性感染症(STI) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-11-16

ソース(記事原文):スカイニュースワイヤ・ドットコム

脂肪を燃焼させるクレンブテロール

スカイニュースワイヤ・ドットコム(2011年11月16日)― 今回は、ステロイドを使用した後の水分排出についてお話します。初心者の多くは、水分排出とは何か、なぜそれを行う必要があるのか理解さえしていません。ボディビルでは、完璧なプロポーションを持つ体を作り上げます。ご存知の通り、理想とされる筋肉隆々とした体には脂肪層がありません。しかし多くの種類のステロイドは、その使用により筋肉に水が貯留することで筋肉が膨張したように見えて、時にはそれが完全な筋肉のように見えることさえあります。多くの人は写真やスポーツ中継で見たことがあると思いますが、脂肪が全くない部類の人は、まるでその皮膚の下がすべて本物の筋肉のようです。

筋肉のカットを出すためのクレンブテロール

筋肉隆々の完璧な体は、水分が排出されたという評価があって初めて実現します。この水分排出を行うために、クレンブテロールなどの特別な薬があります。この薬の使用により体から余分な水分を取り除き、脂肪を燃焼させることで、あらゆるボディビルダーはコンテスト前にカットを出して完璧な体を実現しています。

クレンブテロールは世界的に需要がある薬と考えられており、使用サイクル後の回復という点で大多数の薬よりも評判が高いことから、これは単なる作り話ではありません。しかし、ボディビルの世界ではこの薬に関する多くの伝説があり、これは実際のところ作り話です。最もよく耳にする伝説は、クレンブテロールは短期間で大量の脂肪を燃焼させることができるというもので、これは、脂肪を消失させるこの薬の力はカフェインとエフェドリンを併用した場合とあまり変わらないことから、明らかな作り話です。

クレンブテロールは、経口剤だけでなく注射剤としても利用できます。国内市場では、この薬の注射剤は簡単には見つかりません。また、脂肪を落としたいアスリートには良くないでしょう。

これは、脂肪燃焼が均一に起こらないこともあれば、アスリートが蓄えた筋肉も脂肪と共に落ちる可能性があるからです。クレンブテロールの注射剤は局所への投与が可能なため、気になる部分に使用できます。

希望の結果を自然に出すには、一度や二度の注射では足りず、1~2カ月以内のコースで多くの注射を打つ必要があります。

クレンブテロールの作用は以下のとおりです。

脂肪の燃焼および筋肉の水分排出
体温の上昇
心拍数の増加
食欲の減退
抗異化作用
同化作用(極めて弱い)

まさに希望通りの結果を出そうとするなら、厳しい食事制限に従うことも必要です。注射はメソセラピー(脂肪溶解注射)用の特別な注射器で行うことを勧めますが、現在そのような注射器はめったにないため、シンプルな注射器を使って短い間隔で、選択した部分に10.5を打ちます。

注射器内の用量は、推奨用量(0.1~0.2 mL)を超えないようにしてください。また、全体にわたって注射を打つこともお勧めしません。注射する部分を左側と右側に分けて、日々順番に打つ場所を変えるといいでしょう。例えばクレンブテロールを臀部に注射する場合、1日目は左側、2日目は右側の臀部に複数回打ちます。

クレンブテロールは、供給業者のサイトhttp://www.rxheads.com/clenbuterol-p474から入手してください。クロミフェンや他のステロイドについて知る必要がある方は、http://www.rxheads.comを閲覧して学ぶだけでなく、このサイトで入手することもできます。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- オキシブロン(クレンブテロール)20mcg (20錠) 880 円

- スピロペント(塩酸クレンブテロール)0.02mg (100錠) 7480 円

- アストラリーン(塩酸クレンブテロール)40mcg  (50錠) 5980 円