アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)1mg/500mg(30錠入)

1570 円!! 2型糖尿病治療薬のスルホニル尿素系薬とビグアナイド系薬剤の配合錠!膵臓からのインスリン分泌を促進とインスリン抵抗性の改善という異なる作用でして症状を効果的に改善!食事療法、運動療法で血糖値のコントロールができない方、また単独療法で効果の見られない方に!コレステロールや中性脂肪を減少させる作用も!

Amaryl M (Glimepiride/Metformin) - 1mg/500mg (30 Tablets)

■ 30錠

価格:1570 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

グリメピリド(Glimepiride)

塩酸メトホルミン(Metformin Hydrochloride)

 

同一成分含有商品

グリシフェージ(メトホルミン)500mg (20錠) 310 円
Glyciphage (Metformin) - 500mg (20 Tablets)

グリシフェージ(メトホルミン)850mg (10錠) 260 円
Glyciphage (Metformin) - 850mg (10 Tablets)

アロー・メトホルミン500mg (500錠) 2680 円
Arrow-Metformin (Metformin) - 500mg (500 Tablets)

アロー・メトホルミン850mg (250錠) 2240 円
Arrow-Metformin (Metformin) - 850mg (250 Tablets)

アポ・メトホルミン (塩酸メトホルミン)500mg (500錠) 2980 円
Apo-Metformin (Metformin Hydrochloride) - 500mg (500 Tablets)

グリミー (グリメピリド) 1mg (10錠) 350 円
Glimy (Glimepiride) - 1mg (10 Tablets)

アポ・メトホルミン (塩酸メトホルミン)850mg (250錠) 2400 円
Apo-Metformin (Metformin Hydrochloride) - 850mg (250 Tablets)

アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)1mg/500mg (10錠) 450 円
Amaryl M (Glimepiride/Metformin HCL) - 1mg/500mg (10 Tablets)

アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)2mg/500mg (30錠) 2900 円
Amaryl M (Glimepiride/Metformin HCL) - 2mg/500mg (30 Tablets)

メトホルミン (塩酸メトホルミン) 500mg (500錠) 4320 円
Metformin (Metformin Hydrochloride) - 500mg (500 Tablets)

メトホルミン (塩酸メトホルミン) 850mg (250錠) 3990 円
Metformin (Metformin Hydrochloride) - 850mg (250 Tablets)

ガルバス・メット50/1000(ビルダグリプチン/メトホルミン)50mg/1000mg (10錠) 1110 円
Galvus Met 50/1000 (Vidagliptin/Metformin) - 50mg/1000mg (10 Tablet)

グリシフェージP15(ピオグリタゾン/メトホルミン)15mg/500mg  (10錠) 440 円
Glyciphage-P 15 (Pioglitazone/Metformin) - 15mg-500mg (10 Tablet)

メトホルミン(塩酸メトホルミン)850mg(500錠入) (500錠) 4890 円
Metformin (Metformin Hydrochloride) - 850mg (500 Tablets)

メトホルミン(塩酸メトホルミン)500mg(1000錠入り) (1000錠) 6900 円
Metformin (Metformin Hydrochloride) - 500mg (1000 Tablets)

プランディアル・エム0.2(塩酸メトホルミン/ボグリボース)500mg/0.2mg  (10錠) 420 円
Prandial M 0.2 (Metformin Hydrochloride IP/Voglibose) - 500mg/0.2mg (10 Tablets)

アマリール(グリメピリド)1mg(30錠入) (30錠) 1200 円
Amaryl (Glimepiride) - 1mg (30 Tablets)

アマリール(グリメピリド)2mg(30錠入) (30錠) 2280 円
Amaryl (Glimepiride) - 2mg (30 Tablets)

メトチェック(塩酸メトホルミン)500mg (1000錠) 7820 円
Metchek (Metformin Hydrochloride) - 500mg (1000 Tablets)

メトホルミン・マイラン(塩酸メトホルミン)850mg  (500錠) 4600 円
Metformin Mylan (Metformin Hydrochloride) - 850mg (500 Tablets)

アマリール M(グリメピリド/塩酸メトホルミン)1mg/500mg(30錠入) (30錠) 1570 円
Amaryl M (Glimepiride/Metformin) - 1mg/500mg (30 Tablets)

ユーレパ・エム・エフ1(レパグリニド1mg/メトホルミン500mg)(10錠) (10錠) 1260 円
Eurepa-MF 1 (Repaglinide 1mg/ Metformin 500mg) (10 Tablets)

グルコフェージ(塩酸メトホルミン)850mg(100錠) (100錠) 1680 円
Glucophage 850mg (Metformin Hydrochloride) - 850mg (100 Tablets)

グルコフェージ(塩酸メトホルミン)1000mg(100錠) (100錠) 1980 円
Glucophage 850mg (Metformin Hydrochloride) - 1000mg (100 Tablets)

セタピンXR(塩酸メトホルミン) 500mg (150錠) (150錠) 2400 円
Cetapin XR 500mg (Metformin Hydrochloride) - 500mg (150 Tablets)

セタピンXR(塩酸メトホルミン) 1000mg (150錠) (150錠) 4800 円
Cetapin XR 1000mg (Metformin Hydrochloride) - 1000mg (150 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

SANOFI INDIA LTD.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安です。
実際の使用においてはかかりつけ医か専門医の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

グリメピリドによる治療を始めて受けている方は、通常1日1回1mgを食事と共に服用することから開始します。

・1日の最大2錠まで使用できます。必要であれば分割服用してください。
・アマリール M 1mgは1日4錠まで服用することができます。
・インスリン抵抗性の改善に伴って糖尿病のコントロールの改善がみられる場合、療法の過程としてグリメピリド摂取の必要性が少なくなる場合もあります。 その場合、低血糖症の発現を避けるために適切な服用量の減量や服用停止が考慮される必要があります。
・以下にあげる事例に該当する場合、服用量の変更の考慮が必要とされます。
1.体重の変化
2.生活スタイルの変化
3.低血糖症や高血糖症のリスクを高める要因がみられた場合

※注意事項※
・アマリール M 1mgの使用量は理想的とされる血糖値により、理想的な(ブドウ糖の)代謝調節を可能とするのに必要最低限な量でなければなく、また服用量は血中及び尿中の糖レベルの定期的な測定が必要です。
また、定期的なグリコヘモグロビンの割合の測定も必要です。
・服用を忘れてしまった場合などに次回分の服用量を増量するなどの、独自の服用量の調整は絶対にしないようにしてください。
・アマリール M 1mgは噛まずにコップ半分ぐらいの水で飲み込んでください。

