痛み止め(鎮痛・抗炎症) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-09-29

ソース(記事原文):サン・センティネル紙

筋肉をリラックスさせる最良のハーブと薬剤

サン・センティネル紙 (2011年9月29日) ― スージー・コーエン(Suzy Cohen)著

薬剤師さんへ:私は自動車事故に遭いました。それで筋肉のこりと痛みの治療薬を服用していますが、薬が切れるたびにまた痛み始めます。処方箋が必要な筋肉弛緩薬で最良なものを教えてください。また、それに代わる天然由来のものはありますか? - ロサンゼルスからK.B.より

K.B.さんへ: 筋弛緩薬は、肉離れ、捻挫、頚部硬直をはじめとする筋肉の不調を一時的に緩和するものです。しばらくの間なら投薬も良いと思いますが、これを読んでいる方たちのほとんどでは痛みの根底にある原因を探り出すことが必要になるでしょう。皆さんの多くが筋痙攣に苦しんでいて、それは自分で服用している薬が体内から栄養素を枯渇しているからだと恐らく気づいていないかもしれません。こうした薬はいずれ慢性の筋痙攣またはこむら返りを引き起こします。

何百もの薬が筋肉のこりと痛みの原因になっています。そこで「Drug Muggers」(英文)という私の本を参照してください(具体的にはカルシウム、マグネシウム、コエンザイムQ10、ビタミンD 、ビタミンB6の章を読んでください)。また、医師を受診するとともに、理学療法、優しい指圧療法、マッサージを検討しましょう。

一時的に痛みを和らげるハーブと薬剤を以下にいくつか挙げます。いずれも頭のぼんやりや、眠気、めまいを引き起こすことがあります。服用後に運転しないこと。

処方薬バクロフェン(リオレサール)。筋痙攣に用いるもので、天然GABA(ガンマアミノ酪酸)量を改善し、神経系を鎮める:

クランプ皮(キョウレン)[ハーブサプリメント]:下肢痙攣、急激な筋痙攣、項部硬直による痛みの軽減に役立つ可能性がある。女性には生理痛にも有用となると考えられる。このハーブにより血圧が下がるので注意すること。ハーブティー、チンキ剤、カプセル剤として販売されている。

処方薬メタキサロン(スケラキシン):一時的に痛覚を遮断するものである。あらゆる種類の筋肉痛に有用である。他の薬よりも優れている点は、乱用する可能性が低いことである。

カノコソウ(ハーブサプリメント):不眠や不安に対し用いられることが多いほか、筋肉をリラックスさせる。

処方薬シクロベンザプリン(フレキセリル):抗うつ薬に関連するもので、口渇、尿閉、便秘、めまいを引き起こすことがある。

処方薬カリソプロドール(ソーマ):脳と脊髄のシグナル伝達を遮断する。ひどい眠気を催させ、痛みを感じなくさせる。薬剤師として同薬による乱用を多く見てきた。

カバカバおよびパッションフラワー(ハーブ栄養サプリメント):双方とも筋肉の健康状態を支え、リラックスさせる。いずれか1つ服用すること。

なお、この情報はあなたの病気を治療・治癒・診断するためのものではありません。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- フレクスラ (メタキサロン) 400mg (10錠) 570 円

- パシフェン10(バクロフェン)10mg  (100錠) 1340 円

- リオレサール (バクロフェン) 10mg  (10錠) 860 円

- リオレサール (バクロフェン) 25mg (10錠) 1430 円