠) (15錠) 400 円

- ユーレパ・エム・エフ1(レパグリニド1mg/メトホルミン500mg)(10錠) (10錠) 1260 円