 

商品詳細

アマリール M 1mgはグリメピリド 1mgと塩酸メトホルミン 500mgを有効成分とする2型糖尿病の治療薬です。
糖尿病とは食事で摂取された糖が、エネルギーとして活用されずに尿中に排出してしまう、糖代謝の異常による疾患です。

小腸でブドウ糖へと分解された糖質は血液中へ吸収されて体内を循環し、エネルギーを必要としている細胞に取り込まれ速やかに利用されるか、貯蔵されて必要時に消費されることです。
このブドウ糖の細胞への取り込みを触媒するのが膵臓にあるランゲンルハンス島のβ細胞から分泌されているインスリンというホルモンです。
インスリンは血液と共に体内を循環し、ブドウ糖を必要としている細胞表面にあるインスリン受容体と結合することによってブドウ糖を取り込むGlut4と呼ばれる輸送担体を細胞表面に移動させ細胞のブドウ糖取り込みを促進させる役割を果たしています。

糖尿病はこのインスリンが正常に機能しないことによって発症します。
1型、2型糖尿病に分類され、1型糖尿病はインスリンを分泌するランゲルハンス島のβ細胞の破壊によるインスリンの絶対的な欠損によるものにあるのに対し、2型糖尿病は何らかの原因によるインスリン分泌、或いはその機能の低下やインスリンがブドウ糖の取り込みを触媒する細胞のインスリン受容体の感受性の低下によって発症します。
また、1型糖尿病は小児期に多く発症し、自己免疫疾患やウイルス感染がその原因の一部であるとされているのに対し、2型糖尿病は成人になってからの発症が多く、遺伝や加齢、ストレスといった要因に加えて食べ過ぎや、運動不足による肥満などの生活習慣が大きく関与していると考えられ、糖尿病人口の約95%を占めていると言われています。

糖尿病を発症しても、血糖値が高い以外に特異な症状がありません。
しかし、高血糖状態が長期に渡り、血液中の過剰な糖によって血管の損傷が進むと全身に渡る合併症が現れます。
最小血管合併障害としては糖尿病の三大合併症とも呼ばれる糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害が挙げられ、また血管の破損による動脈硬化の進行などから心筋梗塞、脳卒中といった命に関わる症状が引き起こされます。

1型糖尿病はインスリンが全く分泌されない状態であるので、生涯に渡るインスリン注射による療法が必要不可欠ですが、生活習慣病の要因を持つ2型糖尿病においては食事療法や運動療法などに加えて血糖降下薬剤による治療が中心となります。

アマリール M 1mgの有効成分のひとつ、グルメピリドはスルホニル尿素系薬剤(SU剤)に属し、主に膵臓からのインスリン分泌を促進します。
インスリンは膵臓のランゲルハンス島のβ細胞内に流入したカルシウムイオンによって分泌されます。
グリメピリドはβ細胞へのイオン流出入をコントロールしているカリウムチャンネルに結合し、カリウムイオンチャンネルの開口を阻害します。
この作用によって別のイオン流出入口のカルシウムイオンチャンネルを開かせ、カルシウムイオンの細胞内への流入が促進されることからインスリンの分泌作用が増強されると考えられています。

もうひとつの有効成分である塩酸メトホルミンはピグアナイド系抗糖尿病薬に属し肝臓の糖新生の抑制、末梢組織のインスリン抵抗性の改善、そして小腸から血中への糖吸収の阻害作用により血糖降下作用を発揮します。

肝臓は食事によって摂取されたブドウ糖をグリコーゲンという多糖類に合成して貯蔵し、空腹時など血糖値が低下した時にそれを元のブドウ糖に分解して血中に放出する役割を果たしています。
しかし、肝臓におけるインスリン抵抗性によって、肝臓に十分なブドウ糖が取り込まれなくなると、肝臓はアミノ酸やグリコースから糖を作り出して血中に放出するようになります。
これが肝臓の糖新生という働きですが、こうしてブドウ糖が血中に放出されても末梢組織におけるインスリン抵抗性によって、ブドウ糖を必要としている骨格筋や脂肪組織がブドウ糖を効率的に取り込むことができません。
その一方で肝臓は次から次へと糖を造りだし、血中に制御なく放出し続けるため血糖値が上昇することになります。

塩酸メトホルミンは細胞内で活性窒素を増加させる作用があり、それに基づく一連の反応によって糖代謝、脂肪酸燃焼を調節するAMPキナーゼと呼ばれる酵素を活性化させます。
活性化されたAMPキナーゼは肝臓、及び末梢組織のブドウ糖取り込みを増強するほか、インスリン感受性を下げる脂肪酸の燃焼をも促進させ、インスリン抵抗性を改善させます。
さらに小腸においてはショ糖をブドウ糖に分解する酵素活性を抑えて小腸から血中へのブドウ糖の吸収を抑制するため、総合的に血糖値上昇を抑制する効果を発揮するとされています。

 

他の商品との比較

アマリール M 1mgの有効成分のひとつであるグリメピリドが属するスルホニル尿素剤は代表的な2型糖尿病治療薬で、食事療法、運動療法、体重減少などによる血糖値コントロールが不可能な場合に使用されています。
特に日本人は欧米人と比較してインスリン分泌能力が低いとされているため、スルホニル尿素剤は薬物療法の主流となっています。

これらのスルホニル尿素系薬剤はインスリンの分泌を促進することにより、強い血糖値降下作用を持つとされていますが、同時に心筋細胞のカリウムチャンネルへの結合による心臓死のリスクが高いこと、体重増加、低血糖、β細胞疲弊によって途中から薬が効かなくなる「二次無効」などといったことが問題視されています。

もうひとつの有効成分である塩酸メトホルミンはビグアナイド系抗糖尿病薬に属し、肝臓における糖新生の抑制、骨格筋や脂肪組織の糖利用の促進、及び小腸からの糖吸収の抑制といった作用による降血糖作用を持ちます。
インスリン分泌促進剤と異なり体重増加をきたしにくく、またインスリン分泌と直接関連していないために低血糖やβ細胞疲弊が引き起こされにくいとされています。
塩酸メトホルミンの属するビグアナイド系抗糖尿病薬は肝臓への作用による乳性アシド―シスの発現が懸念されていますが、実際塩酸メトホルミンによる乳性アシド―シスによる死亡率はさほど高くはなく、年間1000人中、0.03程度とされており、さらに、アマリール M 1mgに含有されている塩酸メトホルミンは叙放性のため乳性アシド―シス発現の可能性がさらに低く抑えられているとされています。

