その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2014-02-27

ソース(記事原文):バンコク・ポスト

脳梗塞予防薬が軽度認知症を遅らせると判明

バンコク・ポスト(2014年2月27日) ― 米国のオンライン科学ジャーナル『プロス・ワン(PLoS One)』で木曜日に発表された研究によると、研究者らは、脳梗塞予防に用いられる薬剤であるシロスタゾールが軽度認知症の進行を抑える効果があることを見出した。

国立循環器病研究センターの猪原匡史医長らのチームは、この薬剤は認知症の原因となる脳内の老廃物の排出を改善するようだと述べた。

一説では、日本で400万人が軽度認知障害つまりMCI患者だと考えられており、そのうちの半分は、5年以内にアルツハイマー病などの認知症関連疾患を発症することになる。

この研究は、この薬を投与されたアルツハイマー病患者と投与されなかったアルツハイマー病患者のカルテの分析を基にしたものであった。

チームは三重大学、京都大学、神戸大学でこの秋にMCI患者の臨床研究を開始する予定である。

認知症患者は多くの場合血管疾患を発症するので、チームは、シロスタゾールが脳内の血管を拡張して血流を改善することに注目した。

チームは、認知症の薬物療法に加えてシロスタゾールを服用した場合、アルツハイマー病患者における認知機能の低下に違いが生じたかどうかを確認するため調査を行い、30点満点でスコアを割り当てた。

かろうじて社会生活を送ることができる患者の中で、シロスタゾールを服用していた34人はスコアが前年比平均0.5ポイント低下したのに比較し、服用していなかった36人は2.2ポイント低下した。一部には改善さえも見られたと報告されたが、病状が進行した患者には効果が見られなかった、と研究は述べた。

チームは、シロスタゾールが、アルツハイマー病の症状を有するマウスにおいて脳内の老廃物の排泄を促進することを発見した。

この最新の研究には、神戸を本拠地とする先端医療振興財団の研究所も参加している。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- プレトス (シロスタゾール) 50mg (10錠) 390 円

- プレトス (シロスタゾール) 100mg (10錠) 650 円