痛み止め(鎮痛・抗炎症) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-02-25

ソース(記事原文):デッカン・ヘラルド

関節炎の治療に魚油とアスピリン

デッカン・ヘラルド(2013年2月25日)― ワシントン

新たな画期的研究によると、関節炎などの深刻な慢性疾患の原因に打ち勝つには、魚油とアスピリンの併用が鍵となるかもしれない。

心疾患、がん、関節炎などの病気には炎症がかかわっている。魚油とアスピリンが一緒になってこの炎症と闘うことを、研究者らが明らかにした。専門家たちは常日頃から、亜麻仁やサケなどの食品中にあるオメガ3脂肪酸と低用量アスピリンの健康効果を大いに宣伝している。しかし、その作用機序の詳細は十分に分かっていなかった。今回の新しい研究は、オメガ3脂肪酸からレゾルビンが作られる際に、アスピリンがそのきっかけとして働くことを示している。

レゾルビンは体内で自然に作られる分子であり、炎症性肺疾患、心疾患、関節炎などの深刻な病気の根底にある炎症を止めてくれる。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg (30カプセル) 3240 円

- アレノ (アスピリン/ジピリダモール) 25mg/200mg (10カプセル) 620 円