このような特性から、現在ではグリメピリドのようなスルホニル尿素系単独使用では十分な血糖降下作用がみられない場合には、メトホルミンとの併用療法が広く用いられるようになっています。
アマリール M 1mgは1錠にこの2成分を配合することで1回の服用でより効果的な血糖コントロールを達成することを可能にした薬剤となっています。

2型糖尿病治療薬として有効成分をグリメピリドとするものにはアマリール(サノフィ・アベンティス)が販売されています。
2型糖尿病治療薬としては塩酸ピオグリタゾンと塩酸メタホルミンを配合した国内初の配合剤メタクト配合錠(武田製薬)が2010年4月に承認されましたが、グリメピリドと塩酸メタホルミンといったようにスルホニル尿素系薬剤とビグアナイド系薬剤の配合錠といったものは現在のところ承認されていません。

 

特別な注意

以下の項目に該当する場合にはアマリール M 1mgの使用は禁忌とされています。
・有効成分であるメトホルミン、グリメピリド、及びその他のスルホニル尿素系薬剤、スルホニルアミド系薬剤に過敏症である
・1型糖尿病
・糖尿病ケトアシド―シス
・糖尿病性昏睡
・重篤な肝機能障害
・治療対象のうっ血性心不全

血清クレアチニン濃度が男性において1.5mg/dL以上、女性において1.4mg/dL以上の場合、或いはクレアチニンクリアランスに異常がみられる場合)は心血管虚脱、心筋梗塞、敗血症などを引き起こす可能性があるため、アマリール M 1mgの使用は避けてください。

妊娠している方が分娩時にアマリール M 1mgを含むスルホニル尿素系薬剤を使用している場合、新生児が重篤な慢性低血糖症を引き起こす場合があります。
妊娠中のアマリール M 1mg(及びその他のスルホニル尿素系薬剤)の使用は避け、インスリンによる血糖コントロールに切り替えるのが適切であるとされています。
アマリール M 1mg及びその他のスルホニル尿素系薬剤)の使用中に妊娠が発覚した方、又は妊娠を計画している方は医師に相談してください。

アマリール M 1mgの有効成分であるグリメピリドが母乳中に排出し、それを摂取した乳幼児が低血糖症を発症するおそれがあります。
授乳中の方はアマリール M 1mgの使用を避け、インスリンによる血糖コントロールか、人工乳(ミルク)による育児に切り替えるようにしてください。

子供における安全性は確立されていません。

空腹時の血糖とグリコヘモグロビンの定期的な測定は、アマリール M 1mgの治療効果を観測するのに必要不可欠です。
アマリール M 1mgの使用前、及び使用開始から1年ごとに腎機能の検査を実施し、正常であることを確認する必要があります。
腎機能障害の可能性のある患者においては腎機能検査を頻繁に行い、腎機能障害が認められた時点でアマリール M 1mgの使用を中断する必要があります。

外傷精神的外傷、手術、熱性感染症などの過度なストレス下では血糖値の制御が悪化するため、糖代謝の良好な状態を保つために、一時的にインスリン投与による治療が必要となる場合があります。
アマリール M 1mg血糖値の制御が改善した時点で再開することができます。

スルホニルアミド系薬剤誘導体に過敏症である方は、グリメピリドに対しても過敏症である場合があります。

症状が安定した患者にアマリール M 1mgでの治療中の検査における異常や、はっきりとしない病状が発現した場合にはケトアシド―シスかどうかの診断が速やかに実施する必要があります。
また、アシド―シスの発症が認められた場合にはアマリール M 1mgの使用をただちに停止し、適切な治療が必要となります。

アマリール M 1mgの使用は放射線使用による造影検査や手術などが実施される場合に、一時的に中断される必要があります。

子供における安全性は確立されていません。

肝臓病のある方にはアマリール M 1mgの使用は適切ではないとされています。

塩酸メトホルミンは腎臓から排泄されるため、腎機能障害に並行したメトホルミンの蓄積と入性アシド―シスのリスクが懸念されます。
従って血清クレアチニンの濃度が年齢に対して正常域の上限を超えている患者におけるアマリール M 1mgの使用は避けるべきとされています。
高齢者においては腎機能の低下がみられるため、アマリール M 1mgの使用は適切な血糖コントロールを可能とする最低限の量に用量設定される必要があります。
アマリール M 1mgの使用前6ヵ月と、使用中は腎機能が正常域であるかどうかを確認する必要があります。

低酸素状態に特徴づけられる心血管虚脱、急性心筋梗塞、及びうっ血性心不全は入性アシド―シスとの関連性が認められており、また腎前性抗窒素血症を引き起こす可能性があります。
アマリール M 1mgの使用中にこれらの症状が発現した場合、使用をただちに中断する必要があります。

アマリール M 1mgの使用は食べ物や水の摂取の制限を受けない軽度の手術以外の手術において外科的処置の2日前から一時的に中断しなくてはなりません。
術後の使用は食事の経口摂取が再開され、腎機能が正常であると判断されてから再開してください。

ビタミンB12と葉酸の摂取障害が報告されているため、長期に渡るアマリール M 1mgの使用においては血清中のビタミンB12と葉酸の1、2年ごとの測定が好ましいとされています。

アマリール M 1mgでの治療開始後の数週間の間は低血糖症発現の可能性が高くなるため、注意深い観測が必要とされています。
低血糖症はカロリー摂取が不十分である場合や、過剰な運動に対して十分なカロリー摂取がなされない場合、または他の血糖降圧薬やエタノールとの併用によって引き起こされます。
高齢者、衰弱、栄養失調の患者や副腎皮質機能不全、アルコール中毒の患者には、特に低血糖症を引き起こすリスクが高いとされており、高齢ややβ遮断薬を服用している患者においてはその発見がされにくいと言われています
大抵の場合、低血糖症は炭水化物(グルコース又は砂糖)を摂取することによってコントロールすることができるため、患者が観察下においておくことが必要です。
深刻な低血糖症は医療関係者による早急な処置とそのフォローアップが必要となり、場合によっては入院による治療が必要となることもあります。

