糖尿病 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2001-03-22

ソース原文(オリジナル):BBCニュース

糖尿病による死亡は「防止可能」

研究によると、2型糖尿病及び高血圧患者の腎臓病死の5例に1例は防げるかも知れないという。

研究者らの発見で、高血圧治療薬のイルベサルタン(アプロベル)による治療は何千もの命を救える可能性があるということが分かった。

研究によるとイギリスに100万人いる2型糖尿病患者及び高血圧患者がこの薬を服用すると腎臓病発症や腎臓病による死亡のリスクが大幅に減るという。

2型糖尿病患者のうち半数に及ぶ患者が腎臓病を発症、特に高血圧症を患う患者は発症しやすくなる。

糖尿病からくる腎臓病は透析や移植を必要とする慢性腎不全を引き起こす最たる要因である。

心筋梗塞予防疫学学会  (the PRIME) は世界各国のセンター にいる2型糖尿病患者1,700人以上の体内でのアプロベルの検査を行った。

増える症例

シカゴにあるラッシュ・プレスビテリアン・セントルーク・メディカルセンター(Rush-Presbyterian-St. Luke’s Medical Center)の腎臓科医局長のエドマンド・ルイス医師(Dr Edmund Lewis)は以下のように語った。「この薬は高血圧を伴う糖尿病患者にとって申し分ない高血圧治療薬であるだけではありません。より重要なことに、この薬は血圧を下げる働きとは別に、肝臓を損傷から守る役割を果たしているのです。今や我々には肝臓病の進行を遅らせ、透析や移植の必要をなくしたり遅らせたりする薬があります。この治療薬の使用により人の命を救うことが出来、患者のクオリティ・オブ・ライフを向上させることができるのです」

先進国において糖尿病は4番目に多い死亡原因となっており、英国における2型糖尿病の発症例は、2010年までに300万例に達すると見られている。その原因の一部は高齢化と肥満度の悪化である。

英国糖尿病協会(Diabetes UK)のシモン・オニール(Simon O’Neill)氏は次のように語った。「2型糖尿病は100万人の英国人に影響を与え、糖尿病を患っていてもまだそれに気づいていない人たちも約同数存在します。2型糖尿病と高血圧症の併発は潜在的に命に関わり、患者のクオリティ・オブ・ライフにも多大な影響を及ぼします。この困難な病気 に対するより良い治療法を見つけるための新たな証拠を医者に与えてくれるこの研究を我々は歓迎します」。

この研究はサンフランシスコの米国高血圧学会(the American Society of Hypertension)において発表された。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- イロベル (イルベサルタン)150mg  (10錠) 640 円

- イロベル (イルベサルタン)300mg  (10錠) 950 円

- イロベル・エイチ(イルベサルタン/ヒドロクロロチアジド(ハイドロクロロサザイド))150mg/12.5mg  (10錠) 390 円

- カルベア(イルベサルタン)75mg (28錠) 850 円

- カルベア(イルベサルタン)150mg (28錠) 1650 円

- カルベア(イルベサルタン)300mg (28錠) 2640 円

- イルベコール (イルベサルタン)300mg (28錠) 1200 円