セラゼッタ(デソゲストレル)0.075mg

2600 円!! 低用量で高い効果が期待できる第3世代黄体ホルモンを有効成分とした経口避妊薬!血栓症や高血圧のリスク発生が低いため、喫煙者や高齢者でも服用できるのが特長!用量を守れば高い避妊効果が期待できます!

Cerazette (Desogestrel) - 0.075mg (28 Tablets)

■ 28錠

この商品は必ず女性名義でご注文ください。

(男性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:2600 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

デソゲストレル(Desogestrel)

 

製造国

オランダ(インド市場向け)

 

製造元

Merck & Co.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

1日1錠を毎日決まった時間に経口服用します。

過去1ヵ月にほかの経口避妊薬を使用していない場合で、初めて服用する際は、自然に整理が始まる最初の日から開始します。
2-5日の遅れは問題ありませんが、最初のサイクルのうち服用開始7日間はコンドームなどの避妊をすることが推奨されています。

ほかの経口避妊薬(COC)、避妊リング、経皮パッチからの切り替え
残っている錠剤、リングなし、またはパッチ不使用期間中の場合
・現在使用中のシートにある最後の錠剤の服用を終えた日、またはリングやパッチを外した日(つまり、錠剤、リング、パッチ不使用の状態)の翌日からセラゼッタ0.075mgの服用を開始します。
・現在使用中の経口避妊薬が偽薬(プラセボ錠)を含むタイプの場合は、効果のある錠剤をすべて服用し終わった翌日からセラゼッタ0.075mgを服用できます(残った偽薬は服用する必要ありません)。どの錠剤が偽薬なのか不明な場合は医師または薬剤師に尋ねてください。
この使用法に従った場合、追加の避妊は不要です。
錠剤、リング、パッチ不使用期間がまだ残っている場合
・錠剤、リング、パッチ不使用期間にそのまま続けて服用することができます。また現在服用中の経口避妊薬の偽薬をすべて服用し終わった翌日からの使用も可能です。
この使用法に従った場合、服用開始から7>日間は必ず追加の避妊をしてください。

ほかのプロゲストゲン単剤薬からの切り替え
・ほかのミニピルからの切り替えはいつでも可能です。追加の避妊は必要ありません。

注射避妊薬、避妊インプラント、ホルモンIUS(子宮内避妊システム)からの切り替え
次回の注射予定日、または避妊インプラントまたはIUS取り外しの当日からセラゼッタ0.075mgを使用します。追加の避妊は必要ありません。

出産後
出産後21~28日からセラゼッタ0.075mgを使用できます。それより遅くに始める場合は、服用開始から7日間は別の避妊方法を併用してください。万一、既に性交をしてしまった場合は、セラゼッタ0.075mgの服用を開始する前に妊娠チェックを受けてください。

流産、妊娠中絶後
使用前に医師に相談してください。

 

商品詳細

セラゼッタ0.075mgは、黄体ホルモンだけを含むミニピルと呼ばれる経口避妊薬です。血栓症リスクの増加や吐き気などのエストロゲン依存性の副作用はほとんどみられず、また抗生物質の併用による効果低減などもないため、特に喫煙者や高齢女性をはじめ、何らかの理由でエストロゲンを使用できない人に最適な避妊ピルです。

一般の経口避妊薬としてのピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモンが配合されていますが、このうち黄体ホルモンだけ含むピルがミニピルです。排卵を防ぐ作用はなく、子宮頚管の分泌液を濃くして精子の通過を防ぐほか、子宮内膜が厚く育つのを防ぎ、子宮内における受精卵の着床を妨げることで避妊します。ミニピルは卵胞ホルモンを含まないため、喫煙者、授乳中の人や、血栓症、高血圧、片頭痛などの人が避妊する場合に適しているといわれていますが、使用する前に医師や薬剤師に相談するのがいいでしょう。

普通のピルが21日のホルモンピルと7日分の偽薬の組み合わせであるのに対し、ミニピルは毎日同じ量のホルモンを継続的に摂取するのが特徴です。ただし効果の持続時間が比較的短いため決まった時間に服用するのが原則で、もし服用時間が大きくずれた場合はその時点で避妊効果が一気に薄れ、再び最初からの開始となるため服用には充分な注意が必要です。また理論的には普通のピルと比較して避妊効果は低いと言われていますが、適切に使用した場合での効果は99%以上とされています。

ピルは含まれる黄体ホルモンの種類で3世代に分類できます。第1世代のノルエチステロンは作用が弱く、エストロゲンの力を借りて効果を補っていましたが、このことは逆に血栓症、乳がん、子宮頚がんのリスクを高めるほか、肝障害などの副作用を招く結果となりました。
卵胞ホルモン量を抑えるには黄体ホルモン量を増やす必要があり、それをカバーするために新しく開発された黄体ホルモンが第2世代のレボノルゲストレルです。レボノルゲストレルは低用量の卵胞ホルモンでもすぐれた効果を発揮する画期的な製剤でしたが、体が男性化するアンドロゲン作用が出現するという欠点が発見されました。黄体ホルモン量を段階的に変化させることでこの問題を解決したのが2相性ピル、3相性ピルです。
第3世代の黄体ホルモンは、第2世代が代謝されていく過程に注目し、プロゲステロン活性を高く維持しながらも問題となっていたアンドロゲン作用の発生を抑える目的でつくられました。こうして完成した第3世代ホルモンのひとつがセラゼッタ0.075mgの有効成分であるデソゲストレルです。

