コレステロール・中性脂肪(脂質異常症) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2015-04-21

ソース(記事原文):メッド・ページ

研究:高齢者に対するスタチンの費用効果

【メッド・ページ】(2015年4月21日) - 脂質低下薬で治療を行なっているすべての高齢のアメリカ人は、結果的にスタチン使用者を800万人増やし、またその治療が有害性を引き起こさなければ6万8000人を冠動脈性心疾患による死から救うことになるかもしれない、と研究者は報告している。

コンピュータ・シュミレーションモデル研究によると、75歳以上の人ではスタチンを使用した場合の費用効果が高いと示しているが、高齢と関連する副作用がわずかでも上昇すればこの予測有益性を相殺してしまう、と指摘するのはコーバリスにあるオレゴン州立大学のミッシェル・オッデン教授とその同僚たちだ。

この年齢層では幅広い薬を使用しているにもかかわらず、心疾患が確立していない高齢者におけるスタチン治療の安全性と効率性を調査した臨床データが不足している、と彼らは『内科年代誌』に書いている。

高齢者ではLDLコレステロールの上昇と心血管転帰との関係性は少ないと示唆している研究がいくつかあり、またほかの研究ではスタチン使用により筋肉痛や記憶喪失など高齢者特有の副作用が起こる可能性の懸念を提起している。

米国心臓病学会/米国心臓協会(ACC/AHA)による最新のガイドラインではこのデータ不足を認めており、最優先調査としてスタチン使用が高齢者の心血管転帰におよぼす影響に関する臨床試験の必要性を挙げている。

ACC/AHAのガイドラインでは、第一予防療法として高齢者にスタチンを使用する場合は、各患者のリスク特性に基づいて行なうことが推奨されている。また米国医療ディレクター協会のガイドラインは、70歳以上の高齢者に対しては日常的にスタチン治療を行なわないように推奨している。

「臨床試験では、心疾患のない高齢者は標本として不充分であるため、私たちはこの年齢層におけるスタチン服用による危険性と有益性については本当にほとんど理解していないのです」MedPage Todayにこう語るのはオッデン教授。

高齢者層での心臓血管疾患転帰の第一予防におよぼすスタチン治療の影響を目的とした単一試験は行なわれたことがないため、危険性と有益性をより深く理解しようと試みた異なる研究結果を研究員たちがひとつにまとめ上げた。

「私たちはこの年齢層に関する最適なデータを抽出し、アメリカ人の心臓病のコンピュータシュミレーションで統合しました」とオッデン教授。

米国国民健康栄養検査(NHANES)のデータと高齢者のプラバスタチン試験(PROSPER)の結果と合わせて、マルコフモデルのコンピュータシュミレーションである心臓血管疾病政策モデル(CVDPM)を使用し、研究員たちは高齢者の費用とスタチン服用による危険性と有益性を見積もった。転帰尺度は、心筋梗塞(MI)、冠動脈性心疾患(CHD)死、障害調整生存年数および10年の費用などを含む。

彼らはCVDPMを使用し、75-94歳のアメリカ人成人の2014年から2023年までの10年シミュレーションを実行した。

治療による弊害がないと仮定し、75歳から94歳までのすべての人がスタチンで治療したとすると、10年間でMI(心筋梗塞)の発症が10万5000人、CHD(冠動脈性心疾患)による6万8000人の死亡が予防でき、さらに障害調整生存の増分費用が1年につき25,200ドル節約できるかもしれない、とコンピュータモデルでの結果が出ている。

スタチン効果の有益性と相殺すべき弊害に関する研究員たちの推測は、スタチンに起因する認識機能障害および身体機能の低下である。

75歳から94歳まで全員のモデルでは、治療の有益性を相殺すべき事項として、障害調整生存年数にわずか0.003の減少がみられた。

セントルイスにあるワシントン大学薬学部のマイケル・W・リッチ教授は、この方策について付随論説でこのように書いている。「体の自由を1日でも奪う副作用の出現は、スタチンの有益性を無効にするだろう」。

この研究結果は、この年齢層の人における費用の低さとスタチンの潜在的有益性に関する事実を強調しているにもかかわらず、「例えスタチンに起因する副作用はわずかであっても、弊害の方向性においては決定的な要因になる」とリッチ教授は記している。

「治験責任医師たちは、高齢者にスタチンを処方する決定には費用の考慮は重要ではないと示す一連の明解な分析をしてきたが、私はこの調査結果はスタチンを高齢者の第一予防薬として処方するようになったときに、副作用は少なくてもそれはより重大なことに繋がる、というこの見解を強く裏付けると確信している」

オッデン教授は、さらにこの研究結果は、高齢者の第一予防に対するスタチンの危険性と有益性についてさらに研究する必要があることを強調している、と語った。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- リピトール(アトルバスタチン)10mg (30錠) 3990 円

- リピトール(アトルバスタチン)20mg (30錠) 5810 円

- リピトール(アトルバスタチン)40mg (30錠) 4940 円

- アトルリップ(ジェネリックリピトール)5mg (30錠) 880 円

- アトルリップ(ジェネリックリピトール)10mg (30錠) 1340 円

- アトルリップ(ジェネリックリピトール)20mg (30錠) 2240 円

- リプバス(ジェネリックリピトール)10mg (10錠) 530 円

- リプバス(ジェネリックリピトール)20mg (10錠) 880 円

- シムラップ (シンバスタチン) 10mg  (10錠) 170 円

- シムラップ (シンバスタチン) 20mg  (10錠) 280 円

- ライペックス (シンバスタチン) 10mg (30錠) 2510 円

- ライペックス (シンバスタチン) 20mg (30錠) 1970 円

- ライペックス (シンバスタチン) 40mg (30錠) 2240 円

- ライペックス (シンバスタチン) 80mg (30錠) 3170 円

- ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg (30カプセル) 3240 円

- ロスリップ 10 (ロスバスタチンカルシウム)10mg (10錠) 440 円

- ロスリップ 20 (ロスバスタチンカルシウム) 20mg (10錠) 820 円

- クレスリップ (テルミサルタン/アトルバスタチン) 40mg/10mg (10錠) 530 円

- ロスタチン (ロバスタチン) 10mg (10錠) 350 円

- ロスタチン (ロバスタチン) 20mg (10錠) 530 円

- アロー・シンバ (シンバスタチン) 40mg (90錠) 1430 円

- アロー・シンバ (シンバスタチン) 80mg (90錠) 2330 円

- アロー・シンバ(シンバスタチン)20mg (90錠) 1340 円

- ザラトール(アトルバスタチン)10mg (90錠) 6600 円

- ザラトール(アトルバスタチン)20mg (90錠) 8100 円

- ザラトール(アトルバスタチン)40mg (90錠) 10700 円

- リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)10mg(トルコ市場向け) (30錠) 2200 円

- リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)20mg(トルコ市場向け) (30錠) 3600 円

- リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)40mg(トルコ市場向け) (30錠) 4400 円

- リピトール(アトルバスタチン・カルシウム)80mg(トルコ市場向け) (30錠) 7200 円

- クレストール(ロスバスタチン)10mg (28錠) 2380 円

- クレストール(ロスバスタチン)20mg (28錠) 3560 円

- クレストール(ロスバスタチン)40mg (28錠) 4150 円

- リバーコル(ロスバスタチンカルシウム)10mg (28錠) 1250 円

- アトルリップ(ジェネリックリピトール)10mg (15錠入) (15錠) 760 円

- ロスリップ 10(ロスバスタチン)10mg(15錠入) (15錠) 1260 円

- アトルリップ20(アトルバスタチン)20mg (15錠) (15錠) 1680 円