その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2012-07-08

ソース(記事原文):インジュリー・ローヤー・ニュース

脳性麻痺患者のために開発された新しい治療法

インジュリー・ローヤー・ニュース(2012年7月8日)― 分娩時に新生児の脳に酸素が不足すると、非常に深刻で生涯に及ぶ結果を招く場合があります。実際、低酸素性脳損傷で子供が脳性麻痺を発症することがあります。これは、中枢神経系や脳に影響する症状で永続します。医療過失が原因である場合に、出生時損傷訴訟を提起した親もいます。和解や陪審員の評決で、家族の痛みや障害を負った子供の苦しみを本当には報えないものの、出産時の損傷に対する補償は今後も続く医療費、治療、生活の質を改良するのに必要な支出を助けます。

出生時損傷に対する補償は治療費を負担

子供が出世時損傷で脳性麻痺を被った家族にとっては朗報ですが、科学の進歩により、痙性の筋肉を落ち着かせ、症状に関連付けられている不快感を緩和する治療法が開発されています。バクロフェン(リオレサール)は筋肉を弛緩させる作用のある処方薬で、すでに多くの患者の治療計画の一部として効果を見せています。けれど、この薬は錠剤として経口投与されるので、目的の部位の脊椎だけではなく脳にも届き、時には混乱や鎮静状態を引き起こします。患者によっては、経口バクロフェンの副作用は使用を中止しなければならないほど深刻です。しかし、最新の技術革新の成果はバクロフェン・ポンプで、髄腔内バクロフェン療法としても知られていますが、腹部に皮下移植され、患者の脊髄液に直接薬を届けます。

ITBポンプは脳性麻痺の患者をサポート

脳性麻痺患者の多くは、通常出生時の低酸素性脳損傷に起因する他の症状も発症する可能性があります。そのような症状にはぎこちなさ、歩行困難、最も極端なケースでは全身の不動状態などがあります。残念なことに、利用可能な治療法は多くの患者を助けてはいますが、すべての治療法が候補として優れているわけではありません。例えば、ITB療法は便秘、抑うつ、呼吸困難、発作、うつ病、幻覚のような合併症を引き起こす可能性があるので、一部の子供に適さない可能性があります。しかし、ウィスコンシン大学(the University of Wisconsin)の研究者ルース・ベネディクト(Ruth Benedict)博士によると、子供たちはITB療法で通常の日常活動を行いながら、容易さ、快適をより享受できるようになります。

経験豊かな出生時損傷弁護士

最先端の治療で生活の子供の質を向上させることができますが、多くの場合膨大な費用がかかります。出生時の損傷、特に低酸素性脳損傷に対する補償で、このような医療費を賄うことができます。バーキン&アイスブローシュ(Balkin&Eisbrouch)の出生時損傷弁護士らは、そのような方々のニーズを理解し、医療過失などの出産時損傷をもたらした事故に対する法的措置を求めるお手伝いをします。本日お電話ください。お子さんのケースをご相談ください。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- パシフェン10(バクロフェン)10mg  (100錠) 1340 円

- リオレサール (バクロフェン) 10mg  (10錠) 860 円

- リオレサール (バクロフェン) 25mg (10錠) 1430 円