血糖降下薬のほとんどにおいて一定の期間が経過した後、その効力が減少する「二次無効」が現れます。「二次無効」に対して使用当初から効果が現れないのは「初期無効」とされます。

極稀にアマリール M 1mgでの治療中に塩酸メトホルミンの蓄積による深刻な代謝合併症である乳性アシド―シスが引き起こされることがあります。
その致死率は約50%と言われ、特に高齢者は腎機能の注意深い観測が必要とされ、また80歳以上におけるアマリール M 1mgの使用は血清クレアチニンクリアランスの測定によって腎機能が正常であることが示されない限り使用されるべきではないとされています。
乳性アシド―シスの発症の危険性は腎機能不全の程度と年齢の上昇に伴って上昇するとされています。
さらに、アマリール M 1mgの使用は低酸素、脱水症状、敗血症と関連する症状がみられた時点でただちに中断されなくてはなりません。
乳性アシド―シスは緊急の処置を要する症状であるため、医療機関での治療が必要です。
アマリール M 1mgを服用中に乳性アシド―シスを発症した場合、服用をただちに中断し、アシド―シスに対する治療が必要となります。塩酸メトホルミンは血行動態が良好である場合のクリアランスが170mL/分であれば透析できるため、早急な血液透析がアシド―シスの症状改善に有効とされています。
アシド―シスの発現が認められた場合、アマリール M 1mgの服用をただちに停止してください。

例え同じような症状であったとしても、アマリール M 1mgを他人と共用することはしないでください。

子供の手の届かないところで保存してください

外装に損傷があったり、有効期限が切れているものの使用はしないでください。

 

他の薬との併用

アマリール M 1mgと以下の薬剤との併用はグリメピリド、及び塩酸メトホルミンの血糖値降下作用を増強する可能性があるため、低血糖症を発症が懸念されます。
・アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬(カプトプリルなど)
・コトリモサキゾール(抗菌薬ST合剤)
・ジソピラミド(抗不整脈薬)
・高脂血症治療フィブラート系薬剤(クロフィブラートなど)
・フェンフルラミン(中枢性食欲抑制薬)
・フルコナゾール(抗真菌薬)
・インスリン
・モノアミン酸化酵素阻害薬 (フェネルジンなど)
・ミコナゾール(抗真菌薬)
・他の抗糖尿病薬
・フェニルブタゾン(抗炎症薬など)
・多量のサリチル酸(アスピリンなど)
・スルホンアミド
・グリクラジド、グリベンクラミドといったスルホニル尿素系薬剤
・β2遮断薬(サルブタモールなど)

プロプラノールなどのβ遮断薬(点眼薬に含まれているものにおいても)は心拍数増加や振るえといった低血糖の症状を不明瞭にし、また低血糖状態を長期化させ、血糖値を正常値に戻しにくくする作用があります。

降圧薬のクロニジンも低血糖症の兆候を不明瞭にする作用があります。

またアマリール M 1mgと以下の薬剤との併用は血糖値を上昇させる作用があるため、併用する際には、アマリール M 1mgの服用量を増量する必要が生じる場合があります。

・向精神薬(クロルプロマジン、オランザピンなど)
・副腎皮質コルチコイド(ヒドロコルチゾン、プレドニゾロンなど)
・ダナゾール(抗ゴナドトロピン薬)
・利尿剤(特にサイアザイド系利尿薬、ベンドロフルメチアドなど)
・リチウム
・イソニアジド(抗結核薬)
・避妊薬等に含まれているエストロゲン及びプロゲステロン
・HIVプロテアーゼ阻害薬(リトナビルなど)
・ソマトロピン(成長ホルモン前駆体製剤)

抗結核薬、抗生物質のリファンピシンはグリメピリド、塩酸メトホルミンの血中濃度を下げる作用があるため、
併用される場合には血糖コントロールのためにアマリール M 1mgの服用量を増量させる必要が生じる場合があります。

シメチジンは塩酸メトホルミンの血中濃度を上昇させる作用があるため、塩酸メトホルミンの服用量を減量する必要が生じることがあります。

注射やヨード標識など造影剤強調を使用したレントゲン検査実施前の塩酸メトホルミンの使用は一時的に腎機能を低下させ、塩酸メトホルミンの血中濃度に影響を当てるため避けるべきとされています。
塩酸メトホルミン使用の再開はレントゲン検査後の腎機能検査が正常であるとされてから開始してください。

抗ヒスタミン薬のケトチフェントメトホルミンの併用による血小板の減少が報告されています。
ケトチフェンの製造社によってケトチフェンと塩酸メトホルミンの併用は避けるようにとされています。

上記以外にも他薬と併用する場合には、処方薬、市販薬に関わらず事前に医師、或いは薬剤師と確認し、安全性を確かめてから使用するようにしてください。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いた時点ですぐに使用してください。
もし間食を取る時間が近い場合は、間食と一緒に服用するようにしてください。
次の服用時間が近い場合は、忘れた分を飛ばして次の分から使用してください。
忘れたからと言って一度に2回分を使用することはお避け下さい。

 

副作用

アマリール M 1mgの服用によって以下の副作用が発現する場合があります。

●主な副作用
下痢、便秘、吐き気、嘔吐、腹痛などの消化器官の不調、服用初期の一時的な視覚障害、体重の増加、味覚異常、低血糖症、発疹や痒みなどのアレルギー性皮膚炎、肝機能不全、肝炎、胆汁うっ帯性黄疸、無顆粒球症、再生不良性貧血、溶血性貧血、白血球減少症、汎血球減少症、血小板減少症、過敏症反応

●極稀に起こる重篤な副作用
血中の乳酸レベルの上昇(乳性アシド―シス)、長期の使用によるビタミンB12の吸収不良など

特に服用によって低血糖症の発現が懸念されています。主な症状としては以下のものが挙げられます。

体の振るえ、目眩や意識朦朧、発汗、不安やいらつき、情緒不安定、頭痛、しびれや口の周りのピリピリ感、倦怠感、顔色が悪くなる、空腹感、ぎこちなさやぎくしゃくした動き

低血糖症の放置は以下の深刻な症状を生じることがあります。これらの症状が現れた場合、ただちに医師の処置を受けてください。

混乱、痙攣、意識不明

逆に以下の高血糖症の症状が発現した場合、ただちに医師に相談してください。

極端な喉の渇き、頻尿、極端な空腹感、倦怠感、視覚障害

高血糖症の放置は糖尿病ケトアシド―シスと呼ばれる命に関わる症状を生じることがあります。これらの症状が発現した場合はただちに医師の処置を受けてください。

口内乾燥、吐き気や嘔吐、息切れ、果物のにおいがする息、意識が遠のく

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-09-14
経口抗糖尿病薬が体内の窒素と尿素の代謝を調節(【News-Medical.Net】より) - もっとも頻繁に処方されている経口抗糖尿病薬であるメトホルミンは、代謝経路に有意に働きかけることが、ヘルムホルツ・センター・ミュンヘン研究所の科学者とデュッセルドルフのドイツ糖尿病センター(DDZ)の研究員に.... 続きを読む

