美白・アンチエイジングなどの美容系 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-10-07

ソース(記事原文):chiroeco.com

肌や体の調子を整えてくれるアロエベラ

chiroeco.com(2013年10月) ― カレン・アッポルド(Karen Appold)著

アロエベラには治癒効果や若返り効果があるとされています。この昔からある多肉植物は構成成分の99%ほどが水ですが、栄養が豊富で、多くの有機化合物・代謝を触媒する酵素・タンパク質・ビタミンを含みます。そのエキスは一般に化粧品や代替医療の世界で使われています。

肌に効果的

健やかな肌のため、民間療法としてポピュラーなアロエベラはスキンローションや各種日焼け止めの成分としても使われています。また湿疹や、さまざまな傷・やけどの治療にも使われます。研究者たちによれば、重要な吸水成分としての高分子多糖類によって、肌の外側の3つの層に潤いを与えてくれるそうです。肌の基底層には重要なケラチノサイト(「基底細胞」)があって、これが日焼けによるダメージと闘ったり、体の潤いを保ったりする働きをしています。

摂取も体にいいの?

体内で食べ物がきちんと消化されるのは、酵素のおかげです。炭水化物やタンパク質などの高分子が消化器系で分解されるのを、酵素が助けています。アロエベラのジュースやエキスは、適度に摂れば胃腸の調子を整えるだけでなく、消化器系の不調の際(過敏性腸症候群・便秘などや、おそらく胃炎も)の痛みを伴う刺激も軽減してくれます。またアロエベラは代謝を高めたり、免疫系を強化したりすることを示した報告がいくつかあります。現在、アロエベラがHIVウイルスや特定のがんと闘える可能性を探ろうと、複数の研究が行われています。

アロエベラと貧血

元気でいるためには、血液中に酸素が必要です。その一翼を担っているのがヘモグロビンになります。ヘモグロビンは血流を介して組織や器官に酸素を届け、不要な二酸化炭素を取り除きます。アロエベラは骨髄産生を高めるので、この点で、貧血の人のサポートになるという報告があります。骨髄での赤血球産生を促すことによって、循環系の機能を向上させるということです。循環系の働きが良くなれば、呼吸器系の調子が上がります。したがってアロエベラで疲労が軽減したり、貧血の悪影響(ひどいめまいや片頭痛など)に悩まされることがなくなったりします。加えてある研究では、アロエベラジュースが白血球産生を高めて、ウイルスなどの感染症から守ってくれる可能性が示唆されています。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- プレグナクリーム(アロエベラエキスなど)10%  (50gチューブ) 1160 円

- プロビジン・エー・エム軟膏(ポビドンヨード/メトロニダゾール/アロエベラ)5%/1%/1.5%  (15gチューブ) 880 円

- マイルディー・シャンプー(アロエベラ) (100mlチューブ) 820 円

- ヒルスカー・ジェル(ムコ多糖類(ヘパリノイド)/コソウ/アロエベラ/アラントイン/ビタミンE/ビタミンB3)(20g) (20g) 6870 円