高血圧 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2015-03-18

ソース(記事原文):ハーバード・ヘルスレター

ビタミンB群の一種である葉酸が高血圧患者の脳卒中リスクを低下

ハーバード・ヘルスレター(2015年3月18日) ― ジュリー・コーリス(Julie Corliss)著

アメリカ人の成人3人に1人が高血圧と言われる。該当者はビタミンB群の一種である葉酸を豊富に摂取できているのか今一度確認してみるべきである。葉酸摂取が十分であれば、脳卒中(高血圧に関連する機能障害性又は致死性病態)になる確率を低下させられる可能性のあることが、新たな研究で示唆されている。

葉酸は多くの食物に含まれており、特に緑色葉野菜、豆、柑橘類に豊富である。ここ米国では、小麦粉、ひき割りトウモロコシ、パスタ、米などの大半の穀物製品も葉酸リストに加えられる。これらの穀物には合成葉酸(葉酸塩)が添加され、栄養価が高められている。

本研究が実施された中国をはじめとする世界の多数の国では、葉酸は添加されていない。この研究はアメリカ医師会機関紙(Journal of the American Medical Association:JAMA)オンライン版に今週掲載され、中国における脳卒中又は心発作の既往がない高血圧成人患者2万人以上のを対象に実施された。降圧薬エナラプリル(Vasotec)に加えて葉酸サプリメントを服用した被験者は、エナラプリルのみ服用した患者よりも4年半の試験期間中における脳卒中発症率が低かった。

心血管系への葉酸の有益性は数十年来知られており、1970年代に開始された研究(看護師の疫学研究と医療従事者の疫学追跡研究など)から、葉酸摂取量の多い人で、摂取量が少ない人よりも、脳卒中や心発作が少ないことが明らかにされた。葉酸は、その他のビタミンB群と同様、ホモシステイン(動脈内壁に損傷を与えるアミノ酸)を破壊するのに役立つ。こうした損傷は脳卒中又は心発作リスクを高めるものである。

一方、葉酸サプリメントを服用した人と、プラセボを服用した人を比較した米国の臨床試験では、葉酸サプリメントによる有益性は示されなかった。一つの可能性として言えるのは、食事由来の葉酸を十分摂取していない人においてサプリメントが特に役立つということである。1998年まではアメリカ人の約四分の一が葉酸の摂取不十分に該当していた。しかし、1998年初頭、穀物に葉酸を添加して栄養価を高めることが食品会社に義務付けられると、その1年以内に葉酸値の低い人の割合は激減した。

中国の研究で、治療開始前の葉酸値が低い人において、葉酸による脳卒中予防効果が最も大きいことが明らかにされた。また、葉酸を検討した先行研究のほとんどは、脳卒中又は心発作の既往のある人を対象に実施されており、こうした既往を持つ人は、新たな発作を予防するために数々の薬剤を既に服用している可能性が高く、葉酸による効果は不明確になるものとみられる。

今回の結果は、葉酸が添加されていない国の人たちに深く関連するものであるほか、この重要な栄養素を十分に摂取しているのか否か、各自が自分の食事を見直す良いきっかけとなる。

本研究に関する論説の共著者で、ハーバード公衆衛生大学院(Harvard T.H. Chan School of Public Health )疫学・栄養学部教授のウォルター・ウィレット(Walter Willett)氏は「果物や野菜は、食事から得る葉酸の源として重要であるほか、心血管疾患リスクを低下させるのに役立つカリウムや植物栄養素をはじめとする数多くの有益性につながる」と述べている。

米国における一般住民は、葉酸添加穀物製品から摂取する葉酸量が一日あたり約100~150 μg(mcg)であり、1日あたりの推奨摂取量400 mcgの約四分の一に相当する。ただし、葉酸無添加のトウモロコシ粉を使用する米国南西部の人などの特定住民グループにおいては摂取量が若干これを下回ると考えられる。ウィレット氏によれば、無グルテン食を好む人もまた、小麦粉を使った食物を摂取しないので、葉酸摂取量がより少ない可能性がある。

誰しもが、果実や野菜を毎日たっぷり食することが望ましく、特に高血圧の人においては強く勧められる、と同氏は助言している。不足分を補うために「大半の人において複合ビタミン剤やマルチミネラルサプリメントを毎日服用することが合理的であると言える」と同氏は推奨している。

厳選した葉酸の食物源
食品μg(mcg)
DV(摂取基準値)25%添加の朝食シリアル3/4カップ100
茹でた凍結ホウレンソウ1/2カップ131
茹でた中粒の白インゲン豆1/2カップ90
茹でたアスパラガス4本89
小口切り冷凍ブロッコリーを調理したもの1/2カップ84
パーボイルド強化長粒白米を調理したもの1/2カップ77
生のホウレンソウ1カップ58
茹でた冷凍グリーンピース1/2カップ50
中程度のオレンジ1個48
強化卵麺を調理したもの1/2カップ50
生のマンゴー1/2カップ35

出典:標準的基準となるUSDA全国栄養データベース


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- アポ・フォリック (葉酸) 0.8mg (1000錠) 3130 円

- アポ・フォリック (葉酸) 5mg (500錠) 1890 円

- メネビット/メンエビット  (30錠) 3580 円

- ヨード配合エレビット・マルチ(ビタミン/ミネラル/ヨード) (30錠) 3860 円

- チェラフェラ(セラフェラ)・フォルテ (30カプセル) 2680 円