多くのミニピルは、子宮頚部の粘液を濃くすることで精子が膣から子宮に到達しにくくする作用、子宮内膜の質を変化させ、受精卵の子宮壁への着床を妨げる作用、そして卵子が卵巣から放出されるのを防ぐ作用により避妊効果を発揮します。ところが卵子の成熟を抑制する働きが不安定であり、この点において卵胞ホルモンを含む経口避妊ピルに一歩リードされていました。デソゲストレルは特にこの卵子の成熟防止作用にすぐれているほか、ノルエチステロンの9倍ともいわれている黄体活性により、低用量でも高い避妊効果が期待できます。

 

他の商品との比較

合成黄体ホルモンだけを含むミニピル(POP)です。

血栓症や高血圧などにより、エストロゲンを使用できない人に最適です。

卵細胞の成熟を阻止することで高い効果の避妊ができます。

 

特別な注意

【禁忌】
・デソゲストレルまたはセラゼッタ0.075mgの含有成分に対し過敏症の既往歴のある人
・血栓症の人
・黄だんのある人または既往歴のある人
・肝疾患の既往歴のある人で正常に肝臓が機能していない人
・特定の乳がんなど、性ステロイドの影響で成長するがんのある人、または疑われる人
・膣に不正出血のある人

【慎重服用】
・乳がんの既往歴のある人
・肝臓がんの人
・血栓症の既往歴のある人
・糖尿病の人
・てんかんのある人
・結核の人
・高血圧の人
・肝斑の人、または既往歴のある人

【用法・用量に関連する使用上の注意】
・シート上の矢印および曜日に沿って服用してください。
・服用開始時は任意の錠剤ではなく、必ず最上列から服用してください。
・例えば服用開始が水曜日の場合、最上列の「WED」と表示のある錠剤から服用します。
・シート内の錠剤がすべてなくなるまで継続的に服用してください。
・服用中に膣内出血が起こることがありますが、通常どおり使用してください。
・次のシートを使用する際は、翌日から新しいシートを使用してください。間隔をあけたり、出血を待つ必要はありません。

【使用上の注意】
・服用中は定期的に乳がん検診を受け、万一乳房にしこりを感じた場合は早急に医師の検診を受けてください。
・ピルを服用している人では、同年齢のそうでない人と比較して乳がんになる確率がわずかに上昇し、服用を中止するとリスクは減少します。服用中止後10年が経過すると、そのリスクはまったくピルを服用しない人と同じになります。
・ごくまれに深部静脈血栓症が起こることがあります。
・18歳未満の人の使用における安全性は確立していません。
・ほかの経口避妊薬と同様、HIV感染(AIDS)、性病感染を予防する効果はありません。
・服用中止はいつでも可能ですが、その時点から避妊効果はなくなります。
・服用の3-4時間後に嘔吐や下痢がみられた場合、成分が完全に吸収されていないと考えられます。ただちに医師の診察を受けてください。

 

他の薬との併用

セラゼッタ0.075mgと以下の薬剤を併用する場合は注意してください。セラゼッタ0.075mgの効果が正しくあらわれないことがあります。

・抗てんかん薬
・結核治療薬
・HIV治療薬
・抗真菌薬
・メディカルチャコール含有薬
・セント・ジョーンズ・ワート含有製品

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

●服用し忘れが12時間未満の場合
・服用し忘れた分のピルをできるだけ早急に服用してください。
・次回分およびそれ以降からは通常の時間に服用してください。

●服用し忘れが12時間以上の場合
・服用し忘れた分のピルでできるだけ早急に服用してください。
・次回分およびそれ以降からは通常の時間に服用します。つまり同日中に2回服用することになります。
・7日間はピル以外の避妊方法(コンドームなど)を行なってください。

最初の週に服用を忘れ、服用忘れた前の週に性交を行なった場合は妊娠の可能性があります。

 

副作用

セラゼッタ0.075mgを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
情緒変化、抑うつ、性欲減退、頭痛、吐き気、座瘡、胸痛、生理不順・無月経、体重増加、膣感染、嘔吐、脱毛、月経痛、卵巣嚢胞、疲労感、発疹、じんましん、結節性紅斑、

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-27
新世代避妊ピルと高い血栓リスクの関係性が確認される(【BMJ】より) -本日のBMJに掲載された研究で、新世代の経口ピルと重篤な血栓(静脈血栓塞栓症/VTE)との関連性を決定づける新しい証拠を発表している。この研究結果は、新世代の黄体ホルモン(ドロスピレノン、デソ.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。