降酸保健茶(尿酸低下茶)(緑茶/広金銭草/猫髭草(クミスクチン)/食物繊維)(12包)

4200 円!! 高尿酸値による痛風や関節痛に悩む人におすすめ!排尿を促し、尿酸を排泄する作用によりこれらの症状改善のサポートをします!厳しい品質基準をクリアして製造されているので飲用も安心!

Uric Acid Health Tea (Japanese Green Tea/ Desmodii Styracifolii Herba/ Cat‵s Whiskers/ Dietary Fiber) (12 Sachets)

■ 12包

価格:4200 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

緑茶(Japanese Green Tea)

広金銭草(Desmodii Styracifolii Herba)

猫髭草(クミスクチン)(Cat’s Whiskers)

食物繊維(Dietary Fiber)

 

製造国

香港

 

製造元

余仁生 (Eu Yan Sang)

 

使用量

1包をカップの中に入れて熱湯を注ぎ、約2分経過後に服用できます。


カフェインが含まれているため、寝る前の服用は避けることが推奨されています。


 

商品詳細

降酸保健茶は、関節の痛みや尿酸値が高い人の症状改善に適した漢方茶です。しっかりした管理体制下で厳しい基準をクリアして製造された濃縮タイプなので、手軽に安心して飲用できるのが特徴です。


尿酸は、細胞が新陳代謝を繰り返したり、エネルギーを使った後の、いわば細胞の老廃物ですが、この尿酸の原料となるのがプリン体です。プリン体はあらゆる生物の細胞に存在する核酸を構成する成分で、細胞が新陳代謝により新しく入れ替わる際に、細胞内の核が放出・分解されて産出され、その後は主に肝臓で尿酸へと変わり、一時的に体内に留まった後に尿や便として体の外に排泄されます。プリン体は体内で生成されるほかに食べ物によっても摂取され、人間の場合、細胞代謝による自己産出の割合は全体の8割で、残りが食物からになります。


細胞の新陳代謝以外にも、尿酸は運動によってもつくられます。運動や臓器を動かしたりするにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギー源となるアドノシン三リン酸(ATP)にはプリン体が含まれています。このエネルギー化合物であるATPは、生命活動などで使用される際に一度分解され、その後再びATPに戻り再利用されます。ところが、急激な運動などでATPを大量に使用した場合、再合成が間に合わなくなるために再利用されなくなり、過剰になったプリン体が最終的に尿酸となります。


健康な人においては体内の尿酸が一定量を超えることはなく、過剰な分は尿管、膀胱、尿道を経て排泄されるため、常に尿酸と排泄のバランスが取れています。ところが、プリン体の多量摂取、激しい運動、肥満などにより尿酸の量が増えたり、また反対に腎臓の疾患などで尿酸の排泄量が減るとこのバランスがくずれ、血液中の尿酸濃度が高くなるために高尿酸値の状態になります。


飽和濃度を超えた尿酸は、体液に溶けきらなくなって体内に蓄積され、ナトリウムと結合して塩の結晶となります。この結晶が少しずつ沈着していくとやがて遊離し、関節痛風発作(関節炎)や尿路結石、腎障害などを引き起こします。このような、血中の尿酸値が高くなった人の症状改善をサポートするための漢方茶が降酸保健茶(尿酸低下茶)です。


降酸保健茶に使用されている広金銭草はマメ科の植物で、古くから肝臓、胆のう、腎臓、膀胱の健康を維持するとして、尿道炎や尿路結石の治療のほか、黄だん、肝胆結石病などに使用されている解熱・利尿効果を持つ生薬です。またクミスクチンとも呼ばれている猫髭草は、カリウムを豊富に含んでいることから、体内の余分な水分、ナトリウム、塩素、窒素化合物である尿酸を排泄する働きがあるとされています。さらに利尿効果にすぐれ、また尿酸の排泄効果があるともいわれているポリフェノール、また尿酸値を低下させる効果が報告されているカテキンを含む日本緑茶を使用することで、排尿を促し、尿酸が体内に溜まりにくくします。


近年では肥満と尿酸値との間の関係性が示唆されており、実際に肥満の人がカロリーを制限すると尿酸値が低下することも認められてきています。そこで降酸保健茶はこれらの生薬に加えて食物繊維を配合することで、総合的に尿酸値の上昇を抑え、それに伴う関節痛や痛風の症状を改善するように働きかけます。


 

他の商品との比較

関節の痛みで困っている人や尿酸値の高い人に適しています。


100%天然濃縮エキスを使用しています。


防腐剤や着色料は使用していません。


厳しく管理された工場で製造しています。


 

特別な注意

【禁忌】

・降酸保健茶の成分に対し過敏症の既往歴のある人

・妊娠している人


【慎重服用】

・腎機能が極端に低下している人、高齢者: 降酸保健茶の利尿作用により、高カリウム血症を引き起こす可能性があります。


【使用上の注意】

・余仁生の降酸保健茶は、グルテンやラクトース、木の実、ナッツなどが含まれるシリアルを扱う工場で製造されています。これらの成分に対してアレルギーのある人はご注意ください。

・1度使用した茶包は2度使用しないでください。

・必要以上に摂取しないようにしてください。

・体質や体調に合わない場合は使用を中止してください。


 

他の薬との併用

・ナドロール: 緑茶に含まれるカテキンが、ナドロールの収縮期血圧降下作用を有意に減弱させたとの報告があります。

・カフェイン含有薬: 緑茶に含まれるカフェインにより、カフェイン量の過剰摂取が起こることがあります。


 

誤って大量に服用した場合

問題ありませんが、異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

降酸保健茶(尿酸低下茶)の服用による副作用は特に報告されていませんが、長期間または大量に服用した場合、ごくまれに以下の症状があらわれることがあります。


ナトリウム濃度低下、下痢、腹痛、胃痛、肝臓障害


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。