2016-08-30
安価な薬が1型糖尿病患者の心臓疾患の速度を遅くする可能性があると専門家が発言(【Medical News Today】より) - ニューキャッスル大学の科学者たちは、1型糖尿病患者が一般に2型糖尿病患者に処方される薬を日常的に服用すると、心臓疾患の発症や進行を遅くさせることを確信している。メトホルミンは、肝臓でのブドウ糖の生成を減少させて2.... 続きを読む

2016-07-26
一般的な2型糖尿病治療薬の早産に対する驚くべき効果(【News-Medical.Net】より) - 7月25日に発表された研究結果によると、通常は2型糖尿病を持つ何百万もの人が使用する薬であるメトホルミンが、早産の重大な原因を断つという思いがけない働きをするかもしれないことがわかった.初期段階の研究は、シンシナティ.... 続きを読む

2016-04-15
一般的な2型糖尿病治療薬ががん死のリスクを減らす可能性(【HealthDay News】より) - 2型糖尿病とがんを患う女性は、糖尿病でない女性がん患者と比較してがんによる死亡のオッズが45%高かった。しかし2型糖尿病を治療するためにメトホルミンを服用していたがん女性では、がんによる死亡リスクは糖尿病でないがん女性.... 続きを読む

2016-04-08
腎障害患者へのメトホルミン薬使用をFDAが承認(【MedPage Today】より) - 現在の医薬表示は、腎臓が完全に機能していない人に対してはメトホルミンを使用しないよう強く推奨している。しかしながら、メトホルミンの腎臓機能に対する影響に関する膨大な研究を検討した結果、FDAは軽度の腎障害を持つ人、また.... 続きを読む

2016-01-15
糖尿病治療薬メトホルミンが膵臓がんの進行を阻止することが研究で明らかに(【Medical News Today】より) - 糖尿病治療薬であるメトホルミンの効果に隠された膵臓がんの進行抑制という新しい機序を、マサチューセッツ総合病院(MGH)の研究員が見つけたかもしれない。オープンアクセスジャーナルである『PLOSワン』で発表された彼らの研究において.... 続きを読む

2015-12-01
メトホルミンは1型糖尿病を患う10代の肥満には効果がない可能性(【HealthDay News】より) - 糖尿病患者の約5%を占める1型糖尿病は、必要とするインスリンを体内で生産することができない。そこでこの病気を患う人においては外部からのインスリン補給が必要となる。この新しい研究はフロリダ州のタンパにあるジェブ.... 続きを読む

2015-07-10
肥満妊婦への糖尿病治療薬投与は胎児の体重を減少させない(【HealthDay】より) -妊娠中に糖尿病治療薬のメトホルミンを服用しても、肥満女性が肥満児を出産するリスクが減らないことが、新しい研究でわかった。子宮内の過剰な血糖の曝露は出生児の体重過多に繋がること.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-29
糖尿病の発症を予防する薬はほとんど使われない(【UCLSニュースルーム】より) エンリケ・リベロ(Enrique Rivero)著 -メトホルミンは糖尿病の発症を防ぐ薬として値段も手ごろで有効であるが、実際はほとんど使用されていない。UCLAがその理由を調査した。UCLAの研究によれば、糖尿病発症の予防に効果が認められている安価な薬を処方する医.... 続きを読む

2015-02-27
メトホルミンが妊娠糖尿病後の2型糖尿病リスクを低下(糖尿病.co.ukより)― 妊娠糖尿病歴を有する女性におけるメトホルミンの服用が、2型糖尿病の発症リスクを低下させることが、新たな研究で示された。本研究によれば、妊娠糖尿病歴のない女性では、メトホルミンによる2型糖尿病のリスク低.... 続きを読む

2015-02-02
メトホルミンが非喫煙・糖尿病患者の肺がんリスクを下げる可能性(DDDマガジンより)― 米国癌学会(American Association for Cancer Research)のジャーナル『キャンサー・プリベンション・リサーチ(Cancer Prevention Research)』に掲載の研究によると、喫煙しない糖尿病患者で、メトホルミン(糖尿病治療薬)の服用者は肺がんリスクが低下していたとい.... 続きを読む

2014-12-05
併用療法におけるサクサグリプチンの有効性(糖尿病・イン・コントロールより)― 2型糖尿病患者において、サクサグリプチンを別の種類の薬剤に追加すると、血糖コントロールが改善される。サクサグリプチンとは、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬のことであり、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)と、ブドウ.... 続きを読む

2014-11-10
糖尿病治療薬の第一選択はメトホルミン単剤との結果が改めて示された(薬学ジャーナルより)― 追加の血糖降下薬が必要となった糖尿病患者はメトホルミン服用群では24.5%だったのに対し、スルホニル尿素薬群では37.1%であった。糖尿病と診断されたのが最近で、治療のために処方されているのはメトホルミンだけという患.... 続きを読む

2014-11-10
研究がメトホルミン単剤療法を糖尿病薬の第一選択として支持(薬学ジャーナルより)― メトホルミンを服用した糖尿病患者の24.5%のみが、スルホニル尿素を投与された37.1%と比較して、第2の血糖降下薬を必要とした。最近糖尿病だと診断されメトホルミン単剤療法を処方された患者は、単剤療法として他の経.... 続きを読む

2014-10-31
メトホルミンは糖尿病患者の血糖値を下げる最良の初期経口薬(糖尿病・イン・コントロールより)― メトホルミン、スルホニル尿素、チアゾリジンジオン、DPP-4阻害剤を比較し、第2治療薬が必要となる時間への影響を評価した...糖尿病治療には多くの薬剤クラスの経口薬が使用されているが、初期治療として使用するのにど.... 続きを読む

