メンタルヘルス - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2011-10-25

ソース(記事原文):USAトゥデイ

親の訓練がADHD未就学児に有益となる可能性

USAトゥデイ(2011年10月25日)― 新たな報告によれば、子供の問題行動の管理方法に関する訓練を受けた両親は、注意欠陥/多動性障害(ADHD)の症状が認められる未就学児のふるまいを改善させられるという。

また、6歳未満の幼児に対しADHD治療薬の使用を支持する証拠が不十分である一方、6歳以上の子供には概ね安全かつ有効となる薬剤が2剤あることも明らかとなった。

行動問題に関する親の訓練は主に4種類あり、褒美を与えても罰は与えないという様式を用いた有効性の高い躾の戦略を教えることが目的である。また、こうした戦略は、親と子供の間の肯定的で思いやりのある関係を促すことにもなる。

このプログラムは、ADHDまたはその他の破壊的行動障害を有する6歳未満の幼児に対して有効であり、合併症のリスクも報告されていないことが、カナダ・オンタリオ州のマクマスター・エビデンス医療の実施センター(McMaster Evidence-based Practice Center)が実施した研究で示された。本研究は、米国医療研究品質局(AHRQ)に代わって実施された。

ただし、親がこのプログラムから脱落した場合、行動問題に関する親訓練の成功への1つの大きな障害となる、と報告書の著者らはAHRQニュースリリースで述べている。

研究チームは、ADHD児に対する薬剤使用も検討した。6歳以上の小児には、ADHDの症状を抑えるのにリタリン(メチルフェニデート)とストラッテラ(アトモキセチン)が有効であり、最長2年間は重大なリスクを伴わない。ただし、それ以上長く使用した場合の有効性とリスクの可能性に関する研究はほとんどない、と報告書には記されている。ADHDの症状には、衝動性、注意欠陥、または多動性などがある。

AHRQ責任者キャロリン・クランシー(Carolyn M. Clancy)博士は「ADHDは、幼児や学齢児のいる家族に多くの課題を提起するものである」とAHRQニュースリリースで語った。「今回の新しい報告と、それを要約した刊行物は、家族の価値観・優先度・ニーズに基づく最良の治療選択肢を見つけ出すため、子供・親・担当医師らが一丸となって取り組むのに有用となる」

世界中の子供の約5%がADHDを有すると推定され、ADHDと診断されるのは少年が少女の約2倍多く、小学校在学中に最も多く特定され治療が行われる。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- アクセプタ(ジェネリックストラテラ) 10mg (10錠) 790 円

- ストラテラ (塩酸アトモキセチン) 40mg (28カプセル) 24140 円

- ストラテラ (塩酸アトモキセチン) 10mg (28カプセル) 24140 円

- ストラテラ (塩酸アトモキセチン) 60mg (28カプセル) 24140 円

- アクセプタ40(塩酸アトモキセチン)40mg (10錠) 890 円

- ストラテラ(塩酸アトモキセチン)100mg (28カプセル) 31370 円

- アトストラット(塩酸アトモキセチン)40mg(10カプセル) (10カプセル) 540 円

- アクセプタ25(塩酸アトモキセチン)25mg(10錠) (10錠) 850 円