2014-08-27
PCOSの女性はメトホルミンで体重増加を避けられるかも(ヒーリオより)― 『ジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジー&メタボリズム(The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism)』に発表された研究によると、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で中心性肥満とインスリン抵抗性を認める女性にメトホルミンを使用した.... 続きを読む

2014-08-08
メトホルミン治療、より良い脂質コントロールを提供(糖尿病・イン・コントロールより)― 冠動脈疾患のある2型糖尿病患者では、グリピジド治療よりメトホルミン治療を受けている患者の方が、より良い全体的な脂質効果が見られた....この研究結果は多施設二重盲検無作為化プラセボ対照比較試験(SPREAD-DIMCAD)で解析さ.... 続きを読む

2014-08-08
糖尿病治療薬メトホルミンで寿命が延びる可能性(メディカル・ニュース・トゥデイより)― メトホルミンは2型糖尿病治療薬であり、米国において認可されている。英国のカーディフ大学(Cardiff University)が実施した18万人を対象とする新たな研究で、メトホルミンが非糖尿病者においても寿命を延ばす可能性のあることが明ら.... 続きを読む

2014-07-01
膀胱癌患者におけるメトホルミンが腫瘍学的治療成績を改善する可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより)― 膀胱癌に対する根治的膀胱摘除術を受けた糖尿病患者において、メトホルミン治療が腫瘍学的治療成績の改善に関連することが、セントジョンズのニューファンドランド島で開催されたカナダ泌尿器科学会年次総会(Canadian Urological Association annual.... 続きを読む

2014-06-27
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):メトホルミンに抗炎症薬ロフルミラストの追加で肥満が軽減する可能性(メディカル・リサーチより)― メディカルリサーチ:今回の研究の主な知見を教えてください。イェンスタール:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の肥満女性を対象に、ホスホジエステラーゼ(PDE)4の選択的阻害薬ロフルミラストをメトホルミン(MET)に追加.... 続きを読む

2014-06-12
メトホルミンの使用で前立腺がんと診断されるリスクが低減(腎臓&泌尿器学ニュースより)― 糖尿病治療薬であるメトホルミンの使用は、前立腺がん(PCa)と診断されるリスクの低減に関連付けられると新たな発見が示唆している。ボストンのマサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)のマーク・A・プレストン(Mark A. Preston)医師お.... 続きを読む

2014-06-02
抗糖尿病薬メトホルミンによる老化遅延と延命効果(メディカル・エキスプレスより)― ルーヴェン・カトリック大学(KU Leuven)に所属するベルギー人博士研究員ワウテル・デハース(Wouter De Haes)氏らによる研究で、世界で最も広範に使用されている抗糖尿病薬メトホルミンが、老化を遅延させ、寿命を延長させるという新た.... 続きを読む

2014-05-26
2型糖尿病ではないが太っている子どもの減量にメトホルミンが有用(STIXSより)― 2型糖尿病ではないけれど太っている子どもは、メトホルミンを服用して運動習慣と食生活を改善することで減量が可能です。ある研究によると、この薬を使用しつつライフスタイルを変化させることもできれば、結果は素.... 続きを読む

2014-05-18
メトホルミン-スタチンの組み合わせがPCaの再発率を削減(腎臓&泌尿器学ニュースより)― オーランド-糖尿病性前立腺癌(PCa)患者は、メトホルミンとスタチンを両方服用すると、根治的前立腺切除術後の生化学的再発(BCR)のリスクを低下させることができることを、研究者らが2014年米国泌尿器科学会(American Urological Association.... 続きを読む

2014-05-02
抗精神病薬による体重増加の治療にメトホルミンが役立つ可能性(精神医学ニュースより) - 体重増加を抑えるメトホルミンの効果はそれ程大きくないが、抗精神病薬に伴う体重増加やその関連症状を生じるリスクのある患者にとって、メトホルミンが重要な併用薬となる可能性がある。新たなメタ分析で研究者らが.... 続きを読む

2014-04-22
糖尿病治療薬が乳癌リスクを低下(メイン州ニュースより)― 糖尿病治療薬メトホルミンを5年間服用した女性は、それ以外の治療薬を服用した女性よりも乳癌リスクが低いことが、新たな研究で明らかにされた。本研究は、一般に入手可能な2型糖尿病治療薬が、抗癌作用を有するこ.... 続きを読む

2014-03-24
糖尿病に対する2剤併用療法が血糖コントロールに役立つ可能性(デイリーRxニュースより) - 2種類の糖尿病治療薬による併用療法で、血糖値を効率的にコントロールすることができる。具体的にはメトホルミンにビルダグリプチンを加えると、効果的な併用療法となることが、新たな研究で確認された。糖尿病患者.... 続きを読む

2014-03-17
ビグアナイド系薬剤の抗がん作用のメカニズム(メディカル・エキスプレスより) - 悪性腫瘍内には低グルコース環境があり、がん細胞がそのような環境でどうやって生き延びるのかを調べるために、ホワイトヘッド研究所のキヴァンス・ビルソイとリチャード・ポッセマトは、細胞の周りを低栄養培地が継.... 続きを読む

2014-03-14
メトホルミンにビルダグリプチンを追加すると血糖コントロールが改善(腎臓&泌尿器学ニュースより) - ビルダグリプチンとメトホルミンの併用投与は、忍容性不良や低血糖を誘発することなく、血糖コントロールを改善させることが、新たな研究で示唆された。多施設共同二重盲検比較試験において、東京医科大学のMasato Odawara博士.... 続きを読む

2013-12-14
2型糖尿病における認知症に対する防御能をメトホルミンが付与する可能性(糖尿病ヘルスより) - 糖尿病治療薬メトホルミンは、血糖値のコントロールに役立つのみならず、糖尿病患者に多い健康リスクの一つである認知症リスクを低下させる可能性もある。糖尿病症状をコントロールするためにスルホニル尿素を服用し.... 続きを読む

2013-12-14
2型糖尿病における認知症に対する防御能をメトホルミンが付与する可能性(糖尿病ヘルスより) - 糖尿病治療薬メトホルミンは、血糖値のコントロールに役立つのみならず、糖尿病患者に多い健康リスクの一つである認知症リスクを低下させる可能性もある。糖尿病症状をコントロールするためにスルホニル尿素を服用し.... 続きを読む

2013-11-29
糖尿病薬のメトホルミンが、化学療法と放射線療法との併用で肺がん患者の予後を改善する可能性(ザ・アルマゲストより) - 糖尿病治療薬メトホルミンによる放射線療法と化学療法とを併用しての悪性肺がんの治療が腫瘍の増殖および再発を遅らせる可能性があることが、第15回肺世界肺癌学会 (World Conference on Lung Cancer)での口演で発表されたペンシルバニア大学.... 続きを読む

2013-11-21
糖尿病治療薬が癌に有効(デジタル・ジャーナルより) - 長年用いられている糖尿病治療薬メトホルミンが、さまざまな種類の癌(子宮、肝臓、膵臓、大腸、肺、卵巣、乳房)に対し改善作用のあることが明らかとなった。メトホルミンは、患者の血糖値を下げることで2型糖尿病.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-17
多嚢胞性卵巣症候群の女性に対するリラグルチドやメトホルミンの体重減少効果は単独投与よりも併用投与のほうが優れる(ヘアリオより) - 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で肥満の女性に対するリラグルチドとメトホルミンの短期併用投与は、有意な体重減少をもたらしたという。米国内分泌学会議(ENDO 2013)において、リュブリャナ大学医療センター(University Medical Center in Ljubljana).... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-04-03
メトホルミンが加齢プロセスを遅延させる可能性(オンメディカより) - 広く処方されている2型糖尿病治療薬メトホルミンが、ダイエットに類似した効果により、加齢プロセスを遅らせることが、新たな研究で示された。カロリー制限食は、複数の動物においてその後の人生における健康の改善.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-01-24
癌との闘い:昔ながらの薬剤の新たな用途(ハフィングトン・ポストより) - 自分が癌と診断されたことを想像してみてください。安全かつ有効でしかも「化学療法」による副作用のない安価な治療薬があると知ったとします。この薬は地元薬局で広く入手可能となっているのに、医師はあなたに処方.... 続きを読む

2013-01-20
メトホルミンは心臓関連疾患の抑制においてグリピジドに勝る(糖尿病ヘルスより) - 冠動脈心疾患を併発する糖尿病患者を対象に中国が実施した調査研究では、脳卒中や心発作をはじめとする主要な心血管関連事象リスクの低下には、メトホルミンがグリピジドよりも有効であるという結論を得ている。シャンハイ.... 続きを読む

2013-01-07
メトホルミンは2型糖尿病ハイリスク患者における心臓イベントを防止する(MPRより) - ダイアビーティス・ケア(Diabetes Care)で12月10日に発表された研究によると、 メトホルミン治療はグリピジドと比べ、2型糖尿病ハイリスク患者における心血管イベントを大きく低減する。上海交通大学医学院(Shanghai Jiao Tong University School of Medicine).... 続きを読む

2012-12-10
メトホルミン療法は肥満の子どものBMIと空腹時血糖値を改善(ニュース・メディカルより) - 米国内分泌学会(Endocrine Society)のジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジー&メタボリズム(Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism: JCEM)誌が掲載した最近の研究によると、メトホルミン療法は肥満の子どもの肥満度指数(BMI)や空腹時血糖値の.... 続きを読む

2012-12-04
研究:糖尿病治療薬メトホルミンは卵巣癌を撃退するのに役立つ可能性(ドラッグウォッチより) - 安全かつ安価な糖尿病治療薬メトホルミンは卵巣癌女性患者の生存率に寄与してきたと考えられることが、メイヨークリニック(Mayo Clinic)による新規研究で示された。糖尿病治療のためにメトホルミンを服用する女性は、癌の深達度.... 続きを読む

2012-11-07
研究:糖尿病治療でメトホルミンが心臓にもたらす有益性はスルホニル尿素薬を上回る(サイエンス・コーデックスより) - バンダービルト(Vanderbilt)での研究で、最も一般に処方されている糖尿病治療薬が心臓発作、脳卒中、死亡のリスクに及ぼす影響について検討が行われた。その研究から、メトホルミンにはスルホニル尿素薬を上回る有益性のある.... 続きを読む

2012-10-26
メトホルミンが肺がんの生存率を高める可能性(メドページ・トゥデイより) - 非小細胞肺癌(NSCLC)の術後、糖尿病患者の生存期間が延長するという以前の知見は、おそらくメトホルミンという薬の使用を反映したものである、と研究者が下記で述べている。ニューヨーク州バッファローのロズウェルパーク.... 続きを読む

2012-10-06
癌患者に糖尿病治療薬が役立つ可能性(ウィニペグ・フリープレスより) - 乳癌、大腸癌、および前立腺癌に対する数ある新薬の中でも、特に1958年に初めて認可された糖尿病治療薬が次の新規治療になる可能性がある。メトホルミンは、血糖を下げるのに最も一般的に用いられる薬剤であり、全世界で.... 続きを読む

2012-07-23
腰椎神経根痛にメトホルミンが期待される(臨床内分泌学ニュースより) ― メトホルミンが関連付けられていた腰部神経根障害患者の痛みの報告は、これまでずっと控えめなものだった。内分泌学会(Endocrine Society)の年次総会で発表された後ろ向き症例対照研究で、メトホルミンを服用し腰部神経根痛の治療を.... 続きを読む

2012-07-05
脳卒中により損傷した脳をメトホルミンが修復する可能性(メドページ・トゥデイより) - 糖尿病治療薬として広く使用されているメトホルミンは、神経系の損傷に対しても治療薬となる可能性があると、研究者らが報告した。トロント小児病院(Hospital for Sick Children)のフリーダ・ミラーPhD(Freda Miller, PhD)と同僚らによれば、.... 続きを読む

2012-06-25
メトホルミンが2型糖尿病患者のがんリスクを低下させる可能性(サイエンスデイリーより) - 一般に処方されている糖尿病治療薬のメトホルミンは、2型糖尿病患者の全がんリスクを低下させることが、大規模な系統的レビューを行った研究により明らかにされている。この結果は、ヒューストンで開かれている米国.... 続きを読む

2011-11-20
エネルギー切れ?脳の動きをスローにしよう(io9.comより) - 脳は多量のエネルギーを必要とするが、脳の部位によってはマラソンをするときに脚が消費するのと同じぐらい多くのエネルギーを常に消費している。このエネルギーの大半はブドウ糖から.... 続きを読む

2011-11-12
1日あたり8ペンス(10円)の糖尿病治療薬で「卵巣癌を阻止できる」(メールオンライン・ヘルスより) - 1日あたり8ペンス(2012年6月為替相場で10円)かかるだけの薬剤が、卵巣癌の予防に大躍進をもたらす可能性がある。メトホルミンは錠剤型になっており、NHS(イギリス国家健康保証制度)では2型糖尿病患者の治療に広く使用している.... 続きを読む

2011-11-11
スルホニル尿素剤よりもメトホルミン投与で腎臓リスクと死亡リスクが低下(腎臓&泌尿器科学ニュースより) - 2型糖尿病にスルホニル尿素剤を初期投与すると、メトホルミンの初期治療と比べ、腎機能低下、末期腎疾患(ESRD)、または死亡のリスク増加に関連することが、2011年米国腎臓学会議(Kidney Week)で発表された研究結果で示された.... 続きを読む

2011-10-24
子どもにおける糖尿病の治療法とは?(アメリカ食品医薬品局より) - お子さんの体重が増えていませんか?家でごろごろばかりしていませんか?もしそうならお子さんは2型糖尿病にかかる恐れがあるかもしれません。米国国立糖尿病消化器病・腎疾患研究所によると、かつては肥満で40歳以上の.... 続きを読む

2011-10-14
糖尿病の警告サインを見逃すな(ニュージャージー・オンラインより) - 30代または40代で、若かりし頃のように食べたり飲んだりしている人はいますか? 大盛りの夕食と砂糖入り飲料をレストランで注文し、ファーストフード店で週3回以上食べていませんか? 続きを読む

2011-10-14
適正なバランスを取る糖尿病治療薬(フィリピン・デイリー・インクワイアラーより) - この糖尿病治療薬は、90年代後半に導入された後、ほんの数年で直ぐに最高の売り上げを打ち出した。ところが、2型糖尿病を治療する革命的な新規アプローチとして注目を集めた直後、多数の試験により心臓発作リスクが.... 続きを読む

2011-10-14
侵襲性の高い乳癌は黒人女性に多くみられる(デイトン・デイリー・ニュースより) - 黒人女性は白人女性ほど癌の発現頻度が高くないが、侵襲性の高いタイプの癌で若くして死亡する割合は高い。フランキー・ヘラルド(Frankye Herald)はこれについて嫌というほど知り尽くしている。マイアミバレー病院(Miami Valley Hospital)の看護師.... 続きを読む

2011-10-13
メタ分析: メトホルミンが2型糖尿病における大腸癌リスクを低下させる可能性(内分泌関連ニュースより) - メトホルミン治療は、癌細胞増殖リスクの有意な低下に関連しており、それにより全体的な癌リスクの低下がみられる。最近のメタ分析から得られたデータによれば、この効果はメトホルミン治療を受けた2型糖尿病患者のうち.... 続きを読む

2011-10-11
糖尿病の女性は乳癌になりやすい(10TV.COMより) - 糖尿病患者のナンシー・マクファーランド(Nancy McFarland)さんは、「私は乳癌を初期段階で見つけることが肝心だと思うので、個人的にはマンモグラフィを受けています」という。10TV(テレビ局)のアンドリア・カンバーン.... 続きを読む

2011-09-23
研究: アフリカ系アメリカ人女性において妊娠糖尿病や糖尿病前症により乳癌リスクが増加(ドラッグストアニュースより) - アフリカ系アメリカ人女性における癌の早期検出や予防を可能にすると考えられる細胞内シグナル伝達経路を研究者らが発見した。ワシントンで開催された米国癌研究学会(AACR)による癌医療格差に関する第4回総会で.... 続きを読む

2011-04-15
糖尿病治療薬で乳癌治療の可能性-研究者らが語る (BBCニュースより) - 研究によると、何千万もの糖尿病患者が常用している薬には乳癌に対抗する役割があるかもしれないという。英マンチェスターの研究者らは、癌の進行が速い患者で、メトホルミンが有用である可能性のある患者を特定する新しいテストを開発した。この発見は.... 続きを読む

2011-04-15
10ペンスの糖尿病薬で乳癌を治療できる可能性(英テレグラフ紙より) -1日10ペンス(約13円)しかかからない糖尿病薬の投与により乳癌患者を治療できるかもしれないと研究者らが主張している。安価な治療で効果が得られる可能性のある患者を特定するための、新たな検査法を.... 続きを読む

2011-04-06
糖尿病治療に子宮体がんに対する予防効果もある可能性(サイエンスデイリーより) - ウォリック大学(University of Warwick)のウォリック医学部(Warwick Medical School)が主導した研究により、糖尿病治療と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性に対する治療に用いる治療薬メトホルミンには、子宮体がんに対する予防効果が.... 続きを読む

2010-11-22
糖尿病治療薬「アルツハイマーに希望」(BBCニュースより) - 主な糖尿病治療薬が、アルツハイマーに対する新しい治療法として開発し直される可能性のあることが、研究で示唆されている。英国ダンディーの研究者らは、アルツハイマーに関連する重要な脳異常の形成を予防するのに、メトホルミンが有用であることを発見した.... 続きを読む

2010-04-20
メトホルミンが喫煙者の肺がんを予防 - 初期研究報告(サイエンスデイリーより) -初期研究結果が、臨床試験にて確認されれば、2型糖尿病患者向け治療の中心であるメトホルミンが、肺がん予防に間もなく役立つかもしれない.... 続きを読む

2010-02-05
糖尿病の新しい治療法(アーティクルベースより) - 多くの医師や研究は、糖尿病症例の増加は世界共通の問題であると述べている。血糖値をコントロールし、合併症を軽減するための糖尿病治療を受けている新しい人材を見つけ出そうと絶え間ないリサーチが行われている。最も進歩がみられているのは.... 続きを読む

2006-11-14
糖尿病治療薬は動脈壁肥厚の進行を遅らせるのに役立つ可能性(サイエンスデイリーより) - JAMAオンライン版に本日掲載された研究によれば、糖尿病患者のインスリン感受性を改善するため投与される薬は動脈壁の肥厚も遅らせるようである。この研究は、米国心臓協会の科学セッション(American .... 続きを読む

2006-11-14
糖尿病治療薬は動脈壁肥厚の進行を遅らせるのに役立つ可能性(サイエンスデイリーより) - JAMAオンライン版に本日掲載された研究によれば、糖尿病患者のインスリン感受性を改善するため投与される薬は動脈壁の肥厚も遅らせるようである。この研究は、米国心臓協会の科学